Chrome で Cookie の削除、有効化、管理を行う

Chrome では Cookie に関して、既存の Cookie を削除したり、すべての Cookie を許可またはブロックしたり、特定のウェブサイトに対する設定を行ったりすることができます。

Cookie とは

Cookie は、アクセスしたウェブサイトによって作成されるファイルです。閲覧情報を保存することで、オンラインでのユーザー エクスペリエンスを向上させます。サイトでは、Cookie を使用して、ユーザーのログイン状態を維持したり、ユーザーのサイトの利用設定を記憶したり、ユーザーの地域に関連する情報を提供したりできます。

Cookie には次の 2 種類があります。

  • ファーストパーティ Cookie: アクセスしているサイト、つまりアドレスバーに表示されているサイトによって作成されます。
  • サードパーティ Cookie: 他のサイト、つまり現在ウェブページに表示されているコンテンツの一部(広告、画像など)を所有しているサイトによって作成されます。

すべての Cookie を削除する

Cookie を削除すると、ウェブサイトからログアウトすることになります。また、保存されている利用設定は削除される可能性があります。

  1. Android スマートフォンまたはタブレットで Chrome アプリ Chrome を開きます。
  2. アドレスバーの右のその他アイコン 高 次に [設定] をタップします。
  3. [プライバシー] 次に [閲覧履歴データの消去] をタップします。
  4. [1 時間以内]、[全期間] などの期間を選択します。
  5. [Cookie、メディア ライセンス、サイトデータ] チェックボックスをオンにして、他のすべてのチェックボックスはオフにします。
  6. [データを消去] 次に [クリア] をタップします。

Cookie を許可またはブロックする

ウェブサイトによる Cookie の保存を許可またはブロックできます。

注: サイトによる Cookie の保存を許可しない場合、ログインを必要とするサイトの大半は利用できなくなります。

  1. Android スマートフォンまたはタブレットで Chrome アプリ Chrome を開きます。
  2. アドレスバーの右のその他アイコン 高 次に [設定] をタップします。
  3. [サイトの設定] 次に [Cookie] をタップします。
  4. Cookie をオンまたはオフにします。

他のサイトの Cookie をブロックする

アクセスしているサイトの Cookie は許可する一方で、ウェブページに表示されている広告や画像を所有している他のサイトの Cookie はブロックすることができます。このようなサードパーティの Cookie をブロックするには、[サードパーティの Cookie を許可] チェックボックスをオフにします。

この場合、例外リストで許可されているサイトであっても、他のサイトの Cookie とサイトデータはすべてブロックされます。

関連記事

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。