セキュア LDAP サービスについて

この機能は G Suite Enterprise エディションと Cloud Identity Premium エディションでご利用いただけます。

セキュア LDAP サービスは、LDAP ベースのアプリケーションやサービスを Cloud Identity または G Suite に簡単かつ安全に接続する方法を提供します。

セキュア LDAP を使用すると、Cloud Directory をクラウドベースの LDAP サーバーとして使用して認証、承認、ディレクトリ検索を行うことができます。セキュア LDAP サービスには、オンプレミスまたは Infrastructure as a Service プラットフォーム(Google Compute Engine、AWS、Azure など)上の、LDAP ベースのアプリ(Atlassian Jira など)や IT インフラストラクチャ(VPN サーバーなど)を接続できます。

セキュア LDAP を使用すれば、アプリケーションが複数のディレクトリ サーバーを参照するのではなくセキュア LDAP のみを参照するため、従来のディレクトリ サーバーの設置面積を減らすことができます。

セキュア LDAP サービスの利用を開始する

Google 管理コンソールから、セキュア LDAP サービスを設定して管理します。まず、LDAP クライアント(OpenVPN、Atlassian Jira、FreeRADIUS など)を追加し、各クライアントのアクセス権限を設定し、クライアントをセキュア LDAP サービスに接続する必要があります。サービスの管理(クライアントの追加や削除、設定の変更など)は後からでも Google 管理コンソールで行うことができます。

詳細と手順については、1. LDAP クライアントを追加するをご覧ください。

注: 現在、セキュア LDAP 管理ユーザー インターフェースでは、Chrome ブラウザと Firefox ブラウザのみがサポートされています。Internet Explorer 11 のサポートも今後追加される予定です。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。