アドレスバーの予測機能

Google Chrome でアドレスバーに入力を始めると、探しているウェブアドレスや検索キーワードが検索エンジンから取得され、入力内容が補完されます。

予測機能を無効にする

パソコンのアドレスバーに検索エンジンから取得した予測候補を表示しないようにするには、予測機能を無効にすることができます。

パソコンの場合

通常、予測サービスは既定で有効になっています。無効にする手順は次のとおりです。

  1. Chrome を起動します。
  2. 右上の Chrome メニュー Chrome menu をクリックします。
  3. [設定] > [詳細設定を表示] の順にクリックします。
  4. [プライバシー] セクションの [予測サービスを使用してアドレスバーに入力した検索と URL を補完する] チェックボックスをオフにします。

閲覧履歴とブックマークからの一致項目を削除する

アドレスバーには、閲覧履歴とブックマークからの一致項目も表示されます。予測機能を無効にした場合も、閲覧履歴とブックマークで一致した項目は検索バーに表示されます。

予測候補としてこれらの項目が表示されないようにする場合は、閲覧履歴を消去し、ブックマークを削除します。

携帯端末の場合

通常、予測サービスは既定で有効になっています。無効にする手順は次のとおりです。

  1. Google Chrome アプリ を起動します。
  2. Chrome メニュー(3 点アイコン Menu またはタブ Menu)をタップします。
  3. [設定] > [プライバシー] の順にタップします。
  4. [検索と URL 候補] の横のチェックボックスをタップします。

閲覧履歴とブックマークからの一致項目を削除する

アドレスバーには、閲覧履歴とブックマークからの一致項目も表示されます。予測機能を無効にした場合も、閲覧履歴とブックマークで一致した項目は検索バーに表示されます。

予測候補としてこれらの項目が表示されないようにする場合は、閲覧履歴を消去し、ブックマークを削除します。

関連トピック

この記事はどの程度役に立ちましたか?

フィードバックが記録されました。ご協力ありがとうございました。
  • まったく役立たなかった
  • あまり役立たなかった
  • まあまあ役立った
  • かなり役立った
  • とても役立った