Chrome からハングアウトや Cast for Education クラウド サービスにキャストする

Chrome を使用して、他の Google ハングアウト参加者や Cast for Education ユーザーとコンテンツを共有できます。以下では、クラウド サービスの概要と利用開始手順について詳しく説明します。


クラウド サービスについて
クラウド サービスでは、Google ハングアウトや Cast for Education レシーバー アプリなどのサービスを使って、ブラウザのタブやデスクトップのコンテンツを他のユーザーと共有できます。このような機能を利用できるのは、Chrome にログインしている場合のみです。

この機能を有効にすると、画面を共有できる対象として次のようなサービスが Chrome に表示されます。

  • 現在参加しているハングアウトや、カレンダーにスケジュールを設定しているハングアウト
  • 管理している Cast for Education レシーバーや、利用可能となっている Cast for Education レシーバー(レシーバーとは、教室プロジェクターに接続されているデバイスを指します)。
Chrome からクラウド サービス(ハングアウトや Cast for Education など)へのキャストを設定するには
  1. Chrome をインストールしていない場合はダウンロードします。 
  2. Chrome の最新バージョンを実行していることを確認します。 問題がある場合は、Chrome のアップデートを取得する方法をご覧ください。
  3. Chrome ブラウザにログインします。
  4. Chrome ツールバーにキャスト アイコンを固定します。
  5. お使いのパソコンやノートパソコンが Chromecast デバイスと同じ Wi-Fi ネットワークに接続されていることを確認します。
  6. キャスト アイコン Inactive cast extension を固定したら、次の操作を行います。
    1. ブラウザ ウィンドウの右上でキャスト アイコン Inactive cast extension を探します。
    2. ツールバーのキャスト アイコン Inactive cast extension を右クリック(Mac の場合は Control を押しながらクリック)し、[クラウド サービスを有効にする] がオンになっていることを確認します。
Chrome からクラウド サービスへのキャストを無効にするには
Chrome にログインすると、クラウド サービスのサポートが自動的に有効になります。この機能を無効にする方法は次のとおりです。
  1. Chrome ツールバーにキャスト アイコンを固定します(まだ固定していない場合)。
  2. ブラウザ ウィンドウの右上でキャスト アイコン Inactive cast extension を探します。
  3. ツールバーのキャスト アイコン Inactive cast extension を右クリック(Mac の場合は Control を押しながらクリック)し、[クラウド サービスを有効にする] がオフになっていることを確認します。
  4. 再び有効にするには、上記の手順 2~3 を繰り返して、[クラウド サービスを有効にする] をオンにします。
Chrome からハングアウトや Cast for Education レシーバーへのキャストを開始するには
  1. Chrome からキャストできるハングアウトを表示する方法は次のとおりです。
    1. Google カレンダーでハングアウトのスケジュールを設定します。
    2. Google Apps のドメインにログインしていて、キャストしたいハングアウトが見つからない場合は、手動で [ハングアウト名を入力] テキスト ボックスに目的のハングアウトを入力できます。その後、[ハングアウトを追加] を選択します。
  2. Chrome から利用できる Cast for Education レシーバーを表示するには、Cast for Education レシーバー アプリをインストールして設定するか、既存のレシーバーにキャストする権限を取得する必要があります。詳しくは、Google Cast for Education についての説明をご覧ください。
  3. Chrome ブラウザからハングアウトの他の参加者とコンテンツを共有する方法、または Cast for Education レシーバーでコンテンツを共有する方法は、次のとおりです。
    1. キャストするコンテンツを含むブラウザタブをクリックします。
    2. Chrome ブラウザの右上にあるキャスト アイコン Inactive cast extension をクリックします。
    3. Chrome ブラウザ ウィンドウの右上にある Chrome のツールメニュー Menu をクリックすることもできます。その後、[キャスト] をクリックします。
      Cast from Chrome
    4. 利用可能なハングアウトや Cast for Education レシーバーから選択します。
プライバシー ポリシーに関する重要な情報
Chrome のご利用は Chrome のプライバシー ポリシーに準拠しますが、キャストを介する Google ハングアウトのご利用は Google のプライバシー ポリシーに準拠します。デフォルトでは、ハングアウトの機能向上に役立てるため、Chrome からコンテンツをキャストする際にハングアウトから診断ログが送信されます。このログ機能を無効にするには、ハングアウトでビデオ ハングアウトの設定画面にアクセスして、[追加の診断情報を報告する] の選択を解除します。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。