パスワードが保管されたアプリサービスにアプリを追加する

この機能は、G Suite Enterprise、Cloud Identity Premium、G Suite Enterprise for Education でご利用いただけます。

G Suite は、SAML を介した連携を利用するアプリのシングル サインオンをサポートしています。多くのアプリがこの標準に対応していますが、連携をサポートしていないアプリや、この標準をあえて使用しないユーザーも多数存在します。そうしたアプリでは、ログインに認証情報を使用します。認証情報を使用するアプリへのアクセスを一元的に管理および追跡できるようにするため、G Suite ではパスワードが保管されたアプリのサポートを追加しました。

パスワードが保管されたアプリサービスを設定するには、既存のアプリリストからアプリを選択してサービスに追加する必要があります。

重要: パスワードが保管されたアプリサービスにアプリを追加する前に、対象となるアプリ専用の新しいグループ構造を Google 管理コンソールで設定することをおすすめします。手順については、パスワード保管機能によってパスワードが保管されたアプリを使ってみるをご覧ください。

アプリを追加するには:

  1. Google 管理コンソール(admin.google.com)にログインします。
    個人用の Gmail アカウントではなく、管理者アカウントを使用してログインしてください。
  2. ページの左上にあるメニュー アイコン メニュー から [アプリ] > [パスワードが保管されたアプリ] に移動します。
  3. [新しいアプリを追加] をクリックします。
  4. 利用可能なアプリのライブラリで検索するには、アプリの名前を入力します。
    条件に一致するアプリケーションのリストが表示されます。
  5. 追加するアプリまでスクロールし、[アプリを追加] をクリックします。
  6. アプリの詳細を入力します。
    [アプリ名] 欄に、ユーザー ダッシュボードに表示するカスタム表示名を入力します。
    必要に応じて、アプリ名とログイン URL の両方を入力します。複数のインストールがあるアプリ(マルチテナント アプリと呼ばれます)と複数のログイン URL を持つアプリの場合は、ログイン URL も入力する必要があります。
  7. [アプリを追加] をクリックします。
  8. グループまたはユーザーをアプリに割り当てるには、[割り当て] をクリックします。
    選択した一連のユーザーに割り当てを絞り込むには、[グループ] または [ユーザー] のフィルタを使用します。
  9. グループまたはユーザーを選択したら、[アクセス権を付与] をクリックします。

関連記事

 

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。