Cloud Identity のライセンス割り当ての仕組み

ライセンスの割り当て、追加、削除、削減の手順は、ご利用のエディションによって異なります。

  • Cloud Identity Free Edition または Premium Edition
  • Cloud Identity の一方のエディション、両方のエディション、または他の有料サービス(Google Workspace など)との併用

Cloud Identity Free Edition

ライセンスを割り当てる

Cloud Identity Free Edition ではサイトベースのライセンスを使用します。したがって、ライセンスを割り当てる必要はありません。新規ユーザーを追加すると、そのユーザーに自動的に Cloud Identity Free Edition のライセンスが付与されます。また、Google Workspace や Cloud Identity Premium など、別のサービスに割り当てられているライセンスも付与されます。

ライセンスを追加する

Cloud Identity Free Edition のユーザーを追加する必要がある場合は、対象のユーザーを追加すれば、そのユーザーに Cloud Identity ライセンスが自動的に割り当てられます。詳しくは、ユーザーを個別に追加するをご覧ください。

Cloud Identity Free Edition のユーザーの上限数は、作成が認められているユーザー上限数によって異なります。詳しくは、Cloud Identity Free Edition ユーザーの上限数をご覧ください。

ライセンスを削除または削減する

ユーザーの Cloud Identity Free Edition のライセンスを削除したり、Cloud Identity Free Edition の Cloud Identity のサブスクリプションをキャンセルしたりして、ライセンス数を減らすことはできません。

ユーザーが Cloud Identity Free Edition の機能を使用する必要がなくなった場合は、そのユーザーを削除してください。

ユーザーがより多くの機能を必要としている場合は、そのユーザーに Google Workspace または Cloud Identity Premium のライセンスを割り当てることを検討してください。詳しくは、ライセンスの割り当て、削除、再割り当てをご覧ください。

Cloud Identity Premium

ライセンスを割り当てる

Cloud Identity Premium ではユーザーベースのライセンスを使用します。Cloud Identity Premium 以外の Google サービスをご利用でない場合は、組織のすべてのユーザーに自動的に Cloud Identity Premium ライセンスが割り当てられます。

それ以外の場合は、Cloud Identity Premium のお申し込みが完了したら、ユーザーにライセンスを割り当てます。次のユーザーに自動または手動でライセンスを割り当てることができます。

  • 個々のユーザー
  • 組織部門のすべてのユーザー
  • 組織のすべてのユーザー

Cloud Identity を年間プランでご利用の場合は、購入した数だけライセンスを割り当てられます(それより多くのライセンスを割り当てようとすると、エラー メッセージが表示されます)。ライセンスが足りなくなった場合は、次の方法があります。

ライセンスの自動割り当て

ライセンスがデフォルトで割り当てられておらず、組織のすべてのユーザーに Cloud Identity Premium が必要な場合は、ライセンスの自動割り当てをオンにすることができます。これにより、アカウント内でPremium ライセンスが割り当てられていないユーザーと、それ以降に追加される新しいユーザーに、ライセンスが自動的に割り当てられます。詳しくは、組織内のすべてのユーザーに自動的にライセンスを割り当てるをご覧ください。

他のサービスの既存のユーザー ライセンスには、いずれのレベルでも影響はありません。

最上位組織の下に組織部門がある場合は、特定の組織部門に対してライセンスの自動割り当てオプションを設定できます。

ライセンスの手動割り当て

次のユーザーに手動で Cloud Identity Premium ライセンスを割り当てることができます。

  • 個々のユーザー
  • アップロードしたユーザー リストのユーザー
  • 組織部門のすべてのユーザー

詳しくは、ライセンスの割り当て、削除、再割り当てをご覧ください。

組織にライセンスを手動で割り当てる場合、その組織のユーザーにのみライセンスが付与されます。下位組織のユーザーにはライセンスが自動的に付与されないため、手動で割り当てる必要があります。

ライセンスを追加する

Cloud Identity Premium のライセンスを追加する手順は、お申し込みいただいたプランによって異なります(年間プランまたはフレキシブル プラン)。詳しくは、ライセンス数を増やすをご覧ください。

注: Cloud Identity Premium の無料試用期間中に追加できるユーザーは 50 人までです。詳しくは、Cloud Identity Premium の無料試用についてをご覧ください。

ライセンスを削除する

ユーザーが Cloud Identity Premium の機能を使用する必要がなくなった場合は、ライセンスの割り当て、削除、再割り当ての手順に沿ってそのユーザーのライセンスを削除してください。

Cloud Identity Premium のライセンス数を減らす手順は、お申し込みいただいたプランによって異なります(年間プランまたはフレキシブル プラン)。詳しくは、ライセンス数を減らすをご覧ください。

