検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

障害レポートの自動送信を開始または停止する

Chrome から Google に自動レポートを送信するよう設定して、Chrome の改善にご協力ください。Google ではこの障害レポートを基に、優先度の高い順に問題の修正に取り組むことができます。障害レポートでは、Chrome がクラッシュした時間や通常のメモリ使用量などのデータが送信されます。

レポート送信の開始と停止はいつでも設定できます。

パソコンの場合

  1. パソコンで Chrome を開きます。
  2. 画面右上で、オプション アイコン その他 次へ [設定] の順にクリックします。
  3. 一番下にある [詳細設定を表示] をクリックします。
  4. [プライバシー] で [使用統計データと障害レポートを Google に自動送信する] チェックボックスをオンまたはオフにします。

Chromebook の場合

: 職場や学校の Chromebook をお使いの場合は、この設定を変更できない可能性があります。詳しくは、管理者にお問い合わせください。
  1. アカウント画像をクリックします。
  2. 設定アイコン 設定 をクリックします。
  3. 一番下にある [詳細設定を表示] をクリックします。
  4. [プライバシー] で [診断と使用状況のデータを Google に自動送信する] チェックボックスをオンまたはオフにします。

障害レポートで送信される情報

障害レポートでは、個人情報を除く、次のようなデータが送信されます。

  • Chrome の設定
  • クリックした場所
  • Chrome のメモリ使用量
  • フィッシングや不正なソフトウェアを含んでいる閲覧済みウェブページ
  • 音声入力を行ったウェブページ
  • 端末のオペレーティング システム、製造元、機種。音声入力を行った場合は、オーディオ ハードウェアの情報も送信されることがあります。
  • Chrome が使用中にクラッシュした場合は、特定の個人情報も送信されることがあります(クラッシュ時の状況によります)。

障害レポートの情報が Google でどのように使用されるかについては、Chrome のプライバシー ポリシーをご覧ください。

このページを作成した Google Chrome のエキスパートに下からフィードバックを送信し、この記事の改善にご協力ください。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。