Chrome にログインする

Chrome ブラウザにログインすると、ブックマーク、履歴、パスワードなどの設定を Google アカウントに保存、同期できます。こうすると、どの端末でも同じ設定を使用できるようになります。

Chrome にログインするときは、必ず信頼できるパソコンを使用してください。自分のデータを守るには、公共のパソコンではログインしないことをおすすめします。

Chrome にログインする意味

ウェブサイトへのログインとの違い

ウェブサイトへのログイン: ウェブサイトにログインすると、ウェブサイトでそのユーザーの設定と情報の一部を記憶できるようになります。

Chrome へのログイン: Chrome にログインすると、Google アカウントとブラウザが連動し、個人向けにカスタマイズされブラウジング環境が実現されます。ブックマーク、履歴、パスワードなどのすべての Chrome データが Google アカウントに同期され、ログインしたすべての端末で同じデータを利用できるようになります。また、Gmail、YouTube、検索などの Google のサービスに自動的にログインした状態になります。

Chrome にログインするメリット
  • ブックマーク、履歴、パスワードなどの設定が Google アカウントに保存、同期されます。同じアカウントで Chrome にログインすれば、どの端末でも同じデータを利用できます。1 つの端末でデータに変更を加えると、Chrome にログインしている他のどの端末でも同じ変更が反映された状態になります。
     
  • パソコンが万が一盗まれたり壊れたりした場合でも、新しいパソコンで再度 Chrome にログインするだけで、同じブックマーク、履歴、パスワードなどの設定を再び利用できるようになります。
     
  • Gmail、YouTube、検索などの Google のサービスは、自動的にログインした状態になるので、使いやすくなります。
ウェブとアプリのアクティビティが Chrome に関連付けられる仕組み

ウェブとアプリのアクティビティに関する設定で検索と閲覧のアクティビティを Chrome の履歴に関連付けると、Chrome 以外の Google サービスを利用するときも自分に合った環境が適用されます。

ウェブとアプリのアクティビティの管理ページで [Chrome や他のアプリの履歴をウェブとアプリのアクティビティに保存する] チェックボックスをオンにした場合は、同期した閲覧データが使用され、個人向けにカスタマイズされた Google サービスが提供されます。この設定はいつでも変更できます。また、Google アカウントに関連付けるアクティビティを個別に管理できます。

Chrome にログインするときに自分のデータを守るには

公共のパソコンや信頼できないパソコンを使用する際は、Chrome にログインしないでください。ログインすると、使用したパソコンに自分のデータのコピーが保存され、そのパソコンを使用する他のユーザーからデータにアクセスされる可能性があります。情報を守るための対策として、パソコンと Google のサーバーとの間で同期データが伝送される際は暗号化が行われます。

さらなる安全対策として、保存されるパスワードは Google のサーバーで暗号鍵を使って暗号化されます。また、同期データをすべて暗号化するよう設定することもできます。アカウントからの同期データの削除も、いつでも行うことができます。

端末間で同期するデータを管理する方法をご確認ください。項目を選択して同期することができます。

Chrome にログインする手順

Chrome にログインするには Google アカウントが必要です。アカウントを取得したら次の手順を行います。

パソコンの場合
  1. Chrome を起動します。
  2. 右上にある、自分の名前または人のアイコンが表示されているボタン をクリックします。
  3. [Chrome にログイン] をクリックします。
  4. Google アカウントでログインします。
  5. 同期設定をカスタマイズするには、[設定] をクリックします。クリックすると、Chrome にログインしている他のデバイスとの間でどのような情報を共有するかを選択できるようになります。

パソコンを他のユーザーと共有している場合は、Chrome で複数のユーザーを管理する方法をご確認ください。

注: データを保護する目的で同期パスフレーズを作成済みの場合は、ログインの際にそのパスフレーズを入力する必要があります。 パスフレーズを忘れた場合は、同期のリセットが必要になります。

Android スマートフォンまたはタブレットの場合
  1. Google Chrome アプリ Chrome logo を開きます。 
  2. メニュー をタップします。
  3. [設定] > [Chromeへのログイン] をタップします。
  4. 使用するアカウントをタップします。
  5. [ログイン] をタップします。

注: データを保護する目的で同期パスフレーズを作成済みの場合は、ログインの際にそのパスフレーズを入力する必要があります。 パスフレーズを忘れた場合は、同期のリセットが必要になります。

iPhone または iPad の場合
  1. Google Chrome アプリ Chrome logo を開きます。 
  2. メニュー をタップします。
  3. [設定] > [Chromeへのログイン] をