検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

アプリと拡張機能によってリクエストされる権限

アプリや拡張機能をインストールまたは更新すると、データへのアクセスに関する警告メッセージが表示される場合があります。警告が表示されても、必ずしもアプリが危険というわけではなく、その可能性があるというだけです。自分の情報へのアクセスをアプリや拡張機能に許可する場合は、警告メッセージを受け入れます。アクセスを許可しない場合は、警告メッセージを拒否します。

権限のレベル

以下では、アプリや拡張機能からリクエストされる可能性のある権限と、それに伴うリスクのレベルについて説明します。

アラート(高)

パソコンとアクセスしたウェブサイト上のすべてのデータへのアクセスがリクエストされたときに表示されます。許可すると、アプリまたは拡張機能では、ブラウザ内外のほぼすべてのデータ(ウェブカメラ、個人のファイル)にアクセスできるようになります。

アラート(中)

このアラートは、次のデータへのアクセスがリクエストされたときに表示されます。

  • アクセスしたすべてのウェブサイト上のユーザーデータ: アクセスしたすべてのページ(銀行口座、Facebook)において、データの読み取り、リクエスト、変更を許可することになります。
  • 一連のウェブサイト上のユーザーデータ: 一連のウェブサイトでアクセスしたページにおいて、データの読み取り、リクエスト、変更を許可することになります。
アラート(低)

このアラートは、次のデータへのアクセスがリクエストされたときに表示されます。

  • インストール済みアプリ、拡張機能、テーマ: アプリまたは拡張機能に対し、インストールしたテーマ、拡張機能、アプリの有効化、無効化、アンインストール、起動を許可することになります。
  • ブックマーク: アプリまたは拡張機能に対し、ブックマークの読み取り、変更、追加、並べ替えを許可することになります。
  • 閲覧履歴: アプリまたは拡張機能に対し、閲覧履歴の読み取りと消去を許可することになります。
  • タブと閲覧アクティビティ: アプリまたは拡張機能に対し、アクセスしたウェブサイトの URL とタイトルの読み取りのほか、タブやウィンドウを開く / 閉じる操作、開いたタブやウィンドウで新しいページに移動する操作を許可することになります。
  • 現在地: アプリまたは拡張機能に対し、パソコンまたはデバイスの現在地情報の使用を許可することになります。
  • コピー&ペーストするデータ: アプリまたは拡張機能に対し、コピーして貼り付けた情報へのアクセスを許可することになります。
  • アプリまたは拡張機能をインストールした後、追加の権限の拒否または許可を尋ねられることがあります。追加の権限を許可した場合、後からその許可を取り消すことはできません。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。