検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

Chrome devices for meetings の設定を管理する

Chrome devices for meetings の設定を確認、変更、更新するには、Google 管理コンソールを使用します。ログインして各設定を行うには、G Suite 管理者の認証情報が必要です。

G Suite をご利用でない場合は、ドメインでデバイスを登録できますが、Chrome devices for meetings の設定の確認や変更をしたり、ユニットとカレンダーと関連付けたりすることはできません。詳細をご覧ください。

よく使用する設定
特定のデバイスの設定を変更する
  1. Google 管理コンソールにログインします。
  2. [端末管理] をクリックします。
  3. 左側の [Chrome devices for meetings] をクリックします。
  4. [Chrome devices for meetings] をもう一度クリックします。
  5. 左側で、設定を適用する組織部門を選択します。ドメインに登録されているデバイスのリストが表示されます。
  6. (省略可)複数のデバイスの設定を変更する場合は、各デバイスの横にあるチェックボックスをオンにして [その他の操作] をクリックします。こうすると、次の操作を行えます。
  7. (省略可)1 台の端末の設定を変更する場合は、端末名をクリックすると次の操作を行えます。
すべての端末の設定を変更する

ドメイン内のすべての Chrome devices for meetings に以下の設定を適用することもできます。

  1. Google 管理コンソール にログインします。
  2. [端末管理] をクリックします。
  3. 左側の [Chrome devices for meetings] をクリックします。
  4. [設定とポリシー] をクリックします。
  5. 設定の適用先となる組織部門を選択します。
  6. [設定とポリシー] ページで次の設定を変更できます。
    • 自動更新の設定 - Chrome OS を新しいバージョンに自動更新するかどうかを指定します。

      リリース チャンネルを Stable に設定すると、自動更新の設定は無効になり設定できなくなります。Chrome devices for meetings の信頼性と安定性を高く維持するために、OS の更新はハングアウト アプリケーションによって管理されます。

    • リリース チャンネル - デバイスのリリース チャンネルを指定します。
    • G Suite 管理者やドメイン管理者の連絡先の詳細 - メールアドレスや携帯電話番号を指定します。
    • ステータスのアラート配信 - アラートの配信方法(メールまたは SMS)を指定します。
    • ログとレポート: トラブルシューティング、診断 - 端末ログを生成して管理者に転送したり、トラブルシューティングのために Google に送信したりするかどうかと、送信する場合はその方法を指定します。
      • 送信されるメールにはデバイスと通話のログや診断は含まれません。
      • ユーザーからのフィードバック レポートを配信するには、[フィードバックをメールで受信する] チェックボックスをオンにします。レポートは、[G Suite 管理者やドメイン管理者の連絡先の詳細] に指定されたメールアドレスに送信されます。
    • 端末の報告 - ドメインの登録デバイスからデバイスの状態を報告するかどうかを指定します。
    • 匿名での統計情報の報告 - Google に統計情報を送信するかどうかを指定します。
    • スケジュールされた再起動 - 端末を再起動する頻度を日数で指定します。
    • 発信 - 電話への発信機能を有効にするかどうかを指定します。
    • タイムゾーン - 現在のタイムゾーンのままにするか、地域のタイムゾーンに設定するかを指定します。
    • カスタムの壁紙 - 端末にカスタムの壁紙をアップロードします。手順については、カスタムの壁紙をアップロードするをご覧ください。
    • スケジュールされた再起動 - デバイスが再起動する時刻を現地時間で指定します。指定しない場合は、デフォルトのオプションにより、使用されていない可能性が最も高い時間の再起動が選択されます。
  7. 下部の [保存] をクリックします。設定は通常、数分で有効になりますが、組織全体に反映されるまでには最長で 1 時間程度かかる場合もあります。
デバイスと周辺機器のステータスを確認する

デバイスのステータスを確認する

テキストやグレー表示のアイコンが表示されていない場合は、そのデバイスのステータスが不明であることを意味します。不明ステータスのデバイスを解決するには、ユニットを再起動します。
「is」プレフィックスを使用して、オンラインまたはオフラインのユニットを検索することもできます。それには検索ボックスに「is:online」または「is:offline」と入力します。

デバイスがオンラインの場合:

  • 管理コンソールのステータス列の横にある丸は、緑色です。
  • デバイスをクリックすると、「端末(オンライン)」と表示されます。

デバイスがオフラインの場合:

  • 管理コンソールのステータス列の横にある丸は、赤色です。
  • デバイスをクリックすると、「端末(オフライン)」と表示されます。

周辺機器(カメラ、マイク、スピーカー)がオンラインかどうか確認する

快適に通信できるように、Google に対応した周辺機器の使用をおすすめします。他の周辺機器も設置できますが、パフォーマンスが損なわれたり、端末がサポート対象ではなかったりすることもあります。

  1. Google 管理コンソールにログインします。
  2. [端末管理] をクリックします。
  3. 左側の [Chrome devices for meetings] をクリックします。
  4. [Chrome devices for meetings の表示と管理] をクリックします。
  5. 表示するデバイスを選択します。周辺機器の接続状況やサポート状況がアイコンで示されます。アイコンの意味は次のとおりです。
    • Yes は、周辺機器が接続され、正常に動作していることを示します。
    •   は、周辺機器が接続されているものの、サポートされていないことを意味します。[端末の稼働状況] をクリックすると、詳細情報が表示され、サポートされている別の周辺機器が接続済みで使用可能かどうかなどを知ることができます。
    •  Rejected は、その周辺機器に問題があることを示します。
    • アイコンがグレー表示になっている場合、その周辺機器がオンラインではないことを意味します。

周辺機器の問題を確認する

デバイスに接続された周辺機器に問題があることがわかった場合は、[端末の稼働状況] をクリックして、その周辺機器にどのような問題があるか詳しく確認します。診断テストを行って問題解決に役立てることもできます。

マイク付きスピーカー

マイク付きスピーカーは、一体型であっても、レポートには 2 つの端末として記載されます。マイク付きスピーカー端末が接続されている場合、イベント履歴には、マイクとスピーカーという 2 つの異なる端末として表示されます。

サポートされている周辺機器

音声入力

メーカー 端末名
Buddy bdw-rt5650: 内蔵マイク
Jabra Jabra SPEAK 410
RevoLabs FLX UC 500

音声出力

メーカー 端末名
Acer Chromebase for meetings bdw-rt5650: スピーカー
Jabra SPEAK 410
RevoLabs FLX UC 500

カメラ

メーカー 端末名
Logicool HD Pro ウェブカメラ C920
  HD Pro ウェブカメラ C920(046d:082d)
  ウェブカメラ C930e
  ウェブカメラ C930e(046d:0843)
  ConferenceCam(CC3000e)
  PTZ Pro Camera(046d:0853)
  HD ウェブカメラ(064e:9405)
  UVC Camera(046d:0823)
Vaddio RoboSHOT 12 USB

 

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。