Cloud Identity の機能とエディションの比較

Cloud Identity Premium Edition と Cloud Identity Free Edition の違いについては、下の表をご覧ください。

注: Google Workspace のエディション別の機能リストについては、Google Workspace の各エディションの比較をご覧ください。

サービスを選択する(Free Edition または Premium Edition)

すべて開く   |   すべて閉じる

デバイス管理

注: ライセンスはデバイスではなくユーザーごとに必要です。管理対象デバイスにログインするユーザーは、機能を使用するために、サポート対象のライセンスを持っている必要があります。

基本のエンドポイント管理

デフォルトで次の機能を使用できます。

 

Cloud Identity Free

Cloud Identity Premium
基本的なモバイル デバイス管理
基本的なパスコードの適用(モバイル)
アカウントのリモートワイプ(モバイル)
パソコンの基本管理
会社所有のパソコン
リモート ログアウト(パソコン)
Endpoint Verification(エンドポイントの確認)
Windows 用 Google 認証情報プロバイダ
デバイス一覧
基本的なデバイス レポート
ネットワーク管理
Android アプリの管理  

高度なエンドポイント管理

次の機能を使用するには Cloud Identity 管理者がモバイルの詳細管理を有効にする必要があります。高度なエンドポイント管理には、「基本のエンドポイント管理」に記載されている機能もすべて含まれます。

 

Cloud Identity Free

Cloud Identity Premium
高度なモバイル デバイス管理機能  
標準型と強化型のパスコードの適用  
モバイル デバイスのセキュリティ ポリシー  
iOS アプリの管理  
デバイスの承認  
デバイスのブロック  
デバイスのリモートワイプ(モバイル)  
Android の仕事用プロファイル  
デバイスの詳細レポート  

エンタープライズ エンドポイント管理

以下の機能は Premium エディション限定で、使用するには Cloud Identity 管理者がモバイルの詳細管理を有効にする必要があります。エンタープライズ エンドポイント管理には、「基本のエンドポイント管理」と「高度なエンドポイント管理」に記載されている機能もすべて含まれます。

 

Cloud Identity Free

Cloud Identity Premium
会社所有の Android デバイス  
会社所有の iOS デバイス  
iOS データの保護  
デバイスのリモートワイプ(Windows)  
デバイス監査ログ  
使われていない会社所有デバイスに関するレポート  
モバイルアプリを個別に配布する  
Windows デバイス管理  
管理ルール  
モバイル デバイスの証明書  
コンテキストアウェア アクセス  
ディレクトリ
 

Cloud Identity Free

Cloud Identity Premium
ディレクトリの基本管理
組織部門とグループ 無制限  無制限
ユーザー ライフサイクル管理 ✔ *
管理者が管理するグループ
ビジネス向け Google グループ
Google Cloud Directory Sync
(Active Directory と LDAP ディレクトリを
Google と同期)
管理者ロールと権限
Android 向け Google 管理コンソール アプリ
iOS 向け Google 管理コンソール アプリ
Admin SDK / API
セキュア LDAP  

* Cloud Identity Free Edition にお申し込みされると、ユーザー数の上限がデフォルトで 50 増加します。詳細については、Cloud Identity Free Edition ユーザーの上限数をご覧ください。

セキュリティ
 

Cloud Identity Free

Cloud Identity Premium
ユーザー セキュリティの管理
ユーザー自身によるパスワードの再設定
セキュリティ キーの管理を含む 2 段階認証プロセス
2 段階認証プロセスの適用の管理
セキュリティ キーの管理による 2 段階認証プロセスの適用の管理
セキュリティ キーの強制による 2 段階認証プロセスの適用の管理
パスワードの安全度アラート
パスワードの管理
ファーストパーティ セッションの管理  
Google セキュリティ センター  
コンテキストアウェア アクセス  

注: セキュリティ センターの一部の機能(Gmail や Google ドライブに関連するデータなど)は、Cloud Identity Premium ではご利用いただけません。

シングル サインオン(SSO)と自動プロビジョニング レポート Chrome ブラウザ
  Cloud Identity Free

Cloud Identity Premium

ユーザー ポリシー / レポート
Chrome 同期
Google Workspace サービス
 

Cloud Identity Free

Cloud Identity Premium
Google ドライブ
ドキュメント
スプレッドシート
スライド
Keep
共有ドライブ ストレージ

Cloud Identity Free Edition または Cloud Identity Premium Edition の管理者およびユーザーは、閲覧者として共有ドライブにアクセスできます。

 

Cloud Identity Free

Cloud Identity Premium
合計保存容量の上限 15 GB 15 GB
お支払いとサポート
 

Cloud Identity Free

Cloud Identity Premium
お支払い  
サブスクリプションとライセンスの管理
サポート コミュニティ サポート 
(Cloud Platform サポートまたは G Suite を有料でご利用の場合は、メール、電話、チャットでの 24 時間 365 日サポートも含まれます)
メール、電話、チャットで 24 時間 365 日対応
SLA   99.9%


Google、Google Workspace、および関連するマークとロゴは、Google LLC の商標です。その他すべての企業名および商品名は、関連各社の商標または登録商標です。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。