Google Nest / Home デバイスでスマートライトを使用する

対応するスマートライト

Made For Google

Made For Google の電球を使用すると、Google Home アプリで最初から最後までセットアップできます。ブリッジまたはハブ、あるいはデバイス メーカーのアプリは必要ありません。

 

Made For Google の電球

Works with Google アシスタント

Works with Google アシスタントの電球は Google アシスタントに対応していますが、Made For Google ではありません。Works with Google アシスタントの電球をセットアップするには、Google Home アプリと電球メーカーのアプリの両方が必要です。また、電球メーカーのブリッジやハブが必要な場合もあります。Works with Google アシスタントの電球を製造している Google アシスタント パートナーをご確認ください。

電球をセットアップしてリンクする

Made For Google の電球

  1. Google Nest / Google Home のスピーカー / ディスプレイと同じ部屋に電球を取り付けます。
  2. スピーカー / ディスプレイをセットアップします(まだセットアップしていない場合)。
  3. Google Home アプリ Google Home アプリ を開きます。
  4. 左上にある追加アイコン [デバイスのセットアップ] [家にある新しいデバイスをセットアップ] をタップします。
  5. セットアップする電球を選択します。選択した電球が点滅します。
  6. [このデバイスを使う場所] で、電球がある部屋を選択します。
    1. 部屋を作成する場合は、[部屋を追加] をタップ 次の操作 部屋の名前を入力 次の操作 [次へ] をタップします。
  7. 固有の名前を付けます。音声コマンドで使用する電球の名前を入力してください。「読書灯」や「天井灯」のように、そのライトに合わせた名前をおすすめします。電球の名前に部屋の名前を含める必要はありません(どの部屋にあるかは先に識別されます)。
  8. スマートライトのセットアップ中、電球が数回点滅することがあります。
  9. ライトの準備が整ったら、[完了] をタップします。
  10. これでセットアップは完了です。スピーカーやディスプレイでライトを操作できるようになりました。

Works with Google アシスタントの電球

  1. 電球メーカーの手順に沿って電球をセットアップします。ブリッジやハブをセットアップしていない場合、セットアップが必要になることがあります。
  2. 使用するスピーカー / ディスプレイと同じ部屋に電球を取り付けて、点灯します。
  3. スピーカー / ディスプレイをセットアップします。
  4. Google Home アプリ Google Home アプリ を開きます。
  5. 左上にある追加アイコン [デバイスのセットアップ] [セットアップ済みデバイスのリンク] をタップします。
  6. 電球メーカーのロゴをタップ 次の操作 手順に沿ってセットアップを完了します。電球メーカーのアプリにログインするよう求められる場合があります。アプリのガイドに沿って、残りの手順を進めてください。

スピーカー / ディスプレイでライトを操作する

基本的な音声コマンド

目的: 「OK Google」と発声した後の音声コマンド例
ライトのオン / オフを切り替える 「<ライトの名前> をオン / オフにして」
ライトを暗くする 「<ライトの名前> を暗くして」
ライトを明るくする 「<ライトの名前> を明るくして」
ライトの明るさをパーセンテージで設定する 「<ライトの名前> を 50% にして」
ライトを暗く / 明るくする割合をパーセンテージで指定する

「<ライトの名前> を 50% 暗くして」

「<ライトの名前> を 30% 明るくして」

ライトの色を変更する 「<ライトの名前> を緑にして」
室内のすべてのライトをオン / オフにする 「<部屋の名前> のライトを全部オン / オフにして」
すべてのライトをオン / オフにする 「すべてのライトをオン / オフにして」

Google Home アプリを使用する

Google Home アプリ Google Home アプリ を開いて 次の操作 目的のライトをタップします。明るさのコントロールが表示されます。電球に色の設定がある場合は、色のコントロールも表示されます。

ルーティンで複数のライトをスケジュール設定して操作する

ルーティンを使用すると、ライトのスケジュールを設定し、1 つの音声コマンドで複数のライトを操作できます。

  1. Google Home アプリ Google Home アプリ を開きます。
  2. ルーティン アイコン 次の操作 [ルーティンを追加] をタップします。
  3. ルーティンを作成するには、ルーティンを開始するために Google アシスタントに話しかける音声コマンドを入力します。アプリに音声コマンドを入力する必要がありますが、ルーティンをスケジュール設定しておくと、設定された日時に音声コマンドなしでルーティンが開始されます。
  4. ルーティンをスケジュール設定するには、日時と使用するスピーカーを設定します。
  5. [操作を追加] をタップ 次の操作 Google アシスタントのコマンドを入力(省略可) 次の操作 [よく利用する操作] をタップ 次の操作 アシスタントで調整するすべてのライトと必要なその他のアクションを入力 次の操作 [追加] をタップします。
  6. 音声メディアを再生するコマンドを含めるには、[メディアを追加] 次の操作 再生するメディア 次の操作 [追加] をタップします。

ライトのニックネームを設定する

操作しやすいように、各電球にニックネームを付けます。

  1. ニックネームを作成または変更するには、Google Home アプリ Google Home アプリ を開きます。
  2. 対象の電球 次の操作 設定アイコン Settings icon 次の操作 [名前] を選択します。
  3. 名前を入力 次の操作 [保存] をタップします。

