アプリへのアクセス権を付与または削除する

この機能は、G Suite Enterprise、Cloud Identity Premium、G Suite Enterprise for Education でご利用いただけます。

パスワードが保管されたアプリのページから、特定のユーザーまたはグループに対して、さまざまなアプリへのアクセス権を付与または削除できます。

ユーザーまたはグループにアクセス権を付与する

グループに属するすべてのユーザーにアプリケーションの同じ認証情報を割り当てることができます。あるいは、アプリにユーザー個人の認証情報を割り当てることも可能で、この場合、ユーザーは各自のユーザー名とパスワードをアプリに追加できます。

  1. Google 管理コンソール(admin.google.com)にログインします。
    個人用の Gmail アカウントではなく、管理者アカウントを使用してログインしてください。
  2. ページの左上にあるメニュー アイコン メニュー から [アプリ] > [パスワードが保管されたアプリ] に移動します。
  3. パスワードが保管されたアプリのページでいずれかのアプリをクリックします。
  4. [割り当て] パネルをクリックします。
  5. ページの左側のパネルで、ユーザーまたはグループを検索して選択すると、選択したアプリケーションにアクセスできないユーザーと認証情報のリストが表示されます。
  6. [アクセス権を付与] をクリックします。
  7. 各ユーザーが自分のユーザー名とパスワードを入力してアプリを設定できるようにする場合は、[ユーザー個人の認証情報を使用する] をクリックします。このグループのすべてのユーザーに同じユーザー名とパスワードを割り当ててアプリにアクセスできるようにする場合は、[全員で同じ認証情報を使用する] をクリックします。
  8. [アクセス権を付与] をクリックします。

    重要: グループは、他のグループにメンバー登録することにより、アプリへのアクセス権を継承することができます。したがって、子グループを含むグループにアクセス権を付与すると、子グループのメンバーも継承を介してアプリにアクセスできるようになります。アプリページの下部にある表には、選択したグループを介してアプリへのアクセス権が付与されるユーザーのみが表示されます(ネストされたグループの仕組みについて詳しくは、グループを別のグループに追加するをご覧ください)。

ユーザーまたはグループのアクセス権を削除する

  1. Google 管理コンソール(admin.google.com)にログインします。
    個人用の Gmail アカウントではなく、管理者アカウントを使用してログインしてください。
  2. ページの左上にあるメニュー アイコン メニュー から [アプリ] > [パスワードが保管されたアプリ] に移動します。
  3. パスワードが保管されたアプリのページでいずれかのアプリをクリックします。
  4. [割り当て] パネルをクリックします。
  5. ページの左側のパネルでユーザーまたはグループを検索して選択すると、選択したアプリケーションにアクセスできるユーザーと認証情報のリストが表示されます。
  6. [アクセス権を削除] をクリックします。

    グループに複数の割り当てがある場合は、削除する割り当てのそれぞれのチェックボックスをオンにしてから [削除] をクリックする必要があります。

個々のユーザーの認証情報を追加する

  1. Google 管理コンソール(admin.google.com)にログインします。
    個人用の Gmail アカウントではなく、管理者アカウントを使用してログインしてください。
  2. ページの左上にあるメニュー アイコン メニュー から [アプリ] > [パスワードが保管されたアプリ] に移動します。
  3. パスワードが保管されたアプリのページでいずれかのアプリをクリックします。
  4. [割り当て] パネルをクリックします。
  5. ページの左側のパネルでユーザーまたはグループを検索して選択すると、選択したアプリケーションにアクセスできるユーザーと認証情報のリストが表示されます。
  6. いずれかのグループをクリックすると、そのグループ内のユーザーを一覧表示したページが表示されます。
  7. [認証情報] 列で [認証情報の追加] をクリックします。
  8. 既存の認証情報を選択するか、新しい認証情報を作成します。
  9. [保存] をクリックします。

関連記事

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。