検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

アカウント設定を同期する

履歴、ブックマーク、パスワードなどの設定を保存して Google アカウントと同期することができます。こうすると、他の Chromebook や他のデバイスの Google Chrome でも、ログインすれば同じ設定を利用できるようになります。

同期機能は Chrome OS バージョン 18 以降で使用できます。Chromebook にログインした時点ではデフォルトでオンになっています。

設定を同期すると次の点で便利です。
  • 設定やデータが Google アカウントに同期されます。 別の Chromebook で同じアカウントにログインした場合に、保存しておいた設定を利用できます。
  • Chromebook が盗まれたり壊れたりした場合でも、再びログインするだけで、履歴、設定、データ、ブックマーク、アプリ、拡張機能、テーマを復元できます(注: ダウンロード ファイルは同期されません)。
  • Chrome に加えた変更内容がすぐに同期されます。 Chromebook を含む複数のデバイスで、同期を有効にした状態で同じ Google アカウントにログインして変更を加えると、他のデバイスの Google Chrome でも、ログインすれば変更後の設定を利用できるようになります。
ログイン中のデータを保護する

同期データはパソコンと Google のサーバーとの間で伝送される際に暗号化され、セキュリティが確保されます。さらに保護を強化するために、保存されたパスワードは暗号鍵を使って Google サーバー上で暗号化されます。

同期データをすべて暗号化するよう設定することもできます。

同期したデータはアカウントからいつでも削除できます。

同期する情報を選択する

  1. 新しい Chrome タブを開いて、メニュー その他 > [設定] の順にクリックします。
  2. [ユーザー] の [同期の詳細設定] をクリックします。
  3. 表示された [同期の詳細設定] ウィンドウで、同期する項目のチェックボックスをオンにします。
  4. [OK] をクリックします。

: 職場や学校の Chromebook を使用している場合は、管理者によって同期が無効に設定されていることがあります。その場合、情報を同期することはできません。

同期した情報をアカウントから削除する

同期した情報は Google アカウントからいつでも削除できます。手順は次のとおりです。

  1. 新しい Chrome タブを開いて、メニュー その他 > [設定] の順にクリックします。
  2. [ユーザー] の [Google ダッシュボード] をクリックします。
  3. 表示されたウィンドウで [同期をリセット] をクリックします。

これで、同期したすべての情報が Google アカウントから削除されます。ブックマーク、アプリ、拡張機能はすべて現在の Chromebook に残りますが、使用している他の Chromebooks には表示されなくなります。

このヘルプページを作成した Chromebook エキスパートは Casey です。フィードバックを下に入力して、この記事の改善にご協力ください。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。