検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
true

ゲストとして Chromebook を使用する

ログインせずに Chromebook を使用するには、ゲストとしてブラウジングする方法があります。ゲストモードは次のような場合に役立ちます。

  • 自分の Chromebook を他のユーザーが使う場合。
  • 他のユーザーの Chromebook を使う場合。
  • 学校や図書館などの共有または公共の Chromebook を使う場合。

ゲストとしてログインする

  1. Chromebook にログインしている場合は、いったんログアウトします。
  2. 下の方にある [ゲストとしてブラウジング] をクリックします。

: 職場や学校で使用している Chromebook で [ゲストとしてブラウジング] が表示されない場合は、管理者によってゲスト ブラウジングが無効に設定されています。この場合、有効にできるのは管理者のみです。詳しくは、管理者にお問い合わせください。

ログアウトする

画面右下で、[ゲスト] 次へ [ゲスト セッションを終了] の順にクリックします。

これで、使用したファイル、Cookie、ウェブサイトのデータ、閲覧履歴が削除されます。

一部の情報は他者が閲覧可能

ゲストモードは、Chrome で閲覧履歴が保存されないように動作するモードです。

次に挙げるような他者には閲覧内容を知られる可能性があります。

  • アクセス先のウェブサイト(これらのサイトで使用されている広告やリソースも含みます)
  • 雇用主、学校(または使用するネットワークの管理運営元)
  • ご利用のインターネット サービス プロバイダ

保存される情報について詳しくは、Chrome のプライバシー ポリシーをご覧ください。

ゲスト ブラウジングに関する問題を解決する

[ゲストとしてブラウジング] が表示されない

Chromebook でゲスト ブラウジングが無効になっている可能性があります。有効にするには、次の手順を行います。

  1. ゲストとしてログインしている場合は、いったんログアウトします。
  2. 所有者アカウントを使用して Chromebook にログインします。
  3. アカウント画像をクリックします。
  4. 設定アイコン 設定 をクリックします。
  5. [ユーザー] で [他のユーザーを管理] をクリックします。
  6. [ゲストのブラウジングを許可する] をオンにします。

: 職場や学校で使用している Chromebook では、ゲスト ブラウジングのオンとオフを切り替えることはできません。詳しくは、管理者にお問い合わせください。

このヘルプページを作成した Chromebook エキスパートは Mel です。フィードバックを下に入力して、この記事の改善にご協力ください。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
false