Chrome で Cookie の削除、有効化、管理を行う

Chrome では Cookie に関して、既存の Cookie を削除したり、すべての Cookie を許可またはブロックしたり、特定のウェブサイトに対する設定を行ったりすることができます。

Cookie とは

Cookie は、アクセスしたウェブサイトによって作成されるファイルです。閲覧情報を保存することで、オンラインでのユーザー エクスペリエンスを向上させます。サイトでは、Cookie を使用して、ユーザーのログイン状態を維持したり、ユーザーのサイトの利用設定を記憶したり、ユーザーの地域に関連する情報を提供したりできます。

Cookie には次の 2 種類があります。

  • ファーストパーティ Cookie: アクセスしているサイト、つまりアドレスバーに表示されているサイトによって作成されます。
  • サードパーティ Cookie: 他のサイト、つまり現在ウェブページに表示されているコンテンツの一部(広告、画像など)を所有しているサイトによって作成されます。

すべての Cookie を削除する

Cookie を削除すると、ウェブサイトからはログアウトすることになります。また、保存されている利用設定は削除される可能性があります。

  1. パソコンで Chrome を開きます。
  2. 右上のその他アイコン その他 次に [設定] をクリックします。
  3. [プライバシーとセキュリティ] の [Cookie と他のサイトデータ] をクリックします。
  4. [すべての Cookie とサイトデータを表示] 次に [すべて削除] をクリックします。
  5. [すべて削除] をクリックして確定します。

特定の Cookie を削除する

特定のサイトの Cookie を削除する
  1. パソコンで Chrome を開きます。
  2. 右上のその他アイコン その他 次に [設定] をクリックします。
  3. [プライバシーとセキュリティ] の [Cookie と他のサイトデータ] をクリックします。
  4. [すべての Cookie とサイトデータを表示] をクリックします。
  5. 右上の欄でウェブサイトの名前を検索します。
  6. サイトの右にある削除 削除 をクリックします。
特定の期間の Cookie を削除する
  1. パソコンで Chrome を開きます。
  2. 右上のその他アイコン その他 をクリックします。
  3. [その他のツール] 次に [閲覧履歴を消去] をクリックします。
  4. 上部の [期間] の横にあるプルダウンをクリックします。
  5. [1 時間以内]、[過去 24 時間] などの期間を選択します。
  6. [Cookie と他のサイトデータ] のチェックボックスをオンにし、他のすべてのチェックボックスをオフにします。
  7. [データを消去] をクリックします。

Cookie の設定を変更する

ウェブサイトによる Cookie の保存を許可またはブロックできます。

注: サイトによる Cookie の保存を許可しない場合、ログインを必要とするサイトの大半は利用できなくなります。

Cookie を許可またはブロックする

デフォルトでは、すべての Cookie をブロックまたは許可できます。特定のサイトの Cookie を許可し、そのウェブページの広告や画像で使用されるサードパーティの Cookie をブロックすることもできます。

  1. パソコンで Chrome を開きます。
  2. 右上のその他アイコン その他 次に [設定] をクリックします。
  3. [プライバシーとセキュリティ] の [Cookie と他のサイトデータ] をクリックします。
  4. 次のいずれかのオプションを選択します。
    • Cookie をすべて受け入れる
    • すべての Cookie をブロックする(推奨されません)
    • シークレット モードでサードパーティの Cookie をブロックする
    • サードパーティの Cookie をブロックする

重要: サードパーティの Cookie をブロックすると、例外リストで許可されているサイトであっても、他のサイトの Cookie とサイトデータはすべてブロックされます。

特定のサイトの Cookie を許可またはブロックする

Cookie をデフォルトで許可している場合でも、特定のサイトの Cookie をブロックすることができます。

  1. パソコンで Chrome を開きます。
  2. 右上のその他アイコン その他 次に [設定] をクリックします。
  3. [プライバシーとセキュリティ] の [Cookie と他のサイトデータ] をクリックします。
  4. [常に Cookie を使用できるサイト]、[ウィンドウを閉じるときに常に Cookie を削除]、[Cookie を使用しないサイト] の横にある [追加] をクリックします。
  5. ウェブアドレスを入力します。
    • ドメイン全体を例外とするには、ドメイン名の前に [*.] を指定します。たとえば、[*.]google.com と指定すると、drive.google.comcalendar.google.com が例外に含まれます。
    • IP アドレスや、「http://」で始まらないウェブアドレスを指定することもできます。
  6. [追加] を選択します。

不要になった例外設定を削除するには、ウェブサイトの右のその他アイコン その他 次に [削除] をクリックします。

: 職場や学校で Chromebook をご利用の場合は、この設定を変更できない可能性があります。詳しくは管理者にお問い合わせください。

Chrome を終了した後に Cookie を削除する

ブラウザ セッション中はサイトで情報を保存し、Chrome の終了時に Cookie を自動的に削除することができます。

  1. パソコンで Google Chrome を開きます。
  2. 右上のその他アイコン その他 次に [設定] をクリックします。
  3. [プライバシーとセキュリティ] の [Cookie と他のサイトデータ] をクリックします。
  4. [Chrome の終了時に Cookie とサイトデータを削除する] をオンにします。
    • Chrome に同期している場合、Chrome のブラウジング セッションを終了すると同期が一時停止されます。

関連記事

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。