検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

通知のオンとオフを切り替える

Chrome では、会議の通知のように、ウェブサイト、アプリ、拡張機能からの通知を表示するように設定できます。

通知の仕組み

Chrome では既定により、ウェブサイト、アプリ、拡張機能が通知を表示しようとするたびに確認メッセージが表示されます。この設定はいつでも変更できます。

シークレット モードで閲覧している場合、通知は表示されません。

すべてのサイトからの通知を許可またはブロックする

Windows と Mac

  1. パソコンで Chrome を開きます。
  2. 画面右上で、その他アイコン その他 次へ [設定] の順にクリックします。
  3. 下の方にある [詳細設定] をクリックします。
  4. [プライバシーとセキュリティ] で [コンテンツの設定] をクリックします。
  5. [通知] をクリックします。
  6. 次の方法で通知をブロックまたは許可します。
    • すべてブロック: [送信する前に確認する] をオフにします。
    • サイトをブロック: [ブロック] の横の [追加] をクリックし、サイトを入力して [追加] をクリックします。
    • サイトを許可: [許可] の横の [追加] をクリックし、サイトを入力して [追加] をクリックします。

以前に通知の表示を許可したサイト、アプリ、拡張機能をブロックするには、[例外の管理] をクリックします。

Chromebook の場合

  1. アカウント画像をクリックします。
  2. 設定アイコン 設定 をクリックします。
  3. 下の方にある [詳細設定] をクリックします。
  4. [プライバシーとセキュリティ] で [コンテンツの設定] をクリックします。
  5. [通知] をクリックします。
  6. 次のいずれかの手順を行います。
    • すべてのサイトに対して通知の表示を許可する: すべてのウェブサイトからの通知が自動的に表示されます。
    • サイトが通知を表示しようとしたときに確認する: サイトが通知を表示しようとするたびに確認メッセージが表示されます。これは既定の設定です。
    • すべてのサイトに対して通知の表示を許可しない: どのウェブサイトからの通知も表示されません。

以前に通知の表示を許可したサイト、アプリ、拡張機能をブロックするには、[例外の管理] をクリックします。

サイトからの通知をオフにする

  1. 時計の横の通知アイコン 通知 をクリックします。
  2. 表示されるウィンドウで、設定アイコン 設定 をクリックします。
  3. 通知を表示しないようにするアプリ、拡張機能、ウェブサイトのチェックボックスをオフにします。

通知をすべて消去する

Chromebook の場合

通知を非表示にするには、画面右上の削除アイコン 削除 をクリックします。

すべての通知を非表示にするには:

  1. 画面右下にある時計の横の通知領域をクリックします。最近、通知やカードを取得していない場合、通知アイコン 通知なし は表示されません。
  2. 「すべてクリア」アイコン Clear all or Dismiss notifications をクリックします。

このページを作成した Google Chrome のエキスパートに下からフィードバックを送信し、この記事の改善にご協力ください。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。