Chrome OS Flex と CloudReady の違い

予定されている Chrome OS Flex Stable 版のリリースに伴い、標準のバックグラウンド更新プロセスによってすべてのエディションの CloudReady が Chrome OS Flex に自動的にアップグレードされます。Chrome OS Flex では個別のエディションは用意されません。すべての CloudReady デバイスが同一の新しい Chrome OS Flex イメージで更新されます。

Chrome OS Flex と CloudReady には以下のような違いがあります。必要に応じてユーザーと内容を共有してください。

CloudReady Home エディション

  • システムへのアクセスの削減: セキュリティ強化のために、Chrome OS Flex では、現在 CloudReady Home エディションで可能な一部のシステムレベル アクセスが許可されなくなります。
    • シェルを使用したコマンドライン アクセス
    • テレタイプ(TTY)を使用したコマンドライン アクセス
    • rootFS 検証を無効にする機能
      注: Chrome OS との一貫性の観点から、こうした開発モードの機能をユーザーが必要に応じて再度有効にできるよう今後の改善が計画されています。
  • 登録の許可: デバイス管理のための Google ドメインへの登録が制限されなくなります。Chrome OS Flex デバイスを登録するには、Chrome Enterprise Upgrade または Chrome Education Upgrade が必要です。管理対象のデバイスごとに単体のアップグレード ライセンスを購入する必要があります。詳しくは、Chrome Enterprise の注文オプションをご覧ください。

CloudReady の Education エディションと Enterprise エディション

  • my.Neverware: 以前お知らせしたとおり、Chrome OS Flex への更新後は、Neverware エンドポイントとのやり取りや my.neverware.com への更新情報の送信をデバイスで実行できなくなります。データ管理はすべて、Google 管理コンソールから行います。以下のような重要な変更点があります。
    • 一部のハードウェア データは、変更されるか、ご利用いただけなくなる場合があります。
    • Mandatory Enterprise Enrollment はご利用いただけなくなります。
    • my.Neverware のサポートの終了とお取りいただける対応については、Neverware のドキュメントをご覧ください。
  • ライセンス: CloudReady の Education エディションおよび Enterprise エディションとは異なり、Chrome OS Flex では個別のライセンス費用がかかりません。
    • 購入するライセンス数の下限が設定されていません。
    • サポートを利用するには、Chrome Education Upgrade または Chrome Enterprise Upgrade の購入と登録が必要です。
  • シリアル番号: Chromebook と同様に、Chrome OS Flex の新規インストールでは、デバイスのシリアル番号(利用可能かつ有効な場合)がメインの一意の識別子として使用されます。
    • 有効なシリアル番号を検出できない場合は、MAC アドレスなどの代替値が使用されます。
    • 現在 CloudReady を利用しており、Chrome OS Flex に更新されるデバイスの一意の ID は、連続性の観点から変更されません。引き続き管理コンソールで CloudReady-XX:XX:XX:XX:XX:XX と表示されます。
    • CloudReady と異なり、新しい Chrome OS Flex デバイスでは、CloudReadyChrome OS Flex がデバイスのシリアル番号の前に追加されません。Chrome OS Flex デバイスは、Google 管理コンソールにあるデバイスの [モデル] 項目で識別できます。
  • USB ライブブート: Chrome OS Flex では、USB から実行中のときもログインとシステムの使用が可能です(完全にインストールすることもできます)。
    注: 登録と OS の更新を行えるのは、ディスクへの完全なインストール後のみです。
  • Linux 開発環境: 適合性のあるハードウェアでは、管理者ポリシーで許可されている場合に Linux 環境をインストールできます。
  • サポート: Chrome OS Flex サポートは、Chrome OS のデバイス サポートとの一貫性を高めるために、次のように調整される予定です。
    • 登録されている認定モデルのみがサポート対象になります。詳しくは、認定モデルリストをご覧ください。
    • サポートには、管理コンソールを使用してアクセスできます。

