Smartsheet クラウド アプリケーション

この操作を行うには、特権管理者としてログインする必要があります。

SAML(Security Assertion Markup Language)を利用すると、ユーザーは Google Cloud の認証情報で企業向けクラウド アプリケーションにログインできます。

Smartsheet 用に SAML 経由での SSO を設定する

Smartsheet アプリケーション用に SAML 経由でのシングル サインオン(SSO)を設定する方法は、次のとおりです。

手順 1: Smartsheet を SAML 2.0 のサービス プロバイダ(SP)として設定する
  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[セキュリティ] 次に [SAML アプリケーションに対するシングル サインオン(SSO)の設定] に移動します。

    この操作を行うには、特権管理者としてログインする必要があります。

  3. [ダウンロード] ボタンをクリックし、Google IdP メタデータと X.509 証明書をダウンロードします。
  4. 新しいブラウザタブで、Smartsheet アプリケーションを開始します。
  5. [Account Admin] フォームの [Security Controls] を選択します。
  6. [Authentication] の横にある [Edit] をクリックし、[Authentication] フォームを開きます。
  7. [Smartsheet Login URL] の値(https://sso.smartsheet.com/Shibboleth.sso/SAML2/POST)を [ACS の URL] 欄に貼り付けます。
  8. [エンティティ ID] と [開始 URL] 欄で、ご利用のドメイン名(https://smartsheet.com)が URL に含まれていることを確認します。
  9. [Save] をクリックしてウェブ連携のシングル サインオン構成を保存し、次の手順に進んで Google を SAML ID プロバイダ(IdP)として設定します。
手順 2: Google を SAML ID プロバイダ(IdP)として設定する
  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [ウェブアプリとモバイルアプリ] にアクセスします。
  3. [アプリを追加] 次に [アプリを検索] をクリックします。
  4. 検索欄に「Smartsheet」と入力します。
  5. 検索結果で、Smartsheet SAML アプリケーションにカーソルを合わせ、[選択] をクリックします。
  6. [Google ID プロバイダの詳細] ページで、[続行] をクリックします。
  7. サービス プロバイダの設定情報を収集するには、次の 2 つの方法があります。

    [エンティティ ID] 欄と [シングルサインオン] 欄の値をコピーして X.509 証明書をダウンロードし、サービス プロバイダの設定にある適切な欄に貼り付けます。
    または
    IDP メタデータをダウンロードし、サービス プロバイダの設定にある適切な欄にアップロードします。
  8. [サービス プロバイダの詳細] ページの [エンティティ ID]、[ACS の URL]、[開始 URL] 欄に、それぞれ次の URL 情報を入力します。
            ACS の URL: https://sso.smartsheet.com/Shibboleth.sso/SAML2/POST
            エンティティ ID: https://sso.smartsheet.com/saml
            開始 URL: <空白>
  9. [署名付き応答] チェックボックスはオフのままにします。
    [署名付き応答] チェックボックスをオフにするとアサーションのみが署名され、[署名付き応答] チェックボックスをオンにすると、すべての応答に署名されます。
  10. デフォルトの [名前 ID] はメインのメールアドレスです。複数の値の入力はサポートされていません。必要に応じて、[名前 ID] のマッピングを変更できます。Google Admin SDK API でユーザー スキーマのカスタム属性を作成して使用することもできます。ユーザー スキーマのカスタム属性は、Smartsheet SAML アプリケーションを設定する前に作成する必要があります。
  11. [続行] をクリックします。
  12. [属性のマッピング] ページで、[フィールドを選択] メニューをクリックし、次の Google Directory の属性を対応する Smartsheet の属性にマッピングします。
     
    Google ディレクトリの属性 Smartsheet の属性
    [Basic Information] > [Primary email] emailAddress
  13. [完了] をクリックします。
手順 3: Smartsheet アプリを有効にする
  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [ウェブアプリとモバイルアプリ] にアクセスします。
  3. [Smartsheet] を選択します。
  4. [ユーザー アクセス] をクリックします。
  5. 組織に属するすべてのユーザーに対してサービスを有効または無効にするには、[オン(すべてのユーザー)] または [オフ(すべてのユーザー)] をクリックし、[保存] をクリックします。

  6. 組織部門のユーザーに対してのみサービスを有効または無効にするには:

    1. 左側で組織部門を選択します。
    2. [オン] または [オフ] を選択します。
    3. 親組織部門のサービス設定([オン] または [オフ])と同じにしたい場合は、[オーバーライド] をクリックします。
    4. 組織のステータスがすでに [上書きされました] になっている場合は、次のいずれかを選択します。
      • 継承 - 親と同じ設定に戻します。
      • 保存 - 新しい設定を保存します(親組織の設定が変更された場合でも、新しい設定を維持します)。

    詳しくは、 組織部門についてのページをご覧ください。

  7. (省略可)ユーザー グループに対してサービスを有効にする
    アクセス グループを使用すると、組織部門内の一部のユーザーや、異なる組織部門の複数のユーザーに対してサービスを有効にすることができます。詳細

  8. Smartsheet のユーザー アカウントのメール ID が Google ドメイン内のものと一致することを確認します。
手順 4: SSO の動作を確認する

Smartsheet では、ID プロバイダ(IdP)を起点とする SSO とサービス プロバイダ(SP)を起点とする SSO の両方がサポートされています。以下の手順に沿って、いずれかのモードの SSO を確認します。

IdP を起点とする SSO

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [ウェブアプリとモバイルアプリ] にアクセスします。
  3. [Smartsheet] を選択します。
  4. 左上の [SAML ログインをテスト] をクリックします。

    Smartsheet が別のタブで開きます。開かない場合は、表示された SAML エラー メッセージの情報を参考にして、必要に応じて IdP と SP の設定を更新し、SAML ログインを再度テストしてください。

SP を起点とする SSO

  1. https://[ドメイン名].smartsheet.com を開きます。Google ログインページに自動的にリダイレクトされます。
  2. ログイン認証情報を入力します。
  3. ログイン認証情報が認証されると、Smartsheet に自動的にリダイレクトされます。
手順 5: 自動プロビジョニングを設定する

特権管理者は、Smartsheet アプリケーションのユーザー プロビジョニングを自動化することができます。



Google、Google Workspace、および関連するマークとロゴは、Google LLC の商標です。その他すべての企業名および商品名は、関連各社の商標または登録商標です。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。