起動ページとホームページを設定する

起動ページは Chrome を起動したときに表示されるページです。ホームページはホームボタンをクリックすると表示されるページです。同じページに設定しない限り、これらは別々の扱いになります。

注: 起動ページ、ホームページ、検索エンジンが突然変わっている場合は、不正なソフトウェアが入り込んだ可能性があります。たとえばホームページを Google 検索ページに戻す場合は、元の Chrome 設定を復元できます。

起動ページを設定する

Chrome の起動時に表示するページを設定できます。

新しいタブページを開く

Chrome に対し、新しいタブページを開くように指定できます。

  1. ウィンドウの右上の Chrome メニューをクリックします。Chrome menu
  2. [設定] を選択します(Chromebook をお使いの場合は、ページの下部にある [詳細設定を表示] をクリックします)。
  3. [起動時] の下で [新しいタブページを開く] を選択します。

デフォルトで、新しいタブページには Google のロゴ、検索バー、よくアクセスするサイトのサムネイルが表示されます。新しいタブページ用のテーマを選択することもできます。

前回開いていたページを開く

Chrome に対し、前回終了したときに見ていたページをもう一度開くように指定できます。

  1. ウィンドウの右上の Chrome メニューをクリックします。Chrome menu
  2. [設定] を選択します(Chromebook をお使いの場合は、ページの下部にある [詳細設定を表示] をクリックします)。
  3. [起動時] の下で [前回開いていたページを開く] を選択します。

Cookie とデータが保存されているので、前回開いていたアカウント(Gmail など)が再表示されます。こうしたページに自動ログインしないようにするには、次の手順を行います。

  1. ウィンドウの右上の Chrome メニューをクリックします。Chrome menu
  2. [設定] を選択します。(Chromebook をお使いの場合は、そのまま次に進みます)。
  3. ページの一番下で、[詳細設定を表示] をクリックします。
  4. [プライバシー] セクションで [コンテンツの設定] をクリックします。
  5. 表示されたダイアログの [Cookie] セクションで [ブラウザを終了するまでローカルデータを保存する] を選択します。
  6. [完了] をクリックします。
特定の 1 つのページまたは複数のページを開く

Chrome に対し、任意のウェブページを開くように指定できます。

  1. ウィンドウの右上の Chrome メニューをクリックします。Chrome menu
  2. [設定] を選択します(Chromebook をお使いの場合は、ページの下部にある [詳細設定を表示] をクリックします)。
  3. [起動時] の下で [特定の 1 つのページまたは複数のページを開く] をクリックします。
  4. Click th[ページを設定] をクリックします。
  5. Chrome を開いたときに表示するページのウェブアドレスを入力します。
  6. [OK] をクリックします。

Mac ユーザーの場合: Chrome の使用中にパソコンを再起動しようとすると、「再ログイン時にウィンドウを再度開く」というチェックボックスが表示されます。このチェックボックスをオンにした場合は、Mac の再起動後 Chrome が起動し、前回のブラウザ セッションで開いていたタブが表示されます。

ホームページを選択する

ホームボタンをクリックするとホームページが表示されます。必要に応じて、ブラウザのツールバーにホームボタンを追加できます。ホームボタンを追加してホームページを選択する手順は次のとおりです。

  1. ウィンドウの右上の Chrome メニューをクリックします。Chrome menu
  2. [設定] を選択します。
  3. [デザイン] の下で [ホームボタンを表示する] チェックボックスをオンします。
  4. [ホームボタンを表示する] の下にある [変更] をクリックし、ホームページを選択します。

これで、ホームボタン Home button がアドレスバーの左に表示されるようになります。

職場や学校の Chromebook を使用する場合、既にネットワーク管理者が起動ページまたはホームページを選択していることがあります。その場合、これらのページを変更することはできません。管理されている Chrome 搭載デバイスの使用方法をご確認ください。

この記事は役に立ちましたか?