ユーザー補助に関する Google Workspace 管理者向けガイド

この記事は Google Workspace 管理者を対象としています。Google Workspace サービスの使い方については、ユーザー補助に関する Google Workspace ユーザーガイドをご覧ください。

このガイドでは、Google Workspace および他の Google サービスのユーザー補助機能の概要を説明します。機能の詳細については、Google ユーザー補助機能のウェブサイトをご覧ください。

ユーザー補助に対する Google の取り組み

Google の使命は、視覚、色覚、聴力に障がいを持つ方々を含め、すべてのユーザーが世界中の情報にアクセスしやすい環境をつくることです。
この目標を達成するため、次のことに取り組んでいます。
  • Google のサービスでユーザー補助機能を提供する
  • Android と Chrome OS プラットフォーム向けのユーザー補助機能 API およびサービスを開発する
  • オープン スタンダードをサポートすることで、支援技術を介してウェブサービスとモバイル サービスのエコシステムにアクセスできるようにする

Google Workspace ユーザーはいつでも連携して作業する必要があることから、Google ではコラボレーション機能拡充のための開発投資を行っています。

Google が最も重視しているのはユーザーにとっての利便性です。そのため、障がいを持つ方々およびその支援団体と積極的な協力関係を築き、意見交換を重ねてきました。Google のユーザー補助チームは、多様な人材で構成されたグループです。Google 社内でのユーザー補助機能のコンサルタントとして活動し、プロダクト チームの基礎となるユーザー補助機能のフレームワークを開発しています。

Google は、ウェブサービスとモバイル サービスにおけるユーザー補助機能の現状に良い変化をもたらし、すべてのユーザーにサービスを提供し続けていきたいと考えています。Google のユーザー補助機能について詳しくは、Google ユーザー補助機能のウェブサイトをご覧ください。

自主的製品アクセシビリティ テンプレート

Google は、企業、教育機関、政府機関がユーザー補助機能に関する基準をさらに容易に遵守できるよう、障がいのあるユーザー向けに Google サービスで提供している機能について情報を公開しています。
各サービスのユーザー補助機能に関する情報については、自主的製品アクセシビリティ テンプレート(VPAT)をご覧ください。

ユーザー補助ツールを選択、設定する

ブラウザとスクリーン リーダー

Google Workspace と相性の良いブラウザとスクリーン リーダーの一覧については、ユーザー補助に関する Google Workspace ユーザーガイドをご覧ください。

Google 管理コンソールでユーザー補助機能を有効にする

組織における補助機能の必要性に応えるため、Google 管理コンソールですべてまたは一部のユーザーに対して Gmail と Chrome OS の設定を変更できます。

Gmail(Google Workspace をご利用のお客様のみが対象)では、次のユーザー補助機能を有効にできます。

  • POP と IMAP によるアクセスを有効にする。これにより、ユーザーは使い慣れたクライアントでメールを受け取れるようになります。詳しくは、管理アカウントで POP と IMAP の有効、無効を設定するをご覧ください。
  • ユーザーが Gmail の色と背景を変更できるようにする。視覚障がいまたは学習障がいをお持ちの方には、高コントラスト テーマのご利用が適している可能性があります。テーマを変更しても、Gmail のコンテンツや機能、管理者が適用した設定(カスタムロゴなど)に影響が及ぶことはありません。詳しくは、Gmail のテーマについての記事をご覧ください。
  • Google Sync for Microsoft Outlook(GWSMO)を使用して、Google Workspace と Microsoft Outlook の間でメール、カレンダーの予定、連絡先を同期できるようにする。これにより、ユーザーは Outlook を Google Workspace のクライアントとして使用できるようになります。なお、GWSMO は Mac には対応していません。詳しくは、管理者による GWSMO の設定をご覧ください。

Chrome OS では、次のユーザー補助機能を使用する(有効にする)ことができます。

  • ChromeVox を使用する。ChromeVox は Chrome OS 内蔵のスクリーン リーダーで、すべての Chromebook と Chromebox にプリインストールされています。ユーザーが Ctrl+Alt+Z キーを押すと、ChromeVox が有効になります。
  • ユーザーがユーザー補助の拡張機能をダウンロードして使用できるようにする。詳しくは、概要: Chrome のデバイス ポリシーの管理をご覧ください。
  • Google 管理コンソールで、拡張機能またはアプリケーションをユーザーに対してプリインストールする。詳しくは、アプリと拡張機能を自動的にインストールするをご覧ください。

