セキュア LDAP サービスについて

この機能は Cloud Identity Premium でご利用いただけます。各エディションの比較

セキュア LDAP は、LDAP ベースのアプリケーションとサービスを Cloud Identity または Google Workspace に簡単かつ安全に接続するための機能です。

セキュア LDAP を使用すると、Cloud Directory をクラウドベースの LDAP サーバーとして利用して認証、承認、ディレクトリ検索を行うことができます。セキュア LDAP サービスには、オンプレミスまたは Infrastructure as a Service プラットフォーム(Google Compute Engine、AWS、Azure など)上の、LDAP ベースのアプリ(Atlassian Jira など)や IT インフラストラクチャ(VPN サーバーなど)を接続できます。

セキュア LDAP を使用すれば、アプリケーションが複数のディレクトリ サーバーを参照するのではなくセキュア LDAP のみを参照するため、従来のディレクトリ サーバーの設置面積を減らすことができます。

Google Workspace で LDAP ベースのアプリとインフラストラクチャへのアクセスを管理する方法を、デモ動画でご覧ください。

How to manage access to LDAP-based apps and infrastructure in G Suite

セキュア LDAP サービスの利用を開始する

Google 管理コンソールから、セキュア LDAP サービスを設定して管理します。まず、OpenVPN、Atlassian Jira、FreeRADIUS などの LDAP クライアントを追加し、各クライアントのアクセス権限を設定して、クライアントをセキュア LDAP サービスに接続する必要があります。サービスの管理(クライアントの追加や削除、設定の変更など)は後からでも Google 管理コンソールで行うことができます。

ご利用開始にあたり:

関連記事

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
false