アドレスバーの予測機能

アドレスバーに入力するとき、Google Chrome では予測サービスを使用して入力中のウェブアドレスや検索キーワードを補完することができます。たとえば、アドレスバーに「new york」と入力すると、「http://www.nytimes.com」というサイト候補や「new york city」という検索キーワード候補が表示されます。

ウェブアドレスと検索を区別するために、ウェブアドレスの横には Blank page icon アイコンが表示されます。

デフォルトの検索エンジンで別の予測サービスを使用している場合を除き、アドレスバーに表示される検索キーワードは、Google で検索する場合に表示される検索キーワードと同じです。Google のオートコンプリート アルゴリズムについて詳しくは、こちらをご覧ください。

予測サービスを無効にする

通常、予測サービスはデフォルトで有効になっています。無効にする手順は次のとおりです。

  1. ブラウザのツールバーにある Chrome メニュー Chrome menu をクリックしてください。
  2. [設定] を選択します。
  3. [詳細設定を表示] をクリックします。
  4. [プライバシー] セクションの [予測サービスを使用してアドレスバーに入力した検索と URL を補完する] チェックボックスをオフにします。

アドレスバーには、検索候補だけでなく一致する閲覧履歴も表示されます。一致する閲覧履歴を非表示にするには、閲覧履歴を消去します。

職場や学校の Chrome 搭載デバイスを使う場合 、既にネットワーク管理者が予測サービスを有効または無効にしていることがあります。その場合、この設定は変更できません。管理されている Chrome 搭載デバイスの使用については、こちらをご覧ください。