複数のサービスをご利用の場合

Cloud Identity のライセンス割り当てルールは、サブスクリプションの組み合わせによって異なります。

Cloud Identity Free Edition および Premium Edition

組織に Cloud Identity の Free Edition と Premium Edition の両方のライセンスがある場合は、すべての新規ユーザーに Free Edition のライセンスが自動的に割り当てられます。アプリケーションのホワイトリスト登録やルールベースの管理などの機能が必要なユーザーに対しては、有料の Cloud Identity Premium ライセンスを割り当てます。

組織全体で Cloud Identity Premium のライセンスの自動割り当てがオンになっている場合は、すべての新規ユーザーに有料の Premium ライセンスが自動的に割り当てられます。新しいユーザーに Cloud Identity Free Edition のライセンスのみが提供されるように、Cloud Identity Premium ライセンスの自動割り当てをオフにすることをおすすめします。

特定の組織に対して別のライセンス自動割り当てオプションを設定すると、その組織のユーザーに有料の Premium ライセンスを自動的に割り当てることができます。個々のユーザーに対して Premium ライセンスを手動で割り当てることもできます。ユーザーの Premium ライセンスを削除すると、そのユーザーに Cloud Identity Free Edition のライセンスが自動的に割り当てられます。

例: 合計 250 人のユーザーのうち、100 人に Cloud Identity Premium ライセンスを割り当てると、次のようになります。

  • 100 人のユーザーに Cloud Identity Free Edition と Cloud Identity Premium の両方のライセンスが割り当てられる
  • 150 人のユーザーに Cloud Identity Free Edition のライセンスのみが割り当てられる

関連トピック

Cloud Identity Free Edition と Google Workspace

組織に Google Workspace と Cloud Identity Free Edition の両方のライセンスがある場合は、すべての新規ユーザーに Cloud Identity Free Edition のライセンスが自動的に割り当てられます。Gmail や Google カレンダーなどの機能が必要なユーザーに対しては、有料の Google Workspace ライセンスを割り当ててください。

組織全体で Google Workspace ライセンスの自動割り当てを有効にしている場合は、すべての新規ユーザーに有料の Google Workspace ライセンスが自動的に割り当てられます。新規ユーザーには Cloud Identity Free Edition のライセンスのみが付与されるように、Cloud Identity の設定時に Google Workspace ライセンスの自動割り当てを無効にすることをおすすめします。

Cloud Identity の設定後に特定の組織に対して別のライセンス自動割り当てオプションを設定することで、その組織のユーザーに有料の Google Workspace ライセンスを自動的に割り当てることができます。Google Workspace ライセンスを個々のユーザーに手動で割り当てることも可能です。ユーザーの Google Workspace ライセンスを削除しても、そのユーザーの Cloud Identity Free Edition のライセンスは保持されます。

例: 合計 250 人のユーザーのうち 100 人に Google Workspace ライセンスを割り当てた場合は、次のようになります。

  • 100 人のユーザーに Cloud Identity Free Edition と Google Workspace の両方のライセンスが割り当てられる
  • 150 人のユーザーに Cloud Identity Free Edition のライセンスのみが割り当てられる

関連トピック

Cloud Identity Premium と Google Workspace

組織に Google Workspace と Cloud Identity Premium の両方のライセンスがある場合は、最初に申し込んだほうのサービスの有料ライセンスがすべての新規ユーザーに自動的に割り当てられます。2 つ目のサービスのライセンスは、申し込み後に自動または手動で割り当てることができます。両方のタイプのライセンスをユーザーに割り当てることができます。

ライセンスの自動割り当ての設定は、[お支払い] ページからいつでも変更できます。一方または両方のサービスのライセンスの自動割り当てを、組織全体または特定の組織部門に対してオンまたはオフにできます。

関連トピック

Cloud Identity Free Edition、Premium Edition、Google Workspace

組織に Cloud Identity の両方のエディションと Google Workspace のライセンスがある場合、すべての新規ユーザーに Cloud Identity Free Edition のライセンスが自動的に割り当てられます。有料サービスについては、一方または両方のライセンスをユーザーに割り当てることができます。

Cloud Identity Free Edition のライセンスを削除することはできません。一方または両方の有料サービスのライセンスを割り当てても、Cloud Identity Free Edition のライセンスは無効になりません。

最上位組織で一方または両方の有料サービスのライセンスの自動割り当てをオンにすると、組織のすべての新規ユーザーにそのサービスのライセンスが自動的に割り当てられます。

特定の組織部門に対して別のライセンス自動割り当てオプションを設定することもできます。この場合、組織のユーザーに無料または有料の必要なライセンスのみが割り当てられます。

最上位の組織に対して Google Workspace ライセンスの自動割り当てを有効にしている状態で Cloud Identity Free Edition を申し込んだ場合は、申し込み手続き中に Google Workspace ライセンスの自動割り当てを無効にするよう求められます。これにより、Cloud Identity Free Edition の機能のみを必要とするユーザーには、そのライセンスのみが割り当てられるようになります。

ユーザーの有料ライセンスをすべて削除しても、Cloud Identity Free Edition のライセンスは保持されます。

関連トピック

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。