Cookie とサイト データを管理する

Google Chrome では Cookie の許可を管理できます。デフォルトではすべての Cookie を許可しますが、この設定を変更できます。閲覧しているページで Cookie が設定またはブロックされた場合、アドレスバーの末尾にアイコンが表示されます。

Cookie について: Cookie は、アクセスしたウェブサイトにより作成されるファイルで、サイトの設定やプロフィール情報などの閲覧情報が保存されます。Cookie には 2 種類あります。1 つは「ファーストパーティの Cookie」で、アドレスバーに表示されるサイト ドメインが設定する Cookie です。もう 1 つの「サードパーティの Cookie」は、広告や画像など、ページに埋め込まれているアイテムのドメイン ソースが設定する Cookie です。

Cookie とサイト データの許可を管理する

  1. ブラウザのツールバーにある Chrome メニュー Chrome menu をクリックします。
  2. [設定] を選択します。
  3. [詳細設定を表示] をクリックします。
  4. [プライバシー] セクションで、[コンテンツの設定] をクリックします。
  5. [Cookie] セクションで、次のような Cookie の設定を変更できます:

    Cookie を削除する

    [すべての Cookie とサイト データ] をクリックして [Cookie とサイト データ] ダイアログを開きます。
    • すべての Cookie を削除するには、ダイアログの下部にある [すべて削除] をクリックします。
    • Cookie を個別に削除するには、削除する Cookie の発行元サイトにカーソルを合わせ、右上に表示される [X] をクリックします。

    また、特定の期間に作成された Cookie をすべて削除するには、[閲覧履歴データを消去する] ダイアログを使用します。

    すべてのブラウザ ウィンドウを閉じたときに自動的に Cookie を削除するには、[コンテンツの設定] ダイアログで [ブラウザを終了するまでローカル データを保存する] チェックボックスをオンにします。ブラウザを閉じたときに特定のサイトの Cookie が削除されるように、例外を設定することもできます。

    デフォルトで Cookie をブロックする

    • すべての Cookie をブロック: [サイトからのデータ設定をすべてブロックする] をオンにします。このオプションを選択した場合、ログインが必要なサイトのほとんどがブロックされるので、ご注意ください。Cookie がブロックされると、アドレスバーに Cookie のブロック が表示されます。
    • サードパーティの Cookie だけをブロック: [サードパーティの Cookie とサイト データをブロックする] チェックボックスをオンにします。このチェックボックスがオンになっていると、[例外] リストにサイトを追加して、Cookie を許可するように選択しても、そのサイトのサードパーティの Cookie はブロックされます。

    デフォルトですべての Cookie を受け入れる

    ファーストパーティとサードパーティの Cookie を受け入れるには、[ローカルへのデータ設定を許可する] を選択します。ファーストパーティの Cookie だけを受け入れたい場合は、[すべてのサードパーティの Cookie をブロックする] チェックボックスをオンにします。

    ブラウザを終了するまでデフォルトで Cookie とサイト データを保存する

    Chrome は、サイトに対して、ファーストパーティとサードパーティの Cookie を含むローカル データの保存を許可し、Chrome の終了時にそれらのデータを消去します。

    特定の Cookie や、ホストされているアプリに関連付けられたサイト データは、[コンテンツの設定] では消去できません。詳しくは、キャッシュや他の閲覧データを削除してホストされているアプリのデータを消去する方法についての説明をご覧ください。

    特定のウェブサイトやドメインの Cookie を例外にする

    サイトまたはドメインでの Cookie の扱いを個別に制御するには、[例外の管理] をクリックします。表示された [Cookie とサイト データの例外] ダイアログでルールを追加する方法は次のとおりです:

    1. [新しい例外パターンを追加] フィールドをクリックして、例外とするドメインの名前を入力します。
      • ドメイン全体を例外とするには、ドメイン名の前に [*.] を挿入します(たとえば、[*.]google.com のようにします)。これで、drive.google.com や calendar.google.com が対象になります。
      • IP アドレス、IPv6 アドレスのほか、HTTP 以外の URL を指定することもできます。
    2. メニューから、そのサイトで Cookie を設定できるようにするかどうかを指定します。[終了時に消去] を選択すると、その Cookie はブラウザを閉じるたびに削除されます。

    このダイアログで、例外の編集や削除もできます。

職場や学校の Chromebook を使用する場合 、既にネットワーク管理者が Cookie を設定していることがあります。その場合、これらの設定は変更できません。詳しくは、管理されている Chromebook の使用についての記事をご覧ください。

閲覧しているページの Cookie 情報を表示する

Cookie がブロックまたは設定されたことを通知するアイコンがアドレスバーに表示されることがあります:

  • Cookie のブロック アイコンは、閲覧しているページで Cookie がブロックされるたびに表示されます。デフォルトでローカルへのデータ設定をすべて許可して、特定のドメインを例外にした場合にも表示されます。
  • Cookie の受け入れ アイコンは、閲覧しているページで Cookie が設定されるたびに表示されます。デフォルトで Cookie をすべてブロックして、特定のドメインを例外にした場合にも表示されます。

設定またはブロックされた Cookie を表示するには、該当のアイコンをクリックし、[Cookie とサイト データを表示] をクリックします。ここで、次の例外を指定できます:

  • 受け入れた Cookie を再度ブロックする: [許可] タブの上部にあるリストから対象のサイトを選択し、[ブロック] をクリックします。例外リストにそのドメインが追加されます。
  • ドメインから Cookie を受け入れる: [ブロック] タブの上部にあるリストから対象のサイトを選択し、[許可] をクリックします。例外リストにそのドメインが追加されます。

    ブラウザ起動ページの設定で [中断した箇所から続ける] を選択した場合は、ブラウザを終了してもセッション Cookie が保存され、Gmail などのサイトへのログイン状態が保たれます。

  • Chrome を終了するまでドメインからの Cookie を受け入れる: [ブロック] タブの上部にあるリストから対象のサイトを選択し、[終了時に消去] をクリックします。その Cookie は、ブラウザを閉じるたびに削除されます。

変更を有効にするために、場合によっては、ページを再度読み込む必要があります。サイトの Cookie を受け入れた場合でも、[サードパーティの Cookie とサイト データをブロックする] チェックボックスをオンにしている場合、サードパーティの Cookie は許可されません。