検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

Chrome で Cookie の消去、有効化、管理を行う

デフォルトではすべての Cookie が許可されますが、すべてのサイトで、または特定のページについて Cookie を消去するように設定を変更できます。

Cookie とは

Cookie とは、アクセスしたウェブサイトによって作成されるファイルです。Cookie には、サイトで設定した内容、プロフィール情報といった閲覧情報が保存されます。次の 2 種類の Cookie があります。

  • ファーストパーティ Cookie: アドレスバーに表示されるサイトによって設定される Cookie です。
  • サードパーティ Cookie: 閲覧中のページに埋め込まれている広告や画像などの配信元サイトによって設定される Cookie です。

Cookie は必ずしも悪いものではありません。たとえば、ウェブサイトで好みの設定を指定した場合、その設定は Cookie に保存され、次回同じウェブサイトにアクセスしたときに Cookie から同じ設定が読み込まれます。Cookie には現在地情報も保存されるので、天気のような地域ごとの情報を表示するときにも役立ちます。

特定またはすべての Cookie を削除する

お使いの端末から、ファーストパーティ、サードパーティの Cookie 情報やデータを削除できます。なお、Cookie を削除すると、ウェブサイトで保存した好みの設定なども削除されることがあるため注意が必要です。

  1. パソコンで Google Chrome を開きます。
  2. 右上の詳細アイコン その他 次へ [設定] をクリックします。
  3. 一番下にある [詳細設定を表示] をクリックします。
  4. [プライバシー] で [コンテンツの設定] をクリックします。
  5. [Cookie] で [すべての Cookie とサイトデータ] をクリックします。
    • すべての Cookie を削除するには、[すべて削除] をクリックします。
    • 特定の Cookie を削除するには、そのサイトにカーソルを合わせます。右側の閉じるアイコン 閉じる をクリックします。
    • 特定の期間に作成された Cookie をすべて削除することもできます。

Cookie を許可またはブロックする

ウェブサイトによって保存された Cookie を有効または無効にできます。

  1. パソコンで Google Chrome を開きます。
  2. 右上の詳細アイコン その他 次へ [設定] をクリックします。
  3. 一番下にある [詳細設定を表示] をクリックします。
  4. [プライバシー] で [コンテンツの設定] をクリックします。
  5. [Cookie] で設定を編集します。
    • ファーストパーティ Cookie とサードパーティ Cookie の両方を許可するには、[ローカルへのデータ設定を許可する] を選択します。
    • すべての Cookie をブロックするには、[サイトからのデータ設定をすべてブロックする] を選択します。この設定を指定した場合、ログインを必要とするサイトの大半は利用できなくなります。
    • ファーストパーティの Cookie のみ許可して、サードパーティの Cookie をすべてブロックするには、[サードバーティの Cookie とサイトデータをブロックする] のチェックボックスをオンにします。この設定を指定した場合、サイトを例外リストに追加してその Cookie を許可するよう設定したとしても、サイトデータは読み書きできなくなります。

設定が保存されているか確認する

サイトにアクセスして Cookie がブロックされた場合は、ブロックされた Cookie のアイコン ブロック中の Cookie がアドレスバーに表示されます。

その他の Cookie データや情報を管理する

Chrome をパソコンでご利用の場合は、Cookie 情報を管理できます。設定を管理する方法についてご確認ください。

ブラウザの終了時まで Cookie とサイトデータをデフォルトで保存する

Chrome では、閲覧中はファーストパーティとサードパーティの Cookie を含む情報をサイトに保存させておき、Chrome の終了時にそれらの情報を消去することができます。

  1. パソコンで Google Chrome を開きます。
  2. 右上の詳細アイコン その他 次へ [設定] をクリックします。
  3. 一番下にある [詳細設定を表示] をクリックします。
  4. [プライバシー] で [コンテンツの設定] をクリックします。
  5. [Cookie] で [ブラウザを終了するまでローカルデータを保存する] をオンにします。

Chrome ウェブストアから Chrome に追加したアプリに関連付けられている Cookie やサイトデータには、一部消去できないものがあります。ホストされているアプリデータの消去については、キャッシュと閲覧データを消去する方法をご確認ください。

特定のウェブサイトまたはドメインを例外にする

ほとんどの Cookie をブロックしつつ、特定のサイトについては Cookie を許可することができます。

  1. パソコンで Google Chrome を開きます。
  2. 右上の詳細アイコン その他 次へ [設定] をクリックします。
  3. 一番下にある [詳細設定を表示] をクリックします。
  4. [プライバシー] で [コンテンツの設定] をクリックします。
  5. [Cookie] で、[例外の管理] をクリックします。
  6. Cookie を許可するサイトの名前を入力します。
    • ドメイン全体の Cookie を許可するには、ドメイン名の前に [*.] を付けます。たとえば [*.]google.com と指定すると、drive.google.com や calendar.google.com を例外にできます。
    • 先頭が「http」以外の IP アドレスやウェブアドレスを指定することもできます。
  7. サイト名の右にある下向き矢印 下矢印 をクリックします。
  8. そのサイトで Cookie を設定できるようにするかどうかを指定します。[終了時に消去] を選択すると、その Cookie はブラウザを閉じるたびに削除されます。

このボックスで、例外の編集や削除も行うことができます。

  1. パソコンで Google Chrome を開きます。
  2. 右上の詳細アイコン その他 次へ [設定] をクリックします。
  3. 一番下にある [詳細設定を表示] をクリックします。
  4. [プライバシー] で [コンテンツの設定] をクリックします。
  5. [Cookie] で、[例外の管理] をクリックします。
  6. サイトやドメインにカーソルを合わせます。
  7. 右側の閉じるアイコン 閉じる をクリックします。
  8. [完了] をクリックします。

職場や学校の Chromebook を使用している場合、ネットワークの管理者が Cookie の設定を行っている可能性があります。この場合、ユーザーが自分で設定を変更することはできません。管理されている Chromebook の使用について

表示しているページの Cookie の許可を変更する

特定のドメインの Cookie を例外リストに追加した場合は、ブロックされた Cookie のアイコン ブロック中の Cookie がアドレスバーに表示されます。

表示しているページの Cookie の許可を変更できます。

  1. パソコンで Chrome を開きます。
  2. Cookie を管理したいページにアクセスします。
  3. 一番上のウェブアドレスバーの横にある鍵アイコン ロック またはページアイコン 空白のページ をクリックします。
  4. [このサイトから(数字)個] をクリックします。
  5. Cookie の設定を指定します。
    • 受け入れた Cookie を再度ブロックする: [許可] タブの上部にあるリストからサイトを選択し、[ブロック] をクリックします。
    • ドメインから Cookie を受け入れる: [ブロック] タブの上部にあるリストからサイトを選択し、[許可] をクリックします。
    • Chrome を終了するまでドメインからの Cookie を受け入れる: [ブロック] タブの上部にあるリストからサイトを選択し、[終了時に消去] をクリックします。これで、ブラウザを閉じるたびに Cookie が削除されます。

変更を有効にするには、ページの再読み込みが必要な場合があります。サイトの Cookie を受け入れた場合でも、[サードパーティの Cookie とサイトデータをブロックする] チェックボックスをオンにしている場合、サードパーティ Cookie は許可されません。

関連記事

このページを作成した Google Chrome のエキスパートに下からフィードバックを送信し、この記事の改善にご協力ください。

この記事は役に立ちましたか?