紛失したスマートフォンまたはパソコンをロックする、データを消去する

スマートフォン、タブレット、ノートパソコンを紛失したり盗まれたりした場合は、次の手順でデバイスを保護できます。

デバイスが手元に戻らない場合は、すぐに対策をとることが情報の保護につながります。

ステップ 1: 紛失したスマートフォン、タブレット、Chromebook を保護する

着信音を鳴らす、ロックする、ログアウトするなど、リモートからデバイスを操作してみることができます。

Windows、Mac、Linux パソコンを紛失した場合: パソコンは [スマートフォンを探す] には表示されません。Google アカウントのパスワードを変更するに進んでください。

  1. Chrome Chrome などのブラウザを開きます。他のユーザーのデバイスを使用する場合は、シークレット モードを使用します。
  2. Google アカウントを開きます。
  3. [セキュリティ] の [お使いのデバイス] で [デバイスを管理] を選択します。
  4. 紛失したスマートフォン、タブレット、Chromebook を選択します。デバイスが最後に使用された日時と、最後に検出された都市が表示されます。
  5. [アカウント アクセス] の横の [ログアウト] を選択します。画面の手順に沿って、デバイスから Google アカウントと接続済みアプリへのアクセスを削除します。​
    • デバイスが見つかったら、もう一度 Google アカウントにログインします。

スマートフォンやタブレットを紛失した場合は、[紛失したデバイスを探す] を選択して探すことができます。画面の手順に沿って、デバイスを見つける方法や保護する方法を確認します。

他のユーザーのデバイスを使用している場合、操作が終わったらシークレット モードを終了してログアウトします。

その他のヘルプ

  • iPhone を紛失した場合は、iCloud を使ってデバイスを探して保護する方法をご覧ください。
  • ご利用の携帯通信会社が次のようなサポートを行っていることがあります。
    • 別の番号への着信転送
    • 新しい SIM カードの注文
    • SIM カードの無効化(端末から電話をかけたりメッセージを送信したりできなくなります)

デバイスがリストに表示されない場合

現在使用しているデバイスで適切な Google アカウントにログインしていることを確認します。

  • 紛失したデバイスでは、Gmail、YouTube などの Google アプリで Google アカウントにログインしている必要があります。
  • Windows、Mac、Linux パソコン、Chromebooks は [スマートフォンを探す] には表示されません。

上記のことを確認してもデバイスが表示されない場合は、Google アカウントのパスワードを変更するに進んでください。

ステップ 2: Google アカウントのパスワードを変更する

Google アカウントのパスワードは、Chrome や、Gmail、YouTube といった他の Google サービスで使用するものと同じです。詳しくは、安全性の高いパスワードを作成するをご覧ください。

  1. Google アカウントを開きます。ログインが必要になることもあります。
  2. [セキュリティ] で [Google へのログイン] を選択します。
  3. [パスワード] を選択します。再度ログインが必要になる場合があります。
  4. 新しいパスワード情報を入力して、[パスワードを変更] を選択します。
  5. パスワードを変更します。

ステップ 3: 保存したパスワードを変更する

紛失したデバイスが他人の手に渡っている可能性がある場合は、デバイスまたは Google アカウントに保存されているパスワードを変更することをおすすめします。

  1. passwords.google.com にアクセスします。
  2. Google アカウントにログインします。
  3. [保存したパスワード] のリストを確認します。
    • このリストには、紛失した端末ではなくアカウントに保存されているパスワードのみが表示されます。
  4. パスワードを変更するには、アプリを開くかサイトにアクセスします。
  5. パスワードを変更します。

推奨事項: アカウントの不正利用がないか確認します。クレジット カードの明細書を確認し、覚えのない購入履歴がある場合はクレジット カード会社に連絡してください。

関連リンク

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。