Apple プッシュ証明書を更新する

この機能は Cloud Identity Premium でご利用いただけます。各エディションの比較

Apple プッシュ証明書は Apple iOS デバイスの詳細管理を設定する際に作成するもので、毎年更新する必要があります。この証明書により、iOS デバイスと組織のドメイン間で信頼できる接続が確立されます。

始める前に

  • 期限切れの証明書は更新できません。新しい証明書を設定する必要があります。新しい証明書を設定する場合、iOS ユーザーは、仕事用のデータや学校のデータを同期するために、デバイスを再度登録する必要があります。
  • 証明書を更新するには、証明書に関連付けられている Apple ID のパスワードが必要です。パスワードがない場合や、別の Apple ID を使用する場合は、新しい証明書を設定する必要があります。新しい証明書を設定する場合、iOS ユーザーは、仕事用のデータや学校のデータを同期するために、デバイスを再度登録する必要があります。
  • 証明書の更新中は、ブラウザ ウィンドウを再読み込みしたり、閉じたりしないでください。

証明書を更新する

ステップ 1: 更新リクエストを生成する

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[デバイス] にアクセスします。
  3. 左側で、[モバイルとエンドポイント] 次に [設定] 次に [iOS 設定] をクリックします。
  4. [Apple の証明書] をクリックします。

    現在の証明書の情報として、一意の識別子(UID)、Apple ID、有効期限が表示されます。

  5. [証明書を更新] をクリックします。
  6. [CSR を取得] をクリックし、証明書署名要求(.csr)ファイルを保存します。このファイルは一度だけダウンロードしてください。

ステップ 2: 更新された証明書を入手する

  1. [Apple Push Certificates Portal] をクリックします。
  2. 新しいタブで、証明書の作成時に使用した Apple ID とパスワードで Apple のポータルにログインします。
  3. 更新する証明書の横にある [更新] をクリックし、利用規約に同意します。
    ヒント: 複数の証明書が表示されている場合は、更新する証明書を正しく選択する必要があります。Google 管理コンソールに表示されるものと同じ有効期限の証明書を探します。各証明書の横にある i ボタン(「証明書の情報」)をクリックして、更新する証明書の UID と一致するものを見つけます。
  4. [ファイルを選択] をクリックし、ステップ 1 で保存した証明書署名リクエスト(.csr)ファイルを開きます。
  5. リクエスト ファイルを送信するには、[アップロード] をクリックします。
    Apple がリクエストを承諾すると、サービスの種類、ベンダー ドメイン、証明書の有効期限が記載された確認ページが表示されます。
  6. [ダウンロード] をクリックし、署名済み証明書(.pem)ファイルを保存します。このファイルは一度だけダウンロードしてください。
  7. 管理コンソールのタブまたはウィンドウに戻ります。

ステップ 3: 更新された証明書をアップロードする

  1. [証明書をアップロード] をクリックし、前のステップで Apple の確認ページから保存した証明書(.pem)ファイルを選択します。
  2. [保存して続行] をクリックします。
    更新された証明書がシステムで確認され、アップロードされます。問題が発生した場合は、送信した署名済み証明書と既存の証明書の UID が一致することを確認してください。

関連トピック

Apple プッシュ証明書を設定する

 


Google、Google Workspace、および関連するマークとロゴは、Google LLC の商標です。その他すべての企業名および商品名は、関連各社の商標または登録商標です。

 

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
false