高度なセキュリティ設定

Google Chrome には、ウェブの閲覧中のユーザーを保護するためのセキュリティ機能が備わっています。この設定を変更する手順は次のとおりです:

  1. ブラウザのツールバーにある Chrome メニュー Chrome menu をクリックします。 
  2. [設定] をクリックします。
  3. [詳細設定を表示] をクリックします。
  4. ここで、さまざまな設定を変更できます:

    設定を変更するとどうなるかよくわからない場合は、変更しないでください。

    • フィッシングや不正なソフトウェアからの保護
      このオプションは [プライバシー] セクションにあり、デフォルトで有効になっています。このオプションが有効になっている場合、フィッシングや不正なソフトウェアを含む恐れのあるサイトにアクセスしようとすると、警告が表示されます。フィッシングや不正なソフトウェアの検出について詳しくは、こちらをご覧ください。
    • SSL 証明書と設定
      SSL 証明書と設定を管理するには、[HTTPS/SSL] セクションに移動します。
    • ウェブ コンテンツの設定
      [プライバシー] セクションで [コンテンツの設定] をクリックして、Cookie、画像、JavaScript、プラグイン、ポップアップ、現在地情報へのアクセスの許可レベルを変更できます。ウェブ コンテンツの設定の管理について詳しくは、こちらをご覧ください。

ウェブを安全に利用するために Google Chrome で採用されているサンドボックスや自動更新などの技術については、こちらをご覧ください。家族がウェブを安全に利用するための詳しいガイドについては、こちらをご覧ください。