Chrome のデータセーバーを使ってデータ使用量を減らす

データセーバーを使用すると、通信料を抑えたり、接続速度が遅い環境でウェブページの読み込み時間を短縮したりできます。

データセーバーの仕組み

データセーバーを使用すると、ウェブ トラフィックの一部が Google サーバーを経由して端末にダウンロードされるようになります。ページの読み込み速度が遅い場合は、Google のサーバーでページが軽量化され、端末にダウンロードされるデータ量が削減されます。ほとんどの場合、ページの見た目と動作は変わりません。

データセーバーをご利用の場合は次の点にご留意ください。

  • プライベート ブラウジングでは、データセーバーは機能しません。
  • ウェブサイトによってはユーザーの位置情報を適切に検出できない場合があります。
  • 社内サイトなど、ローカル ネットワークのページは使用できない場合があります。
  • 携帯通信会社が提供するプレミアム データサービスで問題が生じる可能性があります。また、携帯通信会社のウェブサイトにログインできない場合があります。

データセーバーをオンにする

  1. Android スマートフォンまたはタブレットで Chrome アプリ Chrome を開きます。
  2. 右下のその他アイコン 高 次に [設定] をタップします。
  3. [詳細設定] で [データセーバー] をタップします。
  4. [データセーバー] をオンにします。

軽量版のページが表示されている場合でも、設定を変更せずに元のページに戻すことができます。元のページを表示するには、上部の [軽量版] 次に [元のページを読み込む] をタップします。

データ削減量を確認する

  1. Android スマートフォンまたはタブレットで Chrome アプリ Chrome を開きます。
  2. その他アイコン 高 次に [設定] をタップします。
  3. [データセーバー] をタップします。一番下に、アクセスしたサイトのリストと、削減したデータ量が表示されます。

問題を報告する

  1. Android スマートフォンまたはタブレットで Chrome アプリ Chrome を開きます。
  2. 右上のその他アイコン 高 次に [ヘルプとフィードバック] 次に [フィードバックを送信] をタップします。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。