プライバシー設定を選択する

プライバシー設定を行って、ブラウジングをより快適に楽しむことができます。たとえば Chrome では、ウェブページにアクセスしたときに、ウェブサービスを使用して、そのページからリンクされているページを自動的に読み込むことができます。

こうした設定のほとんどはデフォルトで有効になっていますが、設定を選択して有効または無効にすることもできます。

  1. パソコンで Chrome を開きます。
  2. 右上のその他アイコン その他 次の操作 [設定] をクリックします。
  3. [プライバシーとセキュリティ] で無効にする設定を選択します。
    • Chrome によるサイトのコンテンツや権限の処理方法を指定するには、[サイトの設定] をクリックします。
    • 履歴、Cookie、保存したパスワードなど、閲覧アクティビティに関する情報を削除するには、[閲覧履歴データの削除] をクリックします。
    • Chrome での Cookie とトラッキングの取り扱いを管理するには、[Cookie とその他のサイトデータ] をクリックします。
    • セーフ ブラウジングと保護を管理するには、[セキュリティ] をクリックします。

個々のプライバシー オプションについては、以下をご覧ください。

  • ページをプリロードして閲覧と検索をすばやく行えるようにする: ブラウザではウェブページの読み込みに IP アドレスが使用されます。ウェブページにアクセスすると、Chrome ではページ内にあるすべてのリンクの IP アドレスが参照され、リンクが読み込まれます。この設定を有効にすると、事前読み込みが行われたウェブサイトとそこに埋め込まれているコンテンツによって Cookie が設定される可能性があります。つまり、サイトにアクセスしなくても、次回その Cookie が読み取られ、以前アクセスがあったと認識される可能性があります。
  • 閲覧トラフィックと一緒に「トラッキング拒否」リクエストを送信する: 閲覧トラフィックと一緒に「トラッキング拒否」リクエストを送信できます。しかし多くのウェブサイトでは、このリクエストを送信しても、セキュリティの強化や、ウェブサイトでのコンテンツ、サービス、広告、おすすめ情報の表示、レポートの統計情報の作成などの目的で、ユーザーの閲覧データが収集、使用されるのが現状です。
  • お支払い方法を保存しているかどうかの確認をサイトに許可する: Chrome にお支払い情報を保存している場合、保存した情報をフォームへの入力時に候補として表示するよう指定できます。フォームに自動入力する方法について
  • セーフ ブラウジング: 害を及ぼすおそれがあるウェブサイトにアクセスしようとしていることが Chrome で検知されると、アラートが表示されます。ウェブページにアクセスする際、Chrome ではユーザーのパソコンに保存されている既知の不正ウェブサイトのリストとの照合が行われます。ウェブサイトがリストに含まれている場合は、危険なサイトかどうかを判定するために、アドレスの一部がブラウザから Google に送信されます。セーフ ブラウジング保護について
  • すべてのユーザーのウェブ上のセキュリティ強化に協力する: Chrome から Google に一部のシステム情報やページのコンテンツが定期的に送信されます。これにより、Google では脅威があった場合にそのことを認識できます。このデータは、不審なサイトにアクセスしたときにも送信されます。不正なダウンロードをブロックしたり不正なソフトウェアを検出したりする目的で Chrome で活用されるデータの詳細をご確認ください。
  • データ侵害によりパスワードが漏洩した場合に警告する: 第三者のウェブサイトやアプリのデータ漏洩で流出したパスワードとユーザー名の組み合わせを使用している場合、Chrome でアラートが表示されることがあります。

関連トピック

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。