Chrome の閲覧履歴を削除する

Chrome を使ってアクセスしたウェブページの記録を残したくない場合は、閲覧履歴の全体または一部を削除することができます。閲覧履歴を削除すると、Chrome にログインして同期をオンにしているすべてのデバイスから該当の履歴が削除されます。

以下では Chrome から履歴を削除する方法について説明しています。これとは別に、アカウントから Google 検索の履歴を削除することもできます。

詳しくは、Chrome で同期のオンとオフを切り替える方法をご覧ください。

履歴を表示する

  1. iPhone または iPad で Chrome アプリ Chrome を開きます。
  2. 右下のその他アイコン その他 次に 履歴 履歴 をタップします。

履歴を削除する

  1. iPhone または iPad で Chrome アプリ Chrome を開きます。
  2. 右下のその他アイコン その他 次に 履歴 履歴 をタップします。
  3. 一番下の [閲覧履歴データを削除] をタップします。
  4. [閲覧履歴] をオンにします。これはデフォルトでオンになっている場合があります。
  5. 削除しない項目のチェックボックスはオフにします。
  6. [閲覧履歴データの削除] 次に [閲覧履歴データの削除] をタップします。
  7. 右上の [完了] をタップします。

検索履歴を削除するには、マイ アクティビティに保存されたアクティビティを削除する方法をご覧ください。

履歴から特定の項目を削除する

履歴の一部のみを削除することもできます。特定の履歴を検索するには、上部の検索バーを使用します。

  1. iPhone または iPad で Chrome アプリ Chrome を開きます。
  2. 右下のその他アイコン その他 次に 履歴 履歴 をタップします。
  3. 一番下の [編集] をタップします。
  4. 削除する項目のチェックボックスをオンにします。
  5. [削除] をタップします。
  6. 右上の [完了] をタップします。

新しいタブの画面からおすすめのサイトを削除する

新しいタブを開くと、よくアクセスするサイトがサムネイル表示されます。サイトを削除するには、サイトを長押しして [削除] をタップします。

履歴ページに表示される内容

履歴ページには、過去 90 日間に Chrome でアクセスしたウェブサイトが表示されます。「chrome://settings」ページなどの Chrome ページ、シークレット モードでアクセスしたページ、閲覧履歴からすでに削除したページは、履歴に表示されません。

Chrome にログインして履歴を同期している場合、履歴ページには、同期しているすべてのデバイスでアクセスしたウェブページが表示されます。Chrome からログアウトすると、他のデバイスからアクセスしたウェブページは履歴ページに表示されなくなります。

シークレット モードで閲覧する

閲覧履歴を一切保存しない場合は、シークレット モードで閲覧することができます。

職場や学校の Chromebook を使用している場合: ネットワーク管理者が閲覧履歴をオフにしている可能性があります。履歴がオフの場合、アクセスしたウェブページのリストは履歴ページに表示されません。管理されている Chrome デバイスの使用について

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。