: ニックネームには部屋名や数字を含めないことをおすすめします。また、このニックネームは Google Home アプリにのみ表示されます。デバイス メーカーのアプリを使用している場合、このニックネームは表示されません。

電球を部屋に割り当てる

ライトの操作を簡単にするため、家の中の部屋に割り当てます。既存の部屋にライトを追加したり、新しい部屋を作成したり、新しい家を作成することもできます。

: 家のすべてのメンバーが家の中のすべてのライトを操作できます。

現在の家の既存の部屋に電球を追加する

  1. Google Home アプリ Google Home アプリ を開きます。
  2. 部屋に追加する電球をタップ 次の操作 設定アイコン Settings icon をタップ 次の操作 [部屋] をタップ 次の操作 部屋を選択 次の操作 [保存] タップします。

現在の家の新しい部屋に電球を追加する

  1. Google Home アプリ Google Home アプリ を開きます。
  2. 部屋に追加する電球をタップ 次の操作 設定アイコン Settings icon をタップ 次の操作 [部屋] をタップ 次の操作 下にスクロールして [部屋を追加] をタップ 次の操作 部屋名を入力 次の操作 [保存] をタップします。

別の家の部屋に電球を追加する

  1. Google Home アプリ Google Home アプリ を開きます。
  2. 部屋に追加する電球をタップ 次の操作 設定アイコン Settings icon をタップ 次の操作 [] をタップ 次の操作 家を選択 次の操作 [次へ] をタップ 次の操作 部屋を選択 次の操作 [次へ] をタップします。

スピーカー / ディスプレイとライトのリンクを解除する

  1. Google Home アプリ Google Home アプリ を開きます。
  2. 対象のライト 次の操作 設定アイコン Settings icon 次の操作 [デバイスの削除] 次の操作 [削除] を選択します。

製品固有の情報

C by GE

スピーカー / ディスプレイ 1 台に対して最大 6 個の C by GE スマート電球を接続できます。

C by GE スマート電球を C by GE アプリから Google Home アプリに移行する

すでに C by GE アプリで電球をセットアップしている場合は、C by GE アプリから電球を削除し、Google Home アプリでセットアップすることができます。

C by GE ライトを点灯します。この操作の前に電球を点灯する必要があります。

C by GE アプリから電球を削除します。これにより、電球が出荷時設定にリセットされます。出荷時設定へのリセットが完了すると、電球が 3 回点滅します。点滅しない場合は、手動で出荷時設定にリセットする必要があります。リセット手順は、電球のファームウェアのバージョンによって異なります。最初に掲載されているリセット手順が機能しない場合は、ファームウェアのバージョンが古いため、2 つ目のリセット手順を使用する必要があります。

Google Home アプリ Google Home アプリ を開き、Made For Google のセットアップ手順に沿って操作します。

注: Google Home アプリでセットアップした後、ファームウェアの最初の更新中に、電球が点滅することがあります。

C-Sleep 電球の色調整の音声コマンド

目的: 「OK Google」と発声した後の音声コマンド例
C-Sleep スマート電球の色を爽やかな明るい Vibrant に設定する 「ライトを昼光色にして」
C-Sleep 電球の色を日常生活向けの Active に設定する 「ライトを昼白色にして」
C-Sleep 電球の色を穏やかな Calm に設定する 「ライトを電球色にして」
C-Sleep スマート電球の色温度を変更する 「ライトを 2,700 ケルビンにして」(2,000~7,000 の範囲)

 

スピーカー / ディスプレイと電球のリンクを解除する

注: 各 C by GE スマートライトのリンクを個別に解除することはできません。C by GE のリンクを解除する手順で 1 つの電球を削除すると、C by GE ライトのすべての電球が削除されます。

  1. 電球が点灯していることを確認します。
  2. Google Home アプリ Google Home アプリ を開きます。
  3. C by GE の電球を選択します。
  4. 設定アイコン Settings icon 次の操作 [デバイスの削除] 次の操作 [削除] をタップします(これにより、GE のすべての電球が削除されます。現在、C by GE の電球を個々に削除することはできません)。

セットアップ中に Google Home アプリで電球が検出されない場合

注: 対象の電球が Google Home アプリにも C by GE アプリにも表示されていない場合、通常はその電球を出荷時設定にリセットする必要があります。電球のファームウェアが古い場合もあります。最初に記載されている手順が機能しない場合は、2 つ目の手順に進みます。

電球が応答しない場合

  • ソケットに通電していることを確認します。壁にあるスイッチがオンになっていることを確認します。
  • 電球を消灯してから、点灯します。電球が通電してからスピーカー / ディスプレイに再接続するまで 1 分ほどかかる場合があります。ライトを操作して、正常に動作するか確認します。点灯すれば完了です。
  • 別のライトまたはソケットで電球を試します。
  • 上記の手順で問題が解決しない場合は、C by GE 電球を出荷時設定にリセットして、セットアップし直してみることをおすすめします。

