調査ツールで検索結果を表示する

この機能は Cloud Identity Premium でご利用いただけます。各エディションの比較

調査ツールの検索結果は、検索カードの下部に表形式で示されます。これらの検索結果の詳細は、検索時の条件によって異なります。使用可能な検索条件について詳しくは、調査ツール内で検索をカスタマイズするをご覧ください。

検索結果の列の表示を管理する

検索結果の表の右上にある列を管理アイコン "" をクリックすると、検索結果の列の表示方法をカスタマイズできます。[列を管理] ウィンドウでは、列を削除する、新しい列を追加する、または列をさまざまな場所にドラッグ&ドロップすることにより、検索結果の表示を変更できます。

検索結果を [マイドライブ] フォルダのスプレッドシート ファイルに書き出す

検索結果を [マイドライブ] フォルダに保存するには、表の上部にあるすべてエクスポートアイコン "" をクリックします。

書き出された検索結果を表示する

書き出された検索結果を表示する際は、以下を参考にしてください。

  • 表の上部にあるすべてエクスポートアイコン "" をクリックすると、操作の結果が記載された Google スプレッドシートが [マイドライブ] フォルダに作成されます。結果のサイズによっては、書き出し処理に時間がかかることがあり、Google スプレッドシートが複数作成されることもあります。書き出せる結果は合計 3,000 万行までに制限されています(ただし、Gmail のメール検索の上限は 125 万行です)。
  • 書き出しの進行中は、仮名の Google スプレッドシートが作成されます(TMP-1-<タイトル> など)。Google スプレッドシートが複数作成される場合、2 番目以降のファイルの仮名は TMP-2-<タイトル>TMP-3-<タイトル> のようになります。書き出し処理が完了すると、ファイル名は自動的に <タイトル> [1 of N]<タイトル> [2 of N] のように変更されます。書き出されたデータを含む Google スプレッドシートが 1 つのみの場合、ファイル名は <タイトル> に変更されます。
  • 書き出された検索結果を含むファイルの共有アクセス権限は、ドメイン設定に準拠します。たとえば、作成されたファイルがデフォルトで社内の全員と共有される場合、書き出されたデータにもこの公開設定が適用されます。

最新情報更新の遅延

Gmail のログ データソースからのイベントの最新情報の更新には、最長 60 分の遅延があります。つまり、検索結果には過去 60 分以内に発生した Gmail イベントが含まれない可能性があります。

ドライブのログイベント、デバイスのログイベント、ユーザーのログイベントの場合、最新情報の遅延は 80 分です。

デバイス情報の更新が検索結果に反映されるまでには、最長で 3 日かかる場合があります。ユーザー情報の更新が検索結果に反映されるまでには、最長で 36 時間かかることがあります。

Gmail とドライブのログデータに関するデータ保持

Gmail のログデータは 30 日間保持されます。ドライブのログデータは 6 か月間保持されます。 

管理コンソールの監査ログ

調査ツールで管理者が行ったクエリと操作は、管理コンソールの監査ログで確認できます。

管理コンソールの監査ログには、管理者が行ったクエリの種類や、使用したフィルタの詳細が記載されます。操作については、監査ログ内のリンクをクリックすると、直接調査ツールで結果を表示できます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。