検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

Chrome のデータセーバーを使ってデータ使用量を減らす

データセーバーを使って Chrome のデータ使用量を減らすと、通信料を抑えることができる、接続速度が遅い環境でウェブページの読み込み時間を短縮できる、といったメリットがあります。

データセーバーの仕組み

データセーバーを使用すると、ウェブ トラフィックの大部分が Google サーバーを経由して端末にダウンロードされるようになります。Google サーバーでは圧縮が行われるため、端末にダウンロードされるデータの量は少なくなります。

保護されているページ(アドレスの先頭が https:// のページ)を表示している場合や、シークレット モードでプライベート ブラウジングを行っている場合、データセーバーは機能しません。

データセーバーをご利用の場合は次の点にご留意ください。

  • ウェブサイトによってはユーザーの位置情報を適切に検出できない場合があります。
  • 一部の画像が不鮮明になることがあります。
  • 特定のグループに限定して公開されるウェブサイト(企業の内部サイトなど)は読み込まれない場合があります。
  • 携帯通信会社のウェブサイトにログインできない場合があります。
  • /etc/hosts ファイルへの変更は反映されません。

データ使用量をどれだけ削減できたか確認するには、その他アイコン その他 次へ [設定] 次へ [データセーバー] の順にタップします。

データセーバーをオンにする

  1. Chrome アプリ Chrome を開きます。
  2. その他アイコン その他 次へ [設定] の順にタップします。
  3. [詳細設定] で [データセーバー] をタップします。
  4. 設定をオンに切り替えます。

データセーバーは、接続速度が遅いときにページの圧縮版を表示して、データ使用量を抑えるとともにページの読み込み時間を短縮する機能です。元のページを表示するには、[元のページを表示] をタップします。

データセーバーに関する問題を修正する

データ削減率が 0% と表示される場合は、Chrome で別のプロキシ サーバーが利用されているためにデーターセーバーが機能していない可能性があります。データセーバーを使用するには他のプロキシをオフにします。

  1. Android 搭載端末で設定アプリ 設定 を開きます。
  2. [無線とネットワーク] で [Wi-Fi] をタップします。
  3. ネットワークをタップして押し続け、[接続済み] と表示されるのを待ちます。
  4. [詳細オプション] をタップします。
  5. [プロキシ] で [なし] を選択します。

職場や学校のアカウントを使用している場合は、組織の設定により、端末のプロキシ オプションを編集できないことがあります。

データセーバーについてのフィードバックを送信する

  1. Chrome アプリ Chrome を開きます。
  2. その他アイコン その他 次へ [ヘルプとフィードバック] の順にタップします。
  3. [フィードバックを送信] をタップします。

このページを作成した Google Chrome のエキスパートに下からフィードバックを送信し、この記事の改善にご協力ください。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。