Chrome ブラウザが管理対象かどうかを確認する

学校や職場で使用する Chrome は「管理対象」となっている、つまり学校、企業、その他の組織によって設定、管理されている可能性があります。

Chrome ブラウザが管理対象の場合、管理者が特定の機能の設定や制限、拡張機能のインストール、アクティビティの監視、ユーザーによる Chrome の使用方法の管理などを行っている可能性があります。

Chromebook をお使いの場合は、Chromebook が管理対象かどうか確認する方法をご覧ください。

  1. Chrome Chrome を開きます。
  2. 右上のその他アイコン その他 を選択します。
  3. メニューの下部を確認します。「組織によって管理されています」と表示されている場合、ブラウザは管理対象です。そうでない場合、ブラウザは管理対象ではありません。

拡張機能を確認する

組織がブラウザに設定した拡張機能を確認するには、Chrome メニューの [組織によって管理されています] をクリックします。

または、アドレスバーに「chrome://management」と入力して、Enter キーを押します。

ポリシーを確認する

ブラウザが管理対象の場合は、組織が設定したポリシーを確認できます。

  1. Chrome Chrome を開きます。
  2. アドレスバーに「chrome://policy」と入力し、Enter キーを押します。

不審なポリシーが適用されている場合は、不正なソフトウェアについて Google に報告してください。

管理者の方は、企業や教育機関向けの Chrome Enterprise の詳細をご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。