遠隔監視オンライン試験

すべての Google Cloud 認定資格試験は、Kryterion 社のオンライン遠隔監視(OLP)サービスを使用して、同社の Webassessor 配信プラットフォームでリモートで受験できます。遠隔監視オンライン試験を予約する前に、以下の要件とよくある質問をご確認ください。

 

受験場所と技術要件:

受験者向けチェックリストと技術要件を確認してください。受験場所の要件と試験当日の遠隔監視プロセスについて詳しくは、こちらの動画をご覧ください。

試験当日までに、受験要件、推奨事項、禁止事項を確認してください。

試験セッション中に次のような行為や状態を避けてください。試験中に意図的または意図せずにセキュリティ プロトコルに違反すると、セッションが停止され、試験結果が拒否されることがあります。これには次のような例が含まれますが、これらに限定されません。

  1. 試験内容を読み上げる
  2. 大きな声で話したり、部屋にいる他の人に話しかけたりする
  3. カメラの視野の外に出たり、映像が失われたり、映像の解像度が低かったりして、遠隔監視が妨げられる(遠隔監視オンライン試験の場合)
  4. 試験を補助する道具(書籍、紙、筆記具、電話など)を使用する
  5. 無効なキーストローク(例: PrintScreen)を使用する
  6. 雑音が多すぎたり、音声に関する他の問題があったりして遠隔監視が妨げられる(遠隔監視オンライン試験の場合)
  7. セキュリティが確保された試験エリア内に他の人がいる
  8. 試験用品を盗もうとする、またはそう疑われる行動をする
  9. Sentinel が終了する前、ウェブカメラがオンの間に暫定結果の写真を撮る。暫定結果は、試験完了後に Webassessor アカウントに表示されます。

 

本人確認の要件:

オンライン試験監督による本人確認の際は、政府機関発行の写真付き身分証明書を提示してください。受験者の氏名が政府機関発行の写真付き身分証明書の名前と一致している必要があります。一致していない場合は受験できず、受験料は返金されません。予約した試験日より前に氏名を更新する場合は、Google サポートにご連絡ください

 

試験に関するよくある質問:

遠隔監視の認定試験は書籍持ち込み可能な試験ですか?

いいえ。書籍持ち込み可能な試験ではありません。Google Cloud 認定資格試験では、メモや許可されていない資料などを使用することはできません。デスクトップ パソコンまたはノートパソコン以外はすべて片付けてください。許可されていないものを試験中に使用した場合は不正行為として報告されたうえで、受験資格または再受験資格のはく奪、あらゆる Google Cloud 認定資格の取り消し、Google 独自の判断による取引関係の終了といった措置がとられます。

 

遠隔監視オンライン試験ではどのような再受験ポリシーが適用されますか?

再受験ポリシーには、試験の実施方法や言語による違いはありません。実施方法や受ける言語にかかわらず、受験するたびに受験回数制限の対象としてカウントされます。また、再受験が可能となるまでの期間も受験回数に応じて適用されます。再受験のポリシーを守らず別の名前や他の手段で登録した場合は、試験規約に違反するとみなされ、認定資格が認められなくなったり、取り消されたりします。

 

遠隔監視オンライン試験の所要時間を教えてください。

試験の開始前にオンライン試験監督が受験者の本人確認を行い、適切な試験環境が確保されているかどうかを確認します。これには約 5~8 分かかります。試験が開始されると、試験時間として 120 分が与えられます。なお、ベータ版試験では 3~4 時間が与えられます。詳細については、各試験のページをご覧ください。

 

試験中に休憩をとることはできますか?

試験中に休憩をとることはできません。中断することなく試験を受けられるように準備してください。試験中に休憩をとった場合は不合格になります。

 

健康上の理由で特別な配慮が必要な場合は、予約した試験日時より前にその旨を申請してください。予約した遠隔監視オンライン試験の少なくとも 1~2 週間前までに Google サポートにご連絡ください。

 

予約した試験日時よりも早い / 遅い日時に受験できますか?

試験を開始できるのは、予約した試験日の開始時刻の 10 分前から 20 分後までです。その時間帯に試験を開始しなかった場合、セッションは自動的にキャンセルされ、受験料は払い戻されません。この場合は、再登録してもう一度受験料を支払う必要があります。

 

現在、オンサイト監視試験の受験を予定しています。遠隔監視オンライン試験に変更することはできますか?または遠隔監視オンライン試験からオンサイト監視試験に変更できますか?

はい。予約した試験開始時刻の 72 時間前までにオンサイト試験をキャンセルすると全額が返金されます。その後、遠隔監視オンライン試験に再登録してください。これには、Webassessor でセルフサービスのインターフェースを使用します。クーポンを使用していた場合、遠隔監視オンライン試験の登録でそのままご利用いただけます。

 

受験方法を遠隔監視オンライン試験からオンサイト試験に変更する場合は、試験開始時刻の 24 時間前までにキャンセルしてオンサイト試験に再登録してください。どちらの受験方法でも受験料は同じです。

 

予約した日時に受験することができません。予約を変更するにはどうすればよいですか?

予約した日時の 24 時間前までなら、Google Cloud Webassessor アカウントにログインして試験の予約を変更できます。予約した試験開始時刻の 24 時間前以降に試験の日時を変更した場合、変更手数料がかかります。試験開始時刻の 24 時間以内に試験をキャンセルした場合も、手数料がかかります。

やむをえない事情により試験に関する規約を満たすことができない場合は、状況に応じて、例外的に試験料の全額または一部が払い戻されることがあります。例外的な状況に該当すると思われる場合は、Google までお問い合わせください。その場合は、状況を証明できる有効な書類が必要となります。リクエストを審査したうえ、Google の裁量で全額または一部の払い戻しが認められます。

 

遠隔監視オンライン試験を受けているときに技術的な問題が発生しました。試験を再登録して別の日時に予約できますか?

Google または Kryterion は、インターネットの接続不良、受験者側の低帯域幅、システム要件や技術的要件の欠落が試験開始前までに解決できなかったことに起因するセッションの障害に関して一切責任を負いません。Kryterion の技術者が受験セッションの再開を試みますが、セッションをすぐに再開できなくても試験の内容が表示されていた場合は、受験回数がカウントされ、再受験ポリシーが適用されます。再登録する場合は、待機期間の終了後に Webassessor で行ってください。なお、受験料は毎回お支払いいただく必要があります。

 

技術的な問題により、セッションを完了できません。どこに問い合わせればよいですか?

試験中のオンライン試験監督との接続に関する問題や技術的な問題については、Kryterion のテクニカル サポートチームにチャットで問い合わせるか、メールでご連絡ください。

 

遠隔監視オンライン試験の際に使用できるものは何ですか?

試験時に、外部モニター、メモ用紙、筆記具、スマート デバイス、ウェアラブル、食べ物、水などを持ち込むことはできません(ただしこれらに限定されません)。

 

オンライン試験監督官に周りの私物を見られることはありますか?

各試験のオンライン監視の一環として、Google または Google 公認の代理人が適切なセキュリティを確保するために、受験者の受験セッションのライブ ウェブキャスト(周りの私物も含む)を録画または監視する場合があります。また、受験者との通信や試験の記録を行うこともあります。収集される個人情報とその利用方法や、Google Cloud Certified プログラムに関連する情報の保管について詳しくは、試験利用規約をご確認ください。遠隔監視オンライン試験が合わない方もいらっしゃいます。オンラインでの遠隔監視に不安を覚える場合は、試験会場での試験を予約してください。

さらにサポートが必要な場合

次の手順をお試しください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
5075167
false