Google Cloud Directory Sync について

Google Cloud Directory Sync(GCDS)を使用すると、Google アカウントのデータを Microsoft Active Directory または LDAP サーバーと同期できます。GCDS によってコンテンツ(メール、カレンダーの予定、ファイルなど)が Google アカウントに移行されることはありません。GCDS では、Google ユーザー、グループ、共有の連絡先が、LDAP サーバーの情報と一致するように同期されます。

GCDS を使用してデータを同期するメリット

GCDS の仕組み

始めにユーザーが、データ リストの生成方法を指定するルールを設定します。同期中、このリストが LDAP サーバーから書き出されます。GCDS は Google アカウントに接続し、ユーザーが指定したユーザー、グループ、共有の連絡先のリストを生成します。

次に GCDS はこの 2 つのリストを比較し、データが一致するように Google アカウントを更新します。同期が終わると、処理のモニタリングに役立つメールレポートが届きます。

次のステップ

同期を設定する前に、GCDS のおすすめの使用方法をご確認ください。

Google、Google Workspace、および関連するマークとロゴは、Google LLC の商標です。その他すべての企業名および商品名は、関連各社の商標または登録商標です。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。