Chromebook で Linux をセットアップする

Linux は、Chromebook を使用してソフトウェアを開発できる機能です。Linux のコマンドライン ツール、コードエディタ、IDE(統合開発環境)を Chromebook にインストールして、コーディングやアプリの開発などを行うことができます。Linux を使用できるデバイスをご確認ください

Linux をオンにする

Linux はデフォルトでオフになっています。設定でいつでもオンにできます。

  1. Chromebook で右下の時刻を選択します。
  2. 設定  次に [詳細設定] 次に [デベロッパー] を選択します。
  3. [Linux 開発環境] の横の [オンにする] を選択します。
  4. 画面上の手順に沿って操作します。セットアップには 10 分以上かかります。
  5. ターミナル ウィンドウが開きます。Debian 10(Buster)環境で Linux コマンドを実行したり、APT パッケージ管理システムを使用してツールをインストールしたり、シェルをカスタマイズしたりできます。

Linux をオフにする

  1. 右下の時刻を選択します。
  2. 設定  次に [詳細設定] 次に [デベロッパー] 次に [Linux 開発環境] を選択します。
  3. [Linux 開発環境を削除] で [削除] を選択します。

Linux でマイクを使用する

Linux がオンになっていれば、マイクを使用できます。

  1. 右下の時刻を選択します。
  2. 設定 を選択します。
  3. 左側の [Linux] を選択します。
  4. [Linux にマイクへのアクセスを許可する] をオンにします。

セキュリティと権限

Chromebook では通常、各アプリを個別の「サンドボックス」で実行することによって、コンピュータを保護しています。ただし、Linux アプリはすべて同じサンドボックスで実行されます。このため、有害な Linux アプリが他の Linux アプリに悪影響を及ぼす可能性はありますが、Chromebook のそれ以外の箇所に影響が生じることはありません。

Linux で設定した権限や共有ファイルは、すべての Linux アプリに適用されます。

バックアップと復元

バックアップと復元で問題が発生する場合は、Linux のファイルとアプリをバックアップ、復元する方法をご確認ください

Linux で発生した問題を解決する

Linux または Linux アプリで問題が発生した場合は、次の手順をお試しください。

  • Chromebook を再起動します。
  • 仮想マシンが最新の状態であることを確認します。ブラウザで「chrome://components」を表示して、「cros-termina」で [アップデートを確認] を選択します。アップデートをダウンロードした場合は、Chromebook の再起動が必要になることがあります。
  • パッケージを更新します。ターミナル アプリ を開いて、コマンド「sudo apt-get update && sudo apt-get dist-upgrade」を実行します。

ヒント: 変更を有効にするには、Chromebook の再起動が必要になることがあります。Linux では初回セットアップ以降 24 時間ごとに、新しいパッケージの有無が実行中に自動確認されます。

サポートされていない機能

  • カメラはサポートされていません。
  • Android デバイスは USB 経由でサポートされていますが、他のデバイスはサポートされていません。
  • Android Emulator はサポートされていません。
  • ハードウェア アクセラレーション(GPU と動画デコードを含む)はサポートされていません。
  • ChromeVox はデフォルトのターミナル アプリではサポートされていますが、他の Linux アプリではサポートされていません。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
208
false