すべての CloudReady エディション

  • OS の改良: Chrome OS Flex は CloudReady の改良版であり、以下のように Chrome OS との共通点が増えています。
    • 公式 Chrome ブラウザ: 公式 Chrome ブラウザ、色、ロゴ
    • 更新サイクル: リリース サイクルは Chrome OS と同様です
    • Google アシスタント: Chrome OS と同様に Google アシスタントがサポートされます
    • 位置情報: 位置情報の精度、設定、ポリシーは Chrome OS と同様です
    • ファミリー リンク アカウント: 管理対象のファミリー リンク アカウントを作成、使用できます
    • 接続されたデバイス: 接続されたデバイスの設定や統合(Smart Lock、インスタント テザリングなど)が可能になりました
    • ニアバイシェア: ファイルやウェブページを付近のデバイスと共有できます
    • 管理コンソールからのリモート デスクトップ操作: 管理コンソールから管理対象デバイスをリモート管理できます
  • インストール手順の簡素化: 以下の変更によって、Chrome OS Flex は個人や組織のお客様により簡単に導入していただけるようになっています。
    • ダウンロード対象のイメージは 1 つ: Chrome OS Flex では、CloudReady の Home、Enterprise、Education エディションに代わる単一のイメージが、すべてのユーザーとお客様向けに提供されます。
    • Chrome リカバリ ユーティリティによる USB インストーラの作成: Chrome OS Flex のインストーラ USB は、Chrome リカバリ ユーティリティ ブラウザ拡張機能のみを使用してすばやく簡単に作成できます。Neverware の Automatic USB Maker は提供が終了します。
    • Chrome OS Flex をダウンロードしてインストールする方法をご覧ください。
  • 新しい利用規約: CloudReady からの更新後は、デバイスデータの管理と使用に関する新しい規約が Chrome OS Flex デバイスに適用されます。
    • 管理対象でないデバイスの所有者(最初のまたはメインのユーザー プロファイル)は、初めてログインしたときに、この規約を確認して同意する必要があります。
    • 管理対象の CloudReady デバイスの管理者は、更新された規約が記載されたお知らせを別途メールで受け取ります。また、これらの変更に同意しない場合、更新を中止できます。
    • プライバシー ポリシー、利用規約、エンドユーザー ライセンス契約などの Neverware の規約は、Chrome OS Flex には適用されなくなります。
    • Google 利用規約ハードウェア データの収集をご覧ください。
  • データと指標: Chrome OS Flex デバイスによってハードウェアのデータまたは指標が共有される際は、次のようなデータが Google サーバーに直接送信されます。
    • フィードバック ログ - ユーザーの裁量で設定可能
    • 指標、障害レポート、ハードウェア情報 - 有効にしている場合
    • 更新を管理、フィルタするためのハードウェア データ
    • Neverware のドキュメントに記載されている URL は Chrome OS Flex にはあてはまりません

Chrome OS Flex と CloudReady の共通点

  • 認定モデル: CloudReady と同様に、Chrome OS Flex でもユーザーやお客様から特にご要望の多かった Windows、Mac、Linux モデルの認定、テスト、リストアップを実施し、ハードウェアのサポートを管理します。
    • Chrome OS Flex でも、引き続き認定モデルリストにサポート対象のモデルと重要な詳細情報を記録します
    • 認定モデルリストに記載されており、かつ Chrome Enterprise Upgrade または Chrome Education Upgrade の購入と管理コンソールでの登録が完了しているモデルのみがサポート対象になります
  • 存在しない機能: CloudReady で提供されていない一部の重要な機能は、Chrome OS Flex でもサポートされていません。次のような機能が該当します。
    • Play ストア / Android アプリ
    • ゼロタッチ登録
    • 強制再登録
    • Parallels Windows 仮想マシン
    • 確認付きブート

Chrome OS Flex と Chrome OS の違いの一覧を確認するには、Chrome OS Flex と Chrome OS の違いをご覧ください。

CloudReady から Chrome OS Flex に更新しない場合の対応

今後、既存のすべての CloudReady デバイスに対して Chrome OS Flex のさまざまな改善が適用される予定です。ただし、変更と更新を希望しない場合は、次のオプションをご利用いただけます。

  • 管理対象外のデバイス: Chrome OS Flex への更新を無効にするには、CloudReady デバイスの使用を停止するか、Neverware のドキュメントに記載されている CloudReady の更新 URL とのネットワーク通信をすべてブロックする必要があります
  • 管理対象デバイス: 管理者は管理コンソールを使用して更新を無効にすることができます

注: 更新をオフにしたりブロックしたりすると、デバイスで古いバージョンのソフトウェアが実行され、故障や誤動作、安全性の低い動作が発生することがあります。Stable 版への更新が利用可能になったら、できるだけ早く Chrome OS Flex に更新されることをおすすめします。

関連トピック

Google および関連するマークとロゴは Google LLC の商標です。その他すべての企業名および商品名は関連各社の商標です。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
false
false
false
false