Chrome で Cookie を削除、許可、管理する

Chrome では Cookie に関して、既存の Cookie を削除したり、すべての Cookie を許可またはブロックしたり、特定のウェブサイトに対する設定を行ったりすることができます。

重要: トラッキング防止機能のテストグループに参加している場合は、サードパーティ Cookie を管理するための Chrome の新しい設定である「トラッキング防止機能」が表示されます。トラッキング防止機能について

Cookie とは

Cookie は、アクセスしたサイトによって作成されるファイルです。あなたのサイト訪問についての情報が保存されるため、オンラインのユーザー エクスペリエンスが向上します。たとえばサイトがユーザーのログイン状態を維持したり、ユーザーのサイトの利用設定を記憶したり、ユーザーの地域に関連する情報を提供したりすることができます。

Cookie には次の 2 種類があります。

  • ファーストパーティ Cookie: アクセスしているサイト、つまりアドレスバーに表示されているサイトによって作成されます。
  • サードパーティ Cookie: 他のサイトによって作成されます。アクセスしたサイトには他のサイトのコンテンツ(画像、広告、テキストなど)が埋め込まれている場合があります。こうした他のサイトが Cookie などのデータを保存し、エクスペリエンスのカスタマイズに使用することがあります。

すべての Cookie を削除する

重要: Cookie を削除すると、ユーザー情報を保持しているサイトからログアウトしたり、保存している利用設定が削除されたりする可能性があります。これは、Cookie を削除するたびに発生します。

  1. パソコンで Chrome を開きます。
  2. 右上のその他アイコン その他 次に [設定] 設定 をクリックします。
  3. [プライバシーとセキュリティ] 次に [サードパーティ Cookie] をクリックします。
    • ヒント: トラッキング防止機能のテストグループに参加している場合は、代わりに [トラッキング防止機能] を選択してください。
  4. [すべてのサイトデータと権限を表示] 次に [すべてのデータを削除] をクリックします。
  5. [削除] をクリックして確定します。

特定の Cookie を削除する

特定のサイトの Cookie を削除する
  1. パソコンで Chrome を開きます。
  2. 右上のその他アイコン その他 次に [設定] 設定 をクリックします。
  3. [プライバシーとセキュリティ] 次に [サードパーティ Cookie] をクリックします。
    • ヒント: トラッキング防止機能のテストグループに参加している場合は、代わりに [トラッキング防止機能] を選択してください。
  4. [すべてのサイトデータと権限を表示] をクリックします。
  5. 右上の欄でウェブサイトの名前を検索します。
  6. サイトの右にある削除 削除 をクリックします。
  7. [削除] をクリックして確定します。
特定の期間の Cookie を削除する
  1. パソコンで Chrome を開きます。
  2. 右上のその他アイコン その他 次に [閲覧履歴を消去] をクリックします。
  3. 上部の [期間] の横にあるプルダウンをクリックします。
  4. [1 時間以内]、[過去 24 時間] などの期間を選択します。
  5. [Cookie と他のサイトデータ] チェックボックスをオンにします。
  6. 他のすべてのチェックボックスはオフにします。
  7. [データを消去] をクリックします。

Cookie の設定を変更する

重要: サイトによる Cookie の保存を許可しない場合、サイトが想定どおりに機能しない可能性があります。ファーストパーティの Cookie を管理するには、デバイス上のサイトデータの詳細をご覧ください。

どのサイトに対しても Cookie を許可またはブロックできます。

サードパーティ Cookie を許可またはブロックする

サードパーティ Cookie をデフォルトで許可またはブロックできます。

  1. パソコンで Chrome を開きます。
  2. 右上のその他アイコン その他 次に [設定] 設定 をクリックします。
  3. [プライバシーとセキュリティ] 次に [サードパーティ Cookie] をクリックします。
  4. 次のいずれかを選択します。
    • サードパーティの Cookie を許可する
    • シークレット モードでサードパーティ Cookie をブロックする
    • サードパーティの Cookie をブロックする
      • サードパーティ Cookie をブロックすると、他のサイトによるサードパーティ Cookie がすべてブロックされます(例外リストで許可しているサイトは除く)。
特定のサイトのサードパーティ Cookie を許可する
重要: 職場や学校の Chromebook をお使いの場合は、この設定を変更できない可能性があります。詳しくは管理者にお問い合わせください。

