Chrome でユーザー補助の拡張機能を使用する

ユーザー補助の拡張機能をインストールすると、Chrome の操作性を高めることができます。

ユーザー補助の拡張機能を探して追加する

Chrome 向けのユーザー補助の拡張機能を探すには、Chrome ウェブストアにアクセスして、「ユーザー補助機能」を検索します。

使いたい拡張機能が見つかったら、次の手順で Chrome に追加します。

  1. Chrome ウェブストアで、インストールする拡張機能をクリックします。
  2. 右上の [Chrome に追加] をクリックします。
  3. 確認のメッセージが表示されたら、[拡張機能を追加] をクリックして確定します。追加した拡張機能のアイコンがアドレスバーの右に表示されます。

Google によるユーザー補助の拡張機能を使用する

カーソル ブラウジング(キーボードを使って操作)

カーソル ブラウジング拡張機能を使用すると、タッチパッドやマウスの代わりに、キーボードを使ってウェブページ上を移動できます。また、テキストの選択やテキスト間の移動、リンクなどページ上のコントロールのクリックも可能です。

この拡張機能を有効にするには、アドレスバーの右のカーソル ブラウジング カーソル ブラウジング をクリックします。

Chromebook を使用している場合は、キーボードの検索+明るさを上げるキーを押して、拡張機能の有効と無効を切り替えることもできます。

拡張機能の使用方法:

  • 単語間を移動するには、Ctrl+矢印キーを押します。
  • フォーカス可能なコントロール間を移動するには、Tab キーを押します。
  • テキストを選択するには、Shift+矢印キーを押します。
  • フォーカス可能なコントロール(リストなど)で矢印キーを使うには、Esc キーを押してフォーカスを解除してから矢印キーを押します。
カラー エンハンサー(ウェブページの色を調整)

カラー エンハンサー拡張機能を使用すると、認識しにくい特定の色を除外するなど、ウェブページの色を調整できます。

拡張機能の使用方法:

  1. 拡張機能を有効にするには、アドレスバーの右のカラー エンハンサー カラー エンハンサー をクリックします。
  2. [設定] をクリックします。
  3. 色の違いが最もわかりにくい行を選択します。
  4. スライダーを動かして色補正レベルを調整します。見える星の数が最も多く、かつ元の色との違いが最も小さい設定を選択します。
  5. 設定が終わったら [OK] をクリックします。
ハイ コントラスト(色を調整または除外)

ハイ コントラスト拡張機能を使用すると、テキストを読みやすくしたり、画像の細かい個所を見やすくしたりできます。色のコントラスト調整、白黒反転、複数の色の除外などのフィルタを使用できるほか、ウェブサイトごとに設定をカスタマイズすることも可能です。

注: Chrome ウェブストア、新しいタブページ、Chrome 設定ページなど、Chrome に組み込まれているウェブページは調整できない場合があります。

拡張機能の使用方法:

  • 拡張機能を有効にするには、アドレスバーの右のハイ コントラスト ハイ コントラスト をクリックします。
  • ページ上の画像やテキストを調整するには、ハイ コントラスト ハイ コントラスト をクリックし、[[site] の配色] で希望する配色を選択します。
  • 拡張機能を無効にするには、ハイ コントラスト ハイ コントラスト 次へ [無効にする] をクリックします。
Image Alt Text Viewer(設定されている代替テキストを表示)

ウェブデザイナーの方は Image Alt Text Viewer 拡張機能を使用して、ページ上の画像に設定されている代替テキストを表示し、代替テキストが設定されていない画像を確認できます。この拡張機能では、画像の代わりに代替テキストが表示されます。代替テキストが設定されていない画像は赤色で強調表示されます。

拡張機能の使用方法:

  • 拡張機能を有効にするには、アドレスバーの右の Image Alt Text Viewer Image Alt Text Viewer をクリックします。
  • 拡張機能を無効にするには、ページ上部の [Undo] をクリックします。

注: 別のページに移動した場合は、拡張機能をもう一度有効にする必要があります。

Long Descriptions in Context Menu(詳しい説明を表示)

Long Descriptions in Context Menu 拡張機能を使用すると、コンテキスト メニューに項目を追加し、ページ上の要素を右クリックして詳しい説明を表示できます。この拡張機能では、一部のアシスト技術で使われる HTML の longdesc 属性と aria-describedat 属性を使用します。

拡張機能の使用方法:

  • ページ上の要素を右クリックして、詳しい説明を表示します。
  • 詳しい説明が設定されている画像を見つけやすくするには、次の手順で色付きの枠線を追加します。
    1. アドレスバーの右の Long Descriptions Long Descriptions をクリックします。
    2. [オプション] をクリックします。
    3. [aria-describedat または longdesc 属性が指定された要素を枠線付きで表示する] チェックボックスをオンにします。変更が自動的に保存されます。
    4. [オプション] タブを閉じます。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。