再認定

 

Google Cloud テクノロジーは絶えず進化しています。そのため、最新のテクノロジーやプラットフォームに関するスキルを持ち合わせていることを証明するために、再認定を受けていただく必要があります。Google Cloud のすべてのアソシエイト認定資格とプロフェッショナル認定資格は、認定を受けた日から 2 年間有効です。Cloud Digital Leader 認定資格は、認定を受けた日から 3 年間有効です。認定資格を維持し、認定書番号(シリーズ ID)を引き続き使用するには、再認定を受ける必要があります。Google Cloud Certified として認定されると、再認定に向けて 50% の割引コードを特典として受け取ることができます。

 

詳しくは、以下のよくある質問をご覧ください。

再認定を受けるべき時期には通知されますか?

はい。認定資格が有効期限切れになる 90 日前、60 日前、30 日前に更新通知が届きます。お知らせメールは、試験登録時に Kryterion の Webassessor に入力したメールアドレスに送信されます。

60 日間の再認定期間が始まる前に再認定を受けることはできますか?

いいえ。認定資格の有効期限の 60 日前から始まる再認定資格期間内でない限り、認定期間中に同じ試験を受験することはできません。この規約に違反した場合、試験結果は承認されず、受験料の払い戻しも請求できません。また、現在の認定資格が取り消され、Google Cloud 認定資格プログラムに参加できなくなる場合があります。

認定資格の有効期限が切れたという通知が届きませんでした。どうなりますか?

Google Cloud では、Google Cloud 認定資格についてのお知らせはすべて、Webassessor プロフィールに記載されているメインのメールアドレスを使用します。通知用メールアドレスの更新が必要な場合は、Google にご連絡ください。

認定資格の有効期限が切れました。どうなりますか?

再び認定資格を得るには、認定試験を再度受験する必要があります。認定資格の有効期限が切れた後に受験した場合、認定資格は更新されず、新しい認定資格のシリーズ ID が割り当てられます。また、正規の受験料を支払う必要があります。

ベータ版の試験に合格すると、再認定されますか?

はい。ベータ版試験は認定ステータスに関係なく受験できます。すでに認定を受けている場合、ベータ版試験に合格すると再認定となり、2 年間の認定期間が再開されます。ベータ版試験は 1 回のみ受験できます。ベータ版試験に合格しなかった場合は、最終版試験が一般公開されるのを待ってからもう一度受験してください。ベータ版試験に不合格となった場合でも、最終版試験の受験回数(4 回)制限にはカウントされません。ベータ版試験について詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

 

Google Cloud 認定資格のメリット

さらにサポートが必要な場合

次の手順をお試しください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
5075167
false
false