Cloud Identity のキャンセル

サブスクリプションのキャンセルまたは Google アカウントの削除

サービスを Google から直接購入した場合にのみ適用されます。販売パートナーからサービスを購入された場合は、販売パートナーにお問い合わせください。ご不明な場合は、ご利用の販売パートナーがご不明な場合をご覧ください。

組織のユーザーが Cloud Identity サービスを使用しなくなった場合は、それらのユーザーを削除するか、サブスクリプションをキャンセルすることができます。

組織ですべての Google サービスの使用を停止するには、サブスクリプションをキャンセルして、組織の Google アカウントを削除します。

1 つのサブスクリプションをキャンセルする

Cloud Identity Premium をキャンセルする

Cloud Identity Premium の機能が必要なくなった場合は、サブスクリプションをキャンセルすることができます。G Suite など、他のサービスのユーザー ライセンスは維持されます。Cloud Identity Free Edition をご利用の場合は、Premium をキャンセルすると、他のライセンスが割り当てられていないユーザーに Cloud Identity Free Edition のライセンスが割り当てられます。

キャンセルした翌月の初めに、自動的にメインのお支払い方法で請求が行われます。

  • フレキシブル プランをご利用の場合は、当月のご利用分に応じて請求が行われます。
  • 年間プランをご利用の場合は、残余期間のご利用料金がキャンセル ページに表示されます。
  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールのホームページから、[お支払い] にアクセスします。
  3. [登録] 欄にある [Cloud Identity Premium] を確認します。
  4. [アクション] 次に [登録をキャンセル] の順にクリックします。
  5. [続行] をクリックしてサブスクリプションをキャンセルします。
Cloud Identity Free Edition をキャンセルする

Cloud Identity Free Edition のサブスクリプションをキャンセルすることはできません。Cloud Identity Free Edition の機能も、その他のサブスクリプションも使用しなくなったユーザーは、組織から削除します。

Cloud Identity Free Edition 以外のサブスクリプションがなく、このサービスを使用するユーザーもいない場合は、次の手順に沿って Google アカウントを削除してください。

Google アカウントを削除する

G Suite をご利用の場合に Google アカウントをキャンセルするには、次の手順ではなく G Suite サブスクリプションのキャンセルの手順に沿ってお手続きください。

サブスクリプションをキャンセルして Google アカウントを削除すると、ユーザーと組織のデータも削除され、元に戻すことはできません。
キャンセルする前に

サブスクリプションをキャンセルしてアカウントを閉鎖する前に、必要に応じて次の作業を行います。

データを書き出す

アカウントを閉鎖すると、そのアカウントのすべてのデータが完全に削除されます。アカウントを削除する前に、データ エクスポート ツールを使用して、コンタクトや Google グループのデータを書き出すことができます。

お支払い記録を保存する

サブスクリプションをキャンセルしてアカウントを削除すると、お支払い記録を表示できなくなります。このため、アカウントを削除する前に、必要な請求書やお支払い記録をダウンロードしておいてください。

Marketplace アプリを削除する

サブスクリプションをキャンセルする前に、インストールした Marketplace アプリを削除してください。

Marketplace アプリがインストールされているかどうかを確認するには:

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [Marketplace アプリ] にアクセスします。
ステップ 1: サブスクリプションをキャンセルする

組織の Google アカウントを削除する前に、すべてのサブスクリプションをキャンセルする必要があります(キャンセルできない Cloud Identity Free Edition のサブスクリプションを除く)。

注: ドメイン登録のサブスクリプションをキャンセルした後もその DNS ドメインを保持したい場合は、事前に登録事業者のログイン情報を記録しておいてください。これには、ユーザー名およびパスワードと、登録事業者の URL が含まれます。この情報があれば、組織の Google アカウントを削除した後も、ドメイン登録の有効期限が切れるまでの間は(更新しない場合)、DNS ドメインを管理できます。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールのホームページから、[お支払い] にアクセスします。
  3. [登録] 欄にある現在のサブスクリプションを確認します。
  4. サブスクリプションをキャンセルするには、サブスクリプション名の横にある [アクション] 次に [登録をキャンセル] をクリックします。
  5. [続行] をクリックしてサブスクリプションをキャンセルします。
  6. 手順 4 と 5 を繰り返して、すべてのサブスクリプションをキャンセルします(Cloud Identity Free Edition を除く)。
ステップ 2: アカウントを削除する
  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールのホームページから、[会社プロフィール] 次に [プロフィール] にアクセスします。
  3. [プロフィール] をクリックします。
  4. [アカウントの削除] 欄の [このアカウントを削除] をクリックします。

このアカウントを削除した後、組織のドメインで別の Google アカウントを作成できます。このドメインに新しいアカウントを登録できるようになるまでは、最長で 24 時間かかることがあります。

よくあるご質問

管理コンソールが表示されない場合はどうすればよいですか?

管理コンソールにアクセスできない場合は、こちらの解決方法をお試しください。

クレジットを払い戻すことはできますか?

はい。残りのクレジットの払い戻しをリクエストしてください。

解約後の請求について

アカウントに未払いの残高がある場合、サブスクリプションを解約した後も請求が発生します。金額は、ご利用になっていたサービスとお支払いプランに基づいて計算されます。

  • フレキシブル プラン - サービスをご利用いただいた日数分の料金をお支払いいただきます。たとえば、今月の 15 日に解約すると、半月分の料金が請求されます。
  • 年間プラン - ご契約いただいたご利用期間の残期間分の料金をお支払いいただきます。
  • Drive Enterprise - ご解約月にご利用いただいていた容量に応じた金額に、その月のアクティブ ユーザー 1 人あたり 1 か月分の料金を加えた金額をお支払いいただきます。詳しくは、Drive Enterprise のご利用料金のお支払いについてのページをご覧ください。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。