アプリのログイン認証情報を追加、編集、削除する

この機能は、G Suite Enterprise、Cloud Identity Premium、G Suite Enterprise for Education でご利用いただけます。

ログイン認証情報とは、さまざまなアプリケーションにアクセスするために必要な、管理されたユーザー名とパスワードのことです。管理者は、Google 管理コンソールのパスワードが保管されたアプリのページで認証情報を追加、編集、削除できます。

認証情報を追加する

  1. Google 管理コンソール(admin.google.com)にログインします。
    個人用の Gmail アカウントではなく、管理者アカウントを使用してログインしてください。
  2. ページの左上にあるメニュー アイコン メニュー から [アプリ] > [パスワードが保管されたアプリ] に移動します。
  3. パスワードが保管されたアプリのページでいずれかのアプリをクリックします。
  4. [認証情報] パネルをクリックします。
    アプリに認証情報が関連付けられていない場合は、[認証情報の追加] をクリックします。
    リストに複数の認証情報が表示されている場合は、ページの上部にある [認証情報の追加] をクリックします。
  5. [ラベル] 欄に認証情報の名前を入力します。
  6. ユーザー名とパスワードを入力します。
  7. [保存] をクリックします。

認証情報を編集する

  1. Google 管理コンソール(admin.google.com)にログインします。
    個人用の Gmail アカウントではなく、管理者アカウントを使用してログインしてください。
  2. ページの左上にあるメニュー アイコン メニュー から [アプリ] > [パスワードが保管されたアプリ] に移動します。
  3. パスワードが保管されたアプリのページでいずれかのアプリをクリックします。
  4. [認証情報] パネルをクリックします。
  5. 対象の認証情報までスクロールし、画面の右側にある [編集] をクリックします。
  6. [認証情報を編集] ウィンドウで、ラベル、ユーザー名、またはパスワードに変更を加えます。
  7. 重要: 上記の項目への変更を保存する前に、アプリケーションでパスワードを更新してください。
  8. [保存] をクリックします。

ユーザー個人の認証情報を削除する

  1. Google 管理コンソール(admin.google.com)にログインします。
    個人用の Gmail アカウントではなく、管理者アカウントを使用してログインしてください。
  2. ページの左上にあるメニュー アイコン メニュー から [アプリ] > [パスワードが保管されたアプリ] に移動します。
  3. パスワードが保管されたアプリのページでいずれかのアプリをクリックします。
  4. [認証情報] パネルをクリックします。
  5. 対象の認証情報までスクロールし、画面の右側にある [削除] をクリックします。
  6. [認証情報を削除] ウィンドウで [削除] をクリックします。

個々のユーザーの認証情報を追加する

個々のユーザーの認証情報を追加する手順については、アプリへのアクセス権を付与または削除するをご覧ください。

関連記事

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。