シークレット ブラウジングの仕組み

シークレット モードで閲覧した内容は、同じ端末を使用する他のユーザーには表示されません。

シークレット モードでは、閲覧履歴やフォームへの入力情報は保存されません。Cookie とサイトのデータは閲覧中は記憶されますが、シークレット モードを終了すると削除されます。

閲覧内容が誰にも知られないわけではありません

シークレット モードは、Chrome に閲覧履歴が保存されないようにする機能です。

次に挙げるような他者には閲覧内容を知られる可能性があります。

  • アクセス先のウェブサイト(これらのサイトで使用されている広告やリソースも含みます)
  • 雇用主、学校(または使用するネットワークの管理運営元)
  • ご利用のインターネット サービス プロバイダ

アカウントにログインして Gmail などのウェブサービスを使用すると、そのアカウントを認識するサイトで閲覧アクティビティが保存されることがあります。

ダウンロードしたファイルとブックマークは保存されます

シークレット モードでダウンロードしたファイルは Chrome には記憶されませんが、ファイル自体は [ダウンロード] フォルダに保存され、シークレット モードを終了した後も残ります。したがって、端末を使用する誰もがそのファイルを見たり開いたりできます。

作成したすべてのブックマークは Chrome に保存されます。

シークレット タブと通常の Chrome タブを切り替えて使用することができます。シークレット タブを使用しているときにのみ、プライベート ブラウジングとなります。

プライベート ブラウジングを終了する

シークレット モードは、通常の Chrome タブとは別のタブで実行されます。

シークレット タブを開いているときに別のタブを開くと、プライベート ブラウジング セッションはその新しいタブで継続されます。シークレット モードを終了するには、すべてのシークレット タブを閉じます。

  1. Android スマートフォンまたはタブレットで Chrome アプリ Chrome を開きます。
  2. 右上のタブの切り替え タブを切り替え をタップします。右側に、開いているシークレット タブが表示されます。
  3. シークレット タブの右上の閉じる 閉じる をタップします。

関連記事

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。