「エラーが発生しました」というメッセージが表示された場合

  • 電球とスピーカー / ディスプレイとの間の信号強度が十分ではない可能性があります。信号強度を上げるには、電球とスピーカー / ディスプレイを近づけます。4.5 m 以内にしてください。
  • 操作するユーザーがその電球のセットアップされた家のメンバーではない可能性があります。その家を作成したユーザーに、家のメンバーとして追加してもらいます
  • スピーカー / ディスプレイや C by GE スマート電球の近くにある別のデバイスが干渉を引き起こしている可能性があります。Wi-Fi ルーターや、コードレス電話、電子レンジ、Bluetooth スピーカーなどが近くにある場合は、できる限り遠ざけてください。
  • 1 台のスピーカー / ディスプレイに対して、あまりに多くの C by GE スマート電球を接続しようとしている可能性があります。1 台のスピーカー / ディスプレイに対して追加できる電球は最大 6 個です。

上記の手順で問題が解決しない場合は、スピーカー / ディスプレイに関するフィードバックをお送りください

C by GE スマート電球を出荷時設定にリセットする

  1. すべての電球を点灯していることを確認します。
  2. 電球を出荷時設定にリセットします。リセット手順は、電球のファームウェアのバージョンによって異なります。最初に掲載されているリセット手順を完了した後に電球が 3 回点滅しなかった場合は、2 つ目のリセット手順を行う必要があります。
  3. 電球のセットアップに使用するスピーカー / ディスプレイを再起動します。その後、Google Home アプリを使用して、電球を再セットアップします。

電球が C by GE アプリに接続している場合、C by GE アプリから電球のリンクを解除することで出荷時設定にリセットすることもできます。アプリからリンクが解除されると電球は 3 回点滅します。それにより、出荷時設定にリセットされたことを確認できます。

Philips Hue

Philips Hue のシーンに関する音声コマンド

 

目的:

「OK Google」と発声した後の音声コマンド例

シーンを有効にする

「<シーンの名前> を有効にして」または「<シーンの名前> を設定して」

「<部屋名> を <シーン名> に設定して」

シーンを無効にする

「<シーン名> を無効にして」

 

Philips Hue ブリッジとスピーカー / ディスプレイをペア設定できない場合

  1. 「OK Google, すべてのデバイスを同期して」と発声します。
  2. Philips Hue ブリッジが次の状態になっているかどうかを確認します。
  3. Philips Hue ブリッジの電源が入っているか確認します。
  4. ブリッジが Wi-Fi ルーターに接続されているか確認します。
  5. ブリッジの上部のライトがすべて点灯しているか確認します。
  6. スピーカー / ディスプレイと Philips Hue ブリッジが同じ Wi-Fi ネットワーク上にあり、同じルーターに接続しているか確認します。
  7. スピーカー / ディスプレイを再起動して、Philips Hue ブリッジを再起動します。

一般的なトラブルシューティング

トラブルシューティングの前のチェックリスト

  1. スピーカー / ディスプレイの電源は入っていますか?
  2. スピーカー / ディスプレイがお使いの Wi-Fi ネットワーク上で正しくセットアップされていますか?
  3. スマート電球が同じ Wi-Fi ネットワーク上で正しくセットアップされていますか?
  4. 上記のサポートされる音声コマンドを使用していますか?
  5. ライトがデバイス メーカーのアプリでもセットアップされている場合、そのアプリでライトを操作できますか?

トラブルシューティングの手順

  • モバイル デバイス、スピーカー / ディスプレイ、スマート電球が、すべて同じ Wi-Fi ネットワークに接続されているか確認します。ブリッジを使用している場合は、ブリッジの Wi-Fi ネットワークもチェックします。
  • モバイル デバイスとスピーカー / ディスプレイが、同じ Google アカウントにリンクしているか確認します。
    • 表示されている Google アカウントが、スピーカー / ディスプレイにリンクしている Google アカウントであるか確認します。アカウントを切り替えるには、別のアカウントをタップするか、[別のアカウントを追加] をタップします。
    • スピーカー / ディスプレイのアカウントをチェックするには、Google Home アプリ Google Home アプリ を開いて 次の操作 対象のデバイス 次の操作 設定アイコン Settings icon 次の操作 [リンク済みアカウント] を選択します。
  • Google Home アプリ内で電球がリンクされているか確認します。
    • Google Home アプリ Google Home アプリ を開き 次の操作 [ローカル デバイス] までスクロールします。
    • ライトが表示されない場合は、Google Home アプリを強制終了して、もう一度お試しください。
    • それでもライトが表示されない場合は、Google Home アプリでライトを再びセットアップしてください。
  • 「OK Google, すべてのデバイスを同期して」と話しかけます。
  • 電球の名前を変更します。
    • ライトの名前から部屋の名前を削除します。たとえば、「寝室のデスクライト」の代わりに「デスクライト」を使用します。
    • ライトの名前から数字と特殊文字を削除します。たとえば、「ライト #1」の代わりに「お気に入りのライト」を使用します。
    • すべての電球に一意の名前を付けます。たとえば、「読書灯とテレビのライト」の代わりに「右のソファサイド ライト」と「左のソファサイド ライト」を使用します。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。