サードパーティ Cookie をデフォルトでブロックしている場合でも、特定のサイトのサードパーティ Cookie を許可することができます。

  1. パソコンで Chrome を開きます。
  2. 右上のその他アイコン その他 次に [設定] をクリックします。
  3. [プライバシーとセキュリティ] 次に [サードパーティ Cookie] をクリックします。
    • ヒント: トラッキング防止機能のテストグループに参加している場合は、代わりに [トラッキング防止機能] を選択してください。
  4. [サードパーティ Cookie の使用が許可されています] の横にある [追加] をクリックします。
  5. ウェブアドレスを入力します。
    • ドメイン全体を例外とするには、ドメイン名の前に [*.] を指定します。たとえば、[*.]google.com と指定すると、drive.google.comcalendar.google.com が例外に含まれます。
    • IP アドレスや、「http://」で始まらないウェブアドレスを指定することもできます。
  6. [追加] を選択します。

不要になった例外設定を削除するには、ウェブサイトの右にある削除 削除 をクリックします。

特定のサイトのサードパーティ Cookie を一時的に許可する
サードパーティ Cookie をブロックすると、一部のサイトが想定どおりに動作しないことがあります。アクセスした特定のサイトでサードパーティ Cookie を一時的に許可することができます。
  1. パソコンで Chrome を開きます。
  2. 上部のアドレスバーで次の操作を行います。
    • サードパーティ Cookie を許可するには: 「サードパーティ Cookie がブロックされています」アイコンまたはトラッキング防止機能 を選択し、[サードパーティ Cookie] をオンにします。
    • サードパーティ Cookie をブロックするには: 「サードパーティ Cookie が許可されています」アイコンまたはトラッキング防止機能 プレビュー を選択し、[サードパーティ Cookie] をオフにします。
  3. ダイアログ ボックスを閉じてページを再読み込みするには、閉じる 閉じる を選択します。ダイアログ ボックスの外側の任意の場所を選択して閉じることもできます。
  4. ページが再読み込みされると、設定に応じて、アドレスバーに「サードパーティ Cookie が許可されています」、「サードパーティ Cookie がブロックされています」、「サードパーティ Cookie が制限されています」のいずれかが表示されます。

ヒント:

  • このオプションは一時的なものであり、また、アクセス中のサイトにのみ適用されます。
  • サイトが例外リストに自動的に追加されます
  • サイトでサードパーティ Cookie を一時的に許可している場合、その設定はシークレット モードにも引き継がれます。シークレット モードから、この設定をリセットすることはできません。
関連サイトにアクティビティへのアクセスを許可する
企業は、相互に関連するサイトのグループを定義できます。たとえば、acme-music.exampleacme-video.example 間を移動してもログイン状態を維持するように設定できます。
サードパーティ Cookie を許可する場合: 関連サイトにアクティビティへのアクセスが許可され、コンテンツを好みに合わせる、サイト間でログイン状態を維持するといったことが可能になります。
サードパーティ Cookie をブロックする場合: 多くの場合、この種のサイト間の接続が拒否されます。ただし、サードパーティ Cookie をブロックしつつ、同じグループ内のサイトの Cookie は許可して、利便性を高めることもできます。
GitHub で、関連サイトのグループを定義している企業の全リストを確認できます。関連サイトとサードパーティ Cookie の詳細
重要: [サードパーティの Cookie を許可する] を選択した場合、関連サイトのグループは、グループ内でユーザーのアクティビティをデフォルトで共有できます。
重要: 設定に [トラッキング防止機能] が表示されている場合、関連サイトのグループは、グループ内でユーザーのアクティビティをデフォルトで共有できます。

関連サイトにグループ内のアクティビティの確認を許可するには:

  1. パソコンで Chrome を開きます。
  2. 右上のその他アイコン その他 次に [設定] をクリックします。
  3. [プライバシーとセキュリティ] 次に [サードパーティ Cookie] をクリックします。
  4. [サードパーティの Cookie をブロックする] を選択します。
  5. [関連サイトにグループ内のアクティビティの確認を許可する] をオンまたはオフにします。

同じグループ内の関連サイトを表示するには:

