Google Cloud 認定資格の概要

 

職務ベースの Google Cloud 認定資格は、Google Cloud テクノロジーを使用した特定の職務の遂行能力を評価するものです。厳正に開発された業界標準の手法を使用して、各職務に必要な知識、スキル、能力の評価が行われます。Google Cloud 認定資格は、個人のキャリア開発の促進と、高いスキルと実践力を備えたチームの構築に役立ちます。

すべての Google Cloud 認定資格は、ジョブタスク分析(JTA)と呼ばれる一定の形式に沿った調査から始まります。JTA では対象分野のエキスパートが特定の職務でのタスクの実行に必要な知識、スキル、能力、経験を特定し、詳細な職務の説明を作成します。これらのスキルについては、ウェブサイトで公開している試験別のガイドと職務の説明に記載されています。

試験ガイドには、試験問題作成のための構想と、受験者へのガイダンスが記載されています。試験ガイドに書かれているすべてのトピックの質問に回答できるようにしておくことをおすすめしますが、試験ガイド内のすべてのトピックが出題されるわけではありません。

受験者が試験に合格し、Google が試験結果を確認すると、デジタルバッジと証明書が発行されます。各証明書には、Google Cloud 認定資格の取得者リストにおける受験者の順位が記載されています。

試験の詳細で特に示されていない限り、Google Cloud のすべての認定資格は認定を受けた日から 2 年間有効です。認定資格を維持するには、再認定を受ける必要があります。認定資格が有効期限切れになる 90 日前、60 日前、30 日前に更新通知が届きます。

基礎的な認定資格を探す

基礎レベル

Google Cloud の実務経験は必要ありません

職務ベースの認定資格を探す

Associate

Google Cloud での構築経験が 6 か月以上を推奨

Professional

業界での職務経験が 3 年以上あり、Google Cloud の使用経験が 1 年以上を推奨

      

  

エキスパート レベルの認定資格を探す

エキスパート レベル

専門的な経験が 10 年以上と、Anthos を使用したエンタープライズ ソリューションの設計経験が 1 年以上を推奨

さらにサポートが必要な場合

次の手順をお試しください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
5075167
false