現在地情報を共有する

サイトに現在地情報の取得を許可すると、そのサイトをさらに活用できる可能性があります。たとえば、現在地情報を共有すると、近くの飲食店などをよりすばやく見つけることができます。

サイトに現在地情報の取得を許可する

デフォルトでは、サイトが現在地情報をリクエストしている場合に確認のメッセージが表示されます。サイトに現在地情報の取得を許可するには、[許可] を選択します。現在地情報を共有するにあたっては、サイトのプライバシー ポリシーをご確認ください。

スマートフォンで既定の検索エンジンに Google を使用している場合、Google 検索ではデフォルトで現在地情報が使用されます。

デフォルトの現在地設定を変更する

  1. パソコンで Chrome を開きます。
  2. 右上のその他アイコン その他 次に [設定] をクリックします。
  3. 下の [詳細設定] をクリックします。
  4. [プライバシーとセキュリティ] の [サイトの設定] をクリックします。
  5. [現在地] をクリックします。
  6. [アクセスする前に確認する] をオンまたはオフにします。

特定のサイトに対して設定を変更するには、例外の追加と編集方法についての説明をご覧ください。

職場や学校の Chromebook を使用している場合: ネットワーク管理者が現在地設定を行っている可能性があります。管理されている Chrome デバイスの使用について

Chrome で現在地が共有される仕組み

Chrome に対してサイトとの現在地情報の共有を許可すると、現在地の推定に必要な情報が Chrome から Google 位置情報サービスに送信されます。現在地が推定されると、Chrome と現在地情報をリクエストしているサイトとの間で、情報の共有が可能になります。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。