グループの監査ログ

グループ、グループ メンバー、グループ メッセージへの変更を確認する

このページは管理者専用です。自分のアカウントのグループを管理する場合は、Google グループのヘルプをご覧ください。

Google グループの監査ログから、組織内のユーザーのグループ、グループ メンバー、グループ メッセージへの変更を確認することができます。ドメイン内のユーザーからグループ アクティビティの不一致や予期しない変更に関する報告を受けた場合に、トラブルシューティングを行うこともできます。通常、ユーザーの操作は 30 分以内にログに記録されます。

: グループとグループのメンバーシップに関する管理コンソールの操作を確認するには、Enterprise のグループの監査ログをご覧ください。

確認できる変更の種類

  • グループの作成と削除 - グループが存在し、最近削除されていないことを確認できます。
  • メンバーの追加、削除、参加の禁止 - グループ メッセージが届かないユーザーがいる場合に、そのユーザーがグループのメンバーになっているかどうかを確認できます。ユーザーが削除または参加を禁止されていた場合、それを実施したユーザーと日時もログに記録されます。
  • ユーザーの招待と参加リクエストの承認 - ユーザーがグループへの参加招待を受け取ったかどうか、招待を承諾または拒否したかを確認できます。ユーザーのグループへの参加リクエストが承認されたかどうかも確認することができます。
  • グループへの投稿権限の変更 - 投稿権限がないことを示すバウンスメールがユーザーに突然届くようになった場合に、その原因となり得る投稿権限の変更履歴を確認できます。
  • 迷惑メール管理の設定 - メールが投稿されずに管理キューに送られるようになった場合に、そのような設定変更が最近行われたかどうかを確認できます。
  • その他の設定 - その他の設定を変更した場合、変更の詳細が監査ログに記録されます。

Google グループの監査ログには、Google グループのインターフェース上での操作のみが記録されます。Google グループのインターフェースを使用して実行された、ユーザーによる操作と管理者による操作の両方が記録されます。管理者が管理コンソールまたは Admin SDK Directory API を使用して実施した Google グループへの操作は、「管理者」監査ログにのみ記録されます。

グループの監査ログを開く

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[レポート] にアクセスします。
  3. 左側にある [監査ログ] で、[グループ] をクリックします。
  4. (省略可)表示するデータをカスタマイズするには、右側の列を管理アイコン "" をクリックします。表示または非表示にする列を選択 次に [保存] をクリックします。

表示できるデータ

グループ の監査ログでは、次の情報を確認できます。

データの種類 説明
イベント名 記録された操作(カレンダー、予定、ゲストの追加または削除、予定の通知に対する登録の追加または削除など)。
イベントの説明 [イベントの名前] 欄に記載されているイベントの詳細
ユーザー ログに記録された操作をトリガーしたユーザー。
日付 記録された操作が行われた日付。

イベント名

[フィルタを追加] の [イベント名] で具体的なイベント名を選択し、そのイベントのデータをフィルタします。監査レポートには、設定した期間中に発生したすべてのイベントに対応するログエントリが表示されます。イベントには、内容を連想しやすい名前が付いています。

データを利用できる期間

データの保持期間とタイムラグをご覧ください。

関連トピック

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
false