Bugsnag クラウド アプリケーション

この操作を行うには、特権管理者としてログインする必要があります。

SAML(Security Assertion Markup Language)を利用すると、ユーザーは Google Cloud の認証情報で企業向けクラウド アプリケーションにログインできます。

Bugsnag 用に SAML 経由での SSO を設定する

SSO を設定する前に、Bugsnag から組織の一意の ID が提供されます。この ID は、https://app.bugsnag.com/yorg-1/sandbox の「yorg-1」の部分であり、Bugsnag にアカウントを登録する際に提供されます。一意の ID を忘れた場合は、登録済みのメールアドレスをこの ID リクエストページに入力すると、メールで取得できます。

手順 1: Google を SAML ID プロバイダ(IdP)として設定する
  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [ウェブアプリとモバイルアプリ] にアクセスします。
  3. [アプリを追加] 次の操作 [アプリを検索] をクリックします。
  4. 検索欄に「Bugsnag」と入力します。
  5. 検索結果で、Bugsnag SAML アプリにカーソルを合わせ、[選択] をクリックします。
  6. [Google ID プロバイダの詳細] ページで、IdP メタデータをダウンロードします。
  7. [続行] をクリックします。
  8. [サービス プロバイダの詳細] ページで、[ACS の URL] を編集し、{uniqueid-provided-by-sp} を Bugsnag から提供された組織の一意の ID に置き換えます。
  9. [続行] をクリックします。
  10. [属性のマッピング] ページで、[フィールドを選択] メニューをクリックし、次の Google ディレクトリの属性を対応する Bugsnag の属性にマッピングします。
     
    Google ディレクトリの属性 Bugsnag の属性
    [Basic Information] > [First Name] User.FirstName
    [Basic Information] > [Last Name] User.LastName
  11. [完了] をクリックします。
手順 2: Google IdP メタデータを公開ファイル サーバーにホストする

公開されているファイル サーバーで、手順 1 でダウンロードした Google IDP メタデータ ファイルをホストします。ファイルは、リダイレクト経由ではなく、直接配信する必要があります。このファイルはユーザーがログインするたびに Bugsnag から要求されるため、特定の URL で永続的に利用可能である必要があります。

手順 3: Bugsnag を SAML 2.0 のサービス プロバイダ(SP)として設定する
  1. 新しいシークレット ブラウザ ウィンドウを開きます。
  2. 組織の Bugsnag 管理者アカウントで Bugsnag のホームページにログインします。
  3. Bugsnag のトップページで、ユーザー プロフィール アイコンをクリックし、[Settings] をクリックします。
  4. [Organization] を選択します。
  5. [Authentication] で [Single Sign-on] をクリックします。
  6. [Login URL from your SSO provider] 欄に、手順 2 でファイル サーバーにホストした Google IDP メタデータの URL を入力します。
  7. 新しいユーザーを自動プロビジョニングするオプションはオンのままにしておきます。
  8. [Enable SSO] をクリックします。
  9. (省略可)Bugsnag でユーザーの自動プロビジョニングが有効になっていない場合は、次の手順に従ってユーザーを作成します。
    • [Settings] をクリックして、[Settings] ページに戻ります。
    • [Collaborators] をクリックします。
    • [Add Collaborators] をクリックします。
    • Google ユーザーのメールアドレスを入力して、[Send Invites] をクリックします。
    • Google ユーザーのメールボックスを開き、Bugsnag の招待を承諾します。
手順 4: Bugsnag アプリを有効にする
  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [ウェブアプリとモバイルアプリ] にアクセスします。
  3. [Bugsnag] を選択します。
  4. [ユーザー アクセス] をクリックします。
  5. 組織に属するすべてのユーザーに対してサービスを有効または無効にするには、[オン(すべてのユーザー)] または [オフ(すべてのユーザー)] をクリックし、[保存] をクリックします。

  6. 組織部門のユーザーに対してのみサービスを有効または無効にするには:

    1. 左側で組織部門を選択します。
    2. [オン] または [オフ] を選択します。
    3. 親組織部門のサービス設定([オン] または [オフ])と同じにしたい場合は、[オーバーライド] をクリックします。
    4. 組織のステータスがすでに [上書きされました] になっている場合は、次のいずれかを選択します。
      • 継承 - 親と同じ設定に戻します。
      • 保存 - 新しい設定を保存します(親組織の設定が変更された場合でも、新しい設定を維持します)。

    詳しくは、 組織部門についてのページをご覧ください。

  7. (省略可)ユーザー グループに対してサービスを有効にする
    アクセス グループを使用すると、組織部門内の一部のユーザーや、異なる組織部門の複数のユーザーに対してサービスを有効にすることができます。詳細

  8. Bugsnag のユーザー アカウントのメール ID が Google ドメイン内のものと一致することを確認します。
手順 5: SSO の動作を確認する

Bugsnag では、ID プロバイダ(IdP)を起点とする SSO とサービス プロバイダ(SP)を起点とする SSO の両方がサポートされています。以下の手順に沿って、いずれかのモードの SSO を確認します。

IdP を起点とする SSO

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [ウェブアプリとモバイルアプリ] にアクセスします。
  3. [Bugsnag] を選択します。
  4. 左上の [SAML ログインをテスト] をクリックします。

    Bugsnag が別のタブで開きます。開かない場合は、表示された SAML エラー メッセージの情報を参考にして、必要に応じて IdP と SP の設定を更新し、SAML ログインを再テストします。

SP を起点とする SSO

  1. ブラウザ ウィンドウをすべて閉じます。
  2. Bugsnag のホームページを開き、[Sign in] をクリックします。
  3. [Sign in with your identity provider] をクリックします。
  4. Bugsnag から提供された、組織の一意の ID を入力し、[Sign in using your identity provider] をクリックします。Google ログインページにリダイレクトされます。
  5. ユーザー名とパスワードを入力します。

認証情報が認証されると、Bugsnag にリダイレクトされます。



Google、Google Workspace、および関連するマークとロゴは、Google LLC の商標です。その他すべての企業名および商品名は、関連各社の商標または登録商標です。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。