サイトの接続が安全かどうかを確認する

Chrome では、安全にブラウジングできるようにするため、アクセスすると危険な可能性のあるサイトを検出して警告を表示します。サイトが安全でない可能性がある場合は、サイトアドレスの横のアイコンが変わります。

  1. Chrome でウェブページを開きます。
  2. サイトのセキュリティを確認するには、ウェブアドレスの左側にある安全性を示すアイコンを確認します。
    • Default (Secure) デフォルト(保護されている)
    • サイト情報を表示 情報、または保護されていない通信
    • 危険 保護されていない通信、または危険
  3. サイトのプライバシーの詳細と権限の概要を確認するには、アイコンをクリックします。

ヒント:

  • Chrome で保護されていない接続を使用する前に確認画面を表示する場合は、[HTTPS 優先モード] をオンにします。
  • HTTPS 優先モードをオンにした場合、HTTPS をサポートしていないサイトにアクセスすると、「接続は安全ではありません」という警告が表示されます。HTTPS 優先モードをオンにする方法について

安全性を示すアイコンの意味

次の記号は、Chrome がサイトと安全なプライベート接続を確立しているかどうかを示します。

Default (Secure) デフォルト(保護されている)

このサイトとの間で送受信される情報はプライバシーが保護されます。

サイトと安全に接続している場合でも、機密情報や個人情報を共有する際は常に注意が必要です。アドレスバーでサイト名を確認し、接続しているサイトに間違いがないか確かめてください。

サイト情報を表示 情報、または保護されていない通信

サイトはプライベート接続を使用していません。このサイトとの間で送受信される情報は、何者かに見られる、または変更される可能性があります。

この問題を解決するには、サイト所有者が HTTPS を使用してサイトとお客様のデータを保護する必要があります。

危険 保護されていない通信、または危険

このページでは個人情報や機密情報を入力しないようにしてください。できれば、サイト自体、利用しないことをおすすめします。

保護されていない通信: このサイトを利用する場合は十分にご注意ください。このサイトへの接続にはプライバシー保護に関する問題があります。このサイトとの間で送受信される情報は、何者かに見られる可能性があります。

危険: このサイトは使用しないでください。ページ全体に赤い警告画面が表示される場合、セーフ ブラウジング機能によってそのサイトが安全でないサイトとして認識されています。サイトが受け取った情報を悪用したり不正使用したりする可能性があります。また、ユーザーのパソコンに有害なソフトウェアをインストールしようとすることがあります。このサイトを使用すると、プライバシーとセキュリティが危険にさらされます。

「この接続ではプライバシーが保護されません」というエラーを解決する
「この接続ではプライバシーが保護されません」というエラー メッセージがページ全体に表示された場合は、サイト、ネットワーク、デバイスのいずれかに問題があります。「この接続ではプライバシーが保護されません」というエラーを解決する方法をご覧ください。
Mac と Windows でデバイスの証明書を管理する

Chrome では、ウェブサイトの証明書を使用して HTTPS 接続を認証および保護します。これらの証明書によって、サイトとブラウザ間のリンクが暗号化されます。

Chrome Root Program では、HTTPS サイトの認証に使用される、Chrome が信頼するルート証明書のリストを確認できます。Chrome Root Program について

Chrome では、パソコンのオペレーティング システムで使用されている証明書から、カスタムのルート証明書が追加される場合があります。デバイスの証明書を確認するには:

  1. パソコンで Chrome を開きます。
  2. 右上のその他アイコン and then [設定] をクリックします。
  3. [プライバシーとセキュリティ] and then [セキュリティ] をクリックします。
  4. [詳細設定] で [デバイス証明書の管理] をクリックします。

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
1003647661549578452
true
ヘルプセンターを検索
true
true
true
true
true
237