  1. パソコンで Chrome を開きます。
  2. 右上のその他アイコン その他 次に [設定] をクリックします。
  3. [プライバシーとセキュリティ] 次に [サードパーティ Cookie] 次に [すべてのサイトデータと権限を表示] をクリックします。
    • ヒント: トラッキング防止機能のテストグループに参加している場合は、代わりに [トラッキング防止機能] を選択してください。
  4. サイトを選択します。
  5. その他アイコン その他 次に [同じグループ内のサイトを表示する] をクリックします。

ヒント:

  • アドレスバーの横にあるサイト情報を表示 Default (Secure) 次に [Cookie とサイトデータ] 次に [関連サイトを表示する] をクリックして関連サイトを確認することもできます。
    • トラッキング防止機能のテストグループに参加している場合は、代わりに [トラッキング防止機能] を選択してください。
埋め込みコンテンツについて

アクセスしたサイトに他のサイトのコンテンツ(画像、広告、テキストなど)や機能(テキスト エディタや天気ウィジェットなど)が埋め込まれている場合があります。こうした他のサイトから、コンテンツを正常に動作させる目的で、(多くの場合 Cookie を利用して)保存したあなたに関する情報の使用許可を求められることがあります。

たとえば、普段 docs.google.com でドキュメントを作成していて、学校の課題をするにあたって、Google ドキュメントに直接アクセスできる学校のクラスポータルで他の生徒と共同作業を行う必要があるとします。情報の使用を許可すると、次のようになります。

  • 学校のサイトを使用している間、Google ドキュメントがサードパーティ Cookie にアクセスして、サイトと Google ドキュメントを接続できるようになります。
  • これにより Google ドキュメントでは、ユーザー認証やユーザー情報の確認、サイト上でユーザーがドキュメントに行った変更の保存を行えるようになる場合があります。

場合によっては、この情報がサイト閲覧時のユーザー アクティビティのトラッキングに使用されることもあります。プライバシー機能として、ユーザーが信頼するサイトで、埋め込みコンテンツによるユーザーデータへのアクセスをどのような場合に許可するかを指定できます。

ヒント: この接続では Cookie が使用され、30 日間またはユーザーがアクティブである間、有効となります。接続の許可は [設定] でいつでも停止できます。

権限を許可または拒否する

サイトの閲覧中、埋め込みコンテンツに対して保存されたユーザー情報の使用を許可するかどうかを尋ねられた場合:

  • [許可する] を選択すると、(Cookie を使用して)保存されたユーザー情報にサイトがアクセスできるようになります。
  • アクセスを拒否するには、[許可しない] を選択します。

ヒント:

  • アクセスの許可を停止するには、サイトの権限設定を変更する方法をご覧ください。
  • アクセスの許可は、アドレスバーの左側にあるサイト情報を表示 Default (Secure) をクリックし、[埋め込みコンテンツ] をオンまたはオフにする操作でも管理できます。

トラッキング防止機能を管理する

トラッキング防止機能を有効にすると、サイトがサードパーティ Cookie を使用してブラウジング中のユーザーをトラッキングする機能に大幅な制限が課されます。ただし、基本的なサービスの機能を損なわないようにするため、一部のトラッキングは許可されます。必要に応じて、設定でサードパーティ Cookie を完全にブロックすることもできます。トラッキング防止機能の設定は、[プライバシーとセキュリティ] の設定で管理できます。

  1. パソコンで Chrome を開きます。
  2. 右上のその他アイコン その他 次に [設定] 設定 をクリックします。
  3. [プライバシーとセキュリティ] 次に [トラッキング防止機能] をクリックします。
  4. 高度なプライバシー保護を選択することもできます。
    • サードパーティの Cookie をすべてブロックする: オンに切り替えると、一部のサイトで機能が動作しなくなる場合があります。Chrome では、アクセスしたサイト(関連サイトを含む)のサードパーティ Cookie がすべてブロックされます。
    • 閲覧トラフィックと一緒に「Do Not Track」リクエストを送信する: オンに切り替えると、サイトがユーザーをトラッキングしないようリクエストを送信します。サイトは独自の裁量でリクエストに応じるかどうかを判断します。「Do Not Track」について
    • サードパーティ Cookie の使用を許可するサイトを選択する: [サードパーティ Cookie の使用が許可されています] で、サードパーティ Cookie の使用を許可するサイトを確認、編集することもできます。詳しくは、サードパーティ Cookie を許可する方法をご覧ください。

関連リソース

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
3834533253388938365
true
ヘルプセンターを検索
true
true
true
true
true
237