音声の設定

Chromecast Audio では音を使ってユーザーの操作を表しています。効果音の再生をカスタマイズする方法は次のとおりです。

効果音の再生

キャスト セッションの開始

キャスト セッションを開始すると、Chromecast Audio では、接続が行われ、再生が開始されることを示すために、楽しそうな音が再生されます。このタイミングで、音楽が始まる前に、音量を好みのレベルに調整することもできます。注: 音楽の再生が実際に始まるまでにかかる時間は、キャストに使用しているアプリによって異なります。

音量を変更する

音楽アプリまたは Google Home アプリから Chromecast Audio の音量を変更すると、Chromecast Audio では音量の変更を確認する短い音が再生されます。

効果音の再生をオフにする

  1. モバイル デバイスまたはタブレットが Chromecast と同じ Wi-Fi に接続されている、または同じアカウントにリンクされていることを確認します。
  2. Google Home アプリ Google Home app を開きます。
  3. Chromecast Audio デバイスをタップします。
  4. 画面の右上にある設定アイコン をタップします。
  5. [効果音を再生] をオフにします。

フル ダイナミック レンジ

Chromecast Audio はフル ダイナミック レンジの出力をサポートしています。これは、Hi-Fi オーディオ システム、AV レシーバー、モニター型スピーカーなどの高級なプロ仕様のオーディオ機器に最高品質の音声出力を提供するものです。

3.5 ミリケーブルまたは RCA アナログ ケーブルを使用してこうしたサウンド システムに Chromecast Audio を接続する場合は(こちらで対応ケーブルをご確認ください)、Chromecast Audio のフル ダイナミック レンジの設定を有効にすることができます。

  1. モバイル デバイスまたはタブレットが Chromecast と同じ Wi-Fi に接続されている、または同じアカウントにリンクされていることを確認します。
  2. Google Home アプリ Google Home app を開きます。
  3. Chromecast Audio デバイスをタップします。
  4. 画面の右上にある設定アイコン をタップします。
  5. [フル ダイナミック レンジ] をオンまたはオフにします。

注: デスクトップ パソコンのスピーカー、ドッキング スピーカー、ポータブル スピーカー、Bluetooth スピーカーなど、一般的なスピーカー システムの多くは、このようなフル ダイナミック レンジに対応していないため、音量が非常に大きくなり、音声が歪むことがあります。そのような場合は、この設定を有効にしないでください。

光学インターフェースを介して Chromecast Audio を接続している場合は(こちらで対応ケーブルをご確認ください)、常にフル ダイナミック レンジが使用されます。[フル ダイナミック レンジ] をオフに設定しても、オンのままになるため、影響はありません。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。