Cloud Identity のユーザー アカウントを作成する

組織内のユーザーが Cloud Identity を使い始めるには、管理者がそれぞれのユーザー アカウントを作成しておく必要があります。アカウントを作成すると、Google のサービスにログインするためのユーザー名とパスワードがユーザーに付与されます。必要に応じて、ユーザーのプロフィールに情報を追加することもできます。

ユーザー アカウントを作成する
大規模企業向けのオプション

組織で LDAP ディレクトリを利用している場合:

  • Google Cloud Directory Sync を使用して、既存の LDAP ディレクトリ内のユーザーデータと Google アカウントを同期します(グループ、連絡先、組織も同期されます)。
  • Admin SDK Directory API を使用して、既存の LDAP ディレクトリ(Microsoft® Active Directory® など)のデータから、多数のユーザーをプロビジョニングします。この API は Google Cloud Directory Sync よりも柔軟性がありますが、プログラミングが必要です。
アカウントを作成する際の注意事項

重要: 組織の新しい Cloud Identity アカウントにユーザーを追加する場合は、アカウントの競合を回避するために事前に対処しておくことをおすすめします。

その他の注意事項:

  • 各アカウントのユーザー名が、そのユーザーのログイン名となり、メールアドレスの前半部分になります。たとえば、ドメインが solarmora.com、ユーザーのメールアドレスが jsmith@solarmora.com の場合、jsmith がユーザー名です。組織の Cloud Identity アカウントに複数のドメイン名が関連付けられている場合は、Cloud Identity のユーザー アカウントを作成するときに、どのドメイン名を使用するかを指定します。
  • 新しいユーザー アカウントが検索可能な G Suite ディレクトリに表示されるまでには、最長で 24 時間ほどかかることがあります。

参照: 名前とパスワードのガイドライン

ユーザーがすでに Google アカウントをお持ちの場合

個人用 Google アカウントの作成に組織のドメイン名を使用したユーザーがいる場合、アカウントの競合が発生する可能性があります。管理者が 個人用 Google アカウントと同じユーザー名を使って、Cloud Identity のユーザー アカウントを作成して組織に追加した場合、個人用アカウントと Cloud Identity アカウントで同じメールアドレスが存在することになりますが、2 つのアカウントで同じユーザー名を共有することはできません。

詳しくは、競合するアカウントへの対処についてのページをご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。