Chrome のシークレット モードでブラウジングのプライバシーが保護される仕組み

シークレット モードを使用すると、デバイスを共有する他のユーザーに知られずにブラウジングできます。

シークレット モードの仕組み

新しいシークレット ウィンドウを初めて開くと、新しいシークレット ブラウジング セッションが作成されます。それ以降に開いたシークレット ウィンドウは、すべて同じセッションとして扱われます。開いているシークレット ウィンドウをすべて閉じると、シークレット セッションを完全に終了できます。

シークレット モードでは、閲覧履歴、Cookie、サイトデータ、フォームに入力した情報はデバイスに保存されません。つまり、アクティビティは Chrome ブラウザの履歴に表示されず、デバイスを共有する他のユーザーに知られることもありません。ログインしない限り、ウェブサイトでは新しいユーザーとして認識され、誰がアクセスしているかはわかりません。

Chrome のシークレット モードでのブラウジングは、デフォルトでどのアカウントやサイトにもログインしない状態で開始されます。

学校、インターネット サービス プロバイダ、または保護者の追跡ソフトウェアでは、アクティビティが記録される可能性があります。その可能性を確かめるには、Chrome ブラウザが管理対象かどうかを確認してください。

シークレット モードでは、サードパーティによる Cookie の使用もブロックされません。

シークレット モードでプライバシーが保護される仕組み

シークレット モードでできること

  • シークレット モードでブラウジングする場合、アクティビティ データはデバイスやログインしていない Google アカウントには保存されません。
    • たとえば、シークレット モードを使用すると、デバイスを共有している家族の誕生日プレゼントを内緒でオンライン購入できます。Google アカウントにログインしていない場合、ショッピング アクティビティは Chrome の閲覧アクティビティに表示されず、Google アカウントにも保存されません。
  • シークレット ウィンドウをすべて閉じると、そのブラウジング セッションに関連付けられているサイトデータと Cookie はすべて破棄されます。
  • シークレット モードでブラウジングしている場合、そのことが Chrome からウェブサイトや Google に知らされることはありません。

シークレット モードでできないこと

  • ウェブサイトに誰がアクセスしているかを知られないようにします。シークレット モードでウェブサイトにログインすると、サイトでユーザーの情報が認識され、その時点からアクティビティの追跡が可能になります。
  • アクセスしたウェブサイト、学校、雇用主、インターネット サービス プロバイダにアクティビティや場所を知られないようにします。
  • アクセスしたウェブサイトで、シークレット セッション中のアクティビティに基づいた広告が配信されないようにします。シークレット ウィンドウをすべて閉じると、ウェブサイトはそのセッション中のログアウトした状態でのアクティビティに基づいた広告を配信できなくなります。

ユーザーが設定可能

  • ブラウジングの最後には、シークレット ウィンドウとタブをすべて閉じます。シークレット ウィンドウをすべて閉じることで、セッションが完全に終了するため、タブを 1 つだけ閉じてもデータは破棄されません。パソコンではシークレット アイコンの横、モバイル デバイスではブラウザの下部に数字が表示されている場合、複数のシークレット ウィンドウまたはタブが開いています。
  • シークレット モードの使用中に任意のアカウントにログインできます。Gmail などの Google サービスやサイトにログインすると、そのサイトでアクティビティが記録されることがあります。
  • デバイスに保存したくないダウンロードやブックマークは削除します。ダウンロードしたファイルや作成したブックマークは、どのモードでも保存されます。

シークレット モードの使用方法について

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。