障害レポートの自動送信を開始または停止する

Chrome から Google に自動レポートを送信するよう設定して、Chrome の改善にご協力ください。Google ではこの障害レポートを基に、優先度の高い順に問題の修正に取り組んでいます。障害レポートでは、Chrome がクラッシュした時間やメモリ使用量などのデータと特定の個人情報が送信されます。

レポート送信の開始と停止はいつでも設定できます。

パソコンの場合

  1. パソコンで Chrome を開きます。
  2. 右上のその他アイコン その他 右矢印 [設定] をクリックします。
  3. [ユーザー] で [同期と Google サービス] をクリックします。
  4. [他の Google サービス] で [Chrome の機能と動作の改善に協力する] をオンまたはオフにします。

Chromebook

  1. 右下の時刻を選択します。
  2. 設定 設定 を選択します。
  3. 下の [詳細設定] をクリックします。
  4. [プライバシーとセキュリティ] で、[診断と使用状況のデータを Google に自動送信する] をオンまたはオフにします。

: 職場や学校の Chromebook をお使いの場合は、この設定を変更できない可能性があります。詳しくは、管理者にお問い合わせください。

障害レポートで送信される情報

Chrome がクラッシュした場合に送信される障害レポートには、特定の個人情報が含まれることがあります。障害レポートに含まれる情報は次のとおりです。

  • クラッシュに関連するメモリの内容(ページのコンテンツ、お支払い情報、パスワードなどが含まれる可能性があります)
  • Chrome の設定
  • インストールされている拡張機能
  • クラッシュ時にアクセスしていたウェブページ
  • デバイスのオペレーティング システム、製造元、機種
  • Chrome を使用している国

障害レポートの情報が Google でどのように使用されるかについては、Chrome のプライバシー ポリシーをご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。