自宅またはオフィスで試験を受ける場合

 

遠隔監視オンライン試験を受ける場合は、試験セッション中に次のような行為や状態を避けてください。試験中に意図的または意図せずにセキュリティ プロトコルに違反すると、セッションが停止され、試験結果が拒否されることがあります。これには次のような例が含まれますが、これらに限定されません。

 
  1. 試験内容を読み上げる
  2. 大きな声で話したり、部屋にいる他の人に話しかけたりする
  3. カメラの視野の外に出たり、映像が失われたり、映像の解像度が低かったりして、遠隔監視が妨げられる(遠隔監視オンライン試験の場合)
  4. 試験を補助する道具(書籍、紙、筆記具、電話など)を使用する
  5. 無効なキーストローク(例: PrintScreen)を使用する
  6. 雑音が多すぎたり、音声に関する他の問題があったりして遠隔監視が妨げられる(遠隔監視オンライン試験の場合)
  7. セキュリティが確保された試験エリア内に他の人がいる
  8. 試験用品を盗もうとする、またはそう疑われる行動をする
  9. Sentinel が終了する前、ウェブカメラがオンの間に暫定結果の写真を撮る。試験の暫定結果は試験完了後に Webassessor アカウントで見ることができます。

さらにサポートが必要な場合

次の手順をお試しください。