Google カレンダー

Google カレンダーを使用すると、予定の作成、スケジュールの共有、通知の送信を行えます。

ユーザー補助機能

  • キーボードでアクセス可能
  • スクリーン リーダーのサポート
  • 拡大鏡のサポート
  • ARIA タグと要素ラベルの使用
  • カレンダー クライアントとしての Microsoft Outlook のサポート

関連トピック

Google Chat

プライベートやグループの会話に参加したり、bot を使用して作業を自動化したりできます。

ユーザー補助機能

  • スクリーン リーダーのサポート
  • キーボード ショートカット

関連トピック

Chromebook

Chromebook を使用すると、コンテンツの作成、インターネットのブラウジング、他のユーザーとのコミュニケーションおよび共同作業を行えます。

ユーザー補助機能

  • ChromeVox スクリーン リーダー
  • 高コントラスト モード
  • 画面の拡大
  • 画面キーボード
  • 点字デバイスとの互換性

関連トピック

Chrome ブラウザ

Chrome ブラウザを使用すると、インターネットを検索したり、ウェブアプリを操作したりできます。

ユーザー補助機能

  • キーボードでアクセス可能
  • スクリーン リーダーのサポート
  • 全ページ拡大
  • フォントおよびサイズの調整
  • 高コントラストとカスタム配色のサポート
  • 高コントラスト テーマ用の Chrome ブラウザ拡張機能
  • ChromeVox(スクリーン リーダー)や ChromeVis(拡大鏡とテキスト色の変更)などのユーザー補助の拡張機能

関連トピック

従来のハングアウト

ビデオ通話やチャットの会話に参加したり、電話をかけたりできます。Google Voice または Google Fi の電話番号を使用して、テキスト メッセージを送信することも可能です。

ユーザー補助機能

  • スクリーン リーダーのサポート
  • ビデオハングアウトとチャットでキーボード ショートカットを利用可能

関連トピック

Classroom

クラスの作成、クラスへの参加、課題の管理、生徒の提出物へのフィードバックの提供ができます。

ユーザー補助機能

  • スクリーン リーダーのサポート
  • キーボードでアクセス可能

関連トピック

Google Cloud Search

Google Cloud Search を使用すると、仕事で必要な情報を検索できます。Google Workspace のサービスまたはサードパーティのデータソースに保存されている組織のコンテンツを横断的に検索可能です。

ユーザー補助機能

  • スクリーン リーダーのサポート
  • キーボードのユーザー補助機能

関連トピック

Google ドキュメント

テキスト ドキュメントを作成、編集、共同編集できます。

ユーザー補助機能

  • スクリーン リーダーのサポート(通知および共同編集者の情報の読み上げなど)
  • ドキュメントの読み上げと編集、ドキュメント間の移動のためのキーボード ショートカット
  • ドキュメントの読み上げおよび編集用の点字ディスプレイのサポート
  • 拡大鏡のサポート
  • 音声によるドキュメントの入力、編集、書式設定
  • 画像の代替テキストに対応

関連トピック

Google 図形描画

図形描画を作成、編集、共同編集し、Google ドキュメント、スプレッドシート、スライドのファイルに挿入できます。

ユーザー補助機能

  • スクリーン リーダーのサポート
  • 図形描画の読み上げ、編集用の点字ディスプレイ
  • 拡大鏡のサポート
  • 画像の代替テキストに対応
  • 図形描画の作成と編集、図形描画間の移動のためのキーボードショート カット

関連トピック

 ウェブ上の Google ドライブ

ウェブ上の Google ドライブを使用すると、ファイルを作成、保存、編集できます。また、ファイルをフォルダにまとめたり、ファイルを任意のデバイスからアクセスできるように保存したり、ファイルを他のユーザーと共有したりできます。

ユーザー補助機能

  • スクリーン リーダーのサポート
  • キーボードのユーザー補助機能
  • サードパーティ製アプリとの連携
  • キーボード ショートカット

関連トピック

Google ドライブの同期アプリケーション

パソコン版 Google ドライブアプリまたはバックアップと同期アプリを使用すると、ローカル ファイルをウェブ上の Google ドライブと同期して、場所、時間、デバイスを問わずにファイルにアクセスできるようになります。
  • バックアップと同期 - [マイドライブ] 内のファイルと選択した他のフォルダ内のファイルが、パソコン上に保存されてクラウドと同期されます。
  • パソコン版ドライブ - [マイドライブ] 内のファイルと共有ドライブ内のファイルが、ユーザーのパソコンにストリーミングされます。

両アプリケーションのユーザー補助機能

  • スクリーン リーダーのサポート
  • キーボードのユーザー補助機能
  • 使い慣れた編集ツールを使用可能
  • ファイルをフォルダにまとめて整理

関連トピック

Google フォーム

フォーム、テスト、アンケートの作成、他のユーザーとの共有、回答の追跡ができます。

ユーザー補助機能

  • スクリーン リーダーのサポート
  • フォームの作成と編集、フォーム間の移動のためのキーボード ショートカット

関連トピック

Gmail

Google Workspace では Gmail を使用してメールの送受信を行います。ラベルおよび受信トレイのタブを使ってメールを整理することもできます。

ユーザー補助機能

  • 標準 HTML 形式と簡易 HTML 形式でのスクリーン リーダーのサポート
  • メール クライアントとしての Microsoft Outlook のサポート
  • 既存メール クライアントの POP と IMAP のサポート
  • キーボード ショートカット
  • Gmail インターフェースの高コントラスト テーマ
  • ボタンをアイコンの代わりにテキストとして表示
  • 標準 HTML 形式でのユーザー補助機能(ARIA ランドマーク、見出し、スレッドの概要アナウンス、リンクのスキップ、ショートカット キーなど)
  • 主要機能へのキーボード アクセスが可能

関連トピック

Google グループ

ディスカッション グループ、メーリング リスト、サポートサイトを作成して、そこに参加できます。

ユーザー補助機能

  • スクリーン リーダーのサポート
  • キーボード ショートカット
  • 重要な画面要素の ARIA を使用したヒント

関連トピック

Google Meet

Google Meet を使用すると、組織内外のユーザーとビデオ会議を行うことができます。パソコン、モバイル デバイス、会議室のいずれからでも会議に参加できます。

ユーザー補助機能

  • スクリーン リーダーのサポート
  • 自動字幕起こし
  • キーボード ショートカット

メモ: ビデオ会議で字幕は録画されないため、録画の再生時に字幕は表示されません。

関連トピック

Google ミーティング ルーム ハードウェア

Google ミーティング ルーム ハードウェアを使用すると、音声会議およびビデオ会議に参加できます。

ユーザー補助機能

  • 音声フィードバック
  • 自動字幕起こし
  • 従来のハングアウト用の高コントラスト モード

メモ: ビデオ会議で字幕は録画されないため、録画の再生時に字幕は表示されません。

関連トピック

Google スプレッドシート

スプレッドシートを作成、編集、共同編集できます。

ユーザー補助機能

  • スクリーン リーダーのサポート(通知および共同編集者の情報の読み上げなど)
  • スプレッドシートの読み上げと編集、スプレッドシート間の移動のためのキーボード ショートカット
  • スプレッドシートの読み上げおよび編集用の点字ディスプレイのサポート
  • 拡大鏡のサポート
  • グラフと画像の代替テキストに対応

関連トピック

Google サイト

非公開のウェブサイト、特定のユーザーと共有するウェブサイト、ウェブ上のすべての人に公開するウェブサイトを作成できます。

ユーザー補助機能

  • スクリーン リーダーのサポート
  • サイトの編集、サイト間の移動のためのキーボードショートカット

関連トピック

Google スライド

プレゼンテーションを作成、編集、共同編集できます。

ユーザー補助機能

  • スクリーン リーダーのサポート(通知および共同編集者の情報の読み上げなど)
  • スライドの読み上げと編集、スライド間の移動のためのキーボード ショートカット
  • プレゼンテーションの読み上げおよび編集用の点字ディスプレイのサポート
  • 拡大鏡のサポート
  • スピーカー ノートの音声テキスト入力
  • 自動クローズド キャプションの付いたプレゼンテーションの表示
  • 画像の代替テキストに対応

関連トピック

Google Voice

Google Voice を使用すると、通話、テキスト メッセージとボイスメールの送信ができます。Google Voice の電話番号は、ウェブブラウザとモバイル デバイスを使用して国内外に発信できます。

ユーザー補助機能

  • スクリーン リーダーのサポート
  • キーボードでアクセス可能

関連トピック

サポートとフィードバック

注: このガイドでは、Google のサービスとサードパーティのスクリーン リーダー(JAWS、NVDA、VoiceOver など)およびブラウザ(Mozilla Firefox など)の連携や、おすすめの設定についてご案内しています。

ただし、サードパーティ製品の設定に関する技術サポートは提供しておりませんので、設定とサポートに関する最新情報については、その製品のウェブサイトをご参照ください。コンサルティング サービスをご希望の場合は、Google Cloud パートナー ディレクトリをご参照ください。


Google、Google Workspace、および関連するマークとロゴは、Google LLC の商標です。その他すべての企業名および商品名は、関連各社の商標または登録商標です。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
false