ポップアップを管理する

Google Chrome では、ポップアップの自動表示をブロックします。ブラウザでサイトのポップアップがブロックされたときは常に、ポップアップのブロック アラート アイコンがアドレスバーに表示されます。このアイコンをクリックすると、ブロックされたポップアップを表示したり、そのサイトのポップアップ設定を管理したりできます。

ポップアップのブロック、ホームページの保存、既定の検索エンジンの設定がうまくいかない場合は、意図しないプログラムによってユーザーの設定が操作されている可能性があります。問題を解決するには、トラブルシューティングの手順をご覧になるか、ブラウザの再設定をお試しください。

特定のサイトのポップアップを表示する

サイトでブロックされたポップアップを表示する手順は次のとおりです:

  1. ポップアップがブロックされると、ポップアップのブロック アラート アイコンがアドレスバーに表示されます。このアイコンをクリックすると、ブロックされたポップアップの一覧が表示されます。
  2. 表示したいポップアップ ウィンドウのリンクをクリックします。
  3. そのサイトのポップアップを常に表示したい場合は、[(サイト)からのポップアップを常に表示] をクリックします。このサイトは例外リストに追加されます。例外リストは、[コンテンツの設定] ダイアログで管理できます。

特定のサイトのポップアップを手動で許可する方法は次のとおりです:

  1. ブラウザのツールバーにある Chrome メニュー Chrome menu をクリックします。
  2. [設定] を選択します。
  3. [詳細設定を表示] をクリックします。
  4. [プライバシー] セクションで、[コンテンツの設定] をクリックします。
  5. [ポップアップ] セクションで、[例外の管理] をクリックします。

ポップアップをすべて許可する

ポップアップ ブロッカーを無効にして、ポップアップを常に許可することもできます。方法は次のとおりです:

  1. ブラウザのツールバーにある Chrome メニュー Chrome menu をクリックします。
  2. [設定] を選択します。
  3. [詳細設定を表示] をクリックします。
  4. [プライバシー] セクションで、[コンテンツの設定] をクリックします。
  5. [ポップアップ] セクションで、[すべてのサイトに対してポップアップ表示を許可する] をオンにします。特定のウェブサイトの権限をカスタマイズするには、[例外の管理] をクリックします。

職場や学校の Chrome 搭載デバイスを使う場合 、既にネットワーク管理者がポップアップ ブロッカーを設定していることがあります。その場合、この設定は変更できません。管理されている Chrome 搭載デバイスの使用についての記事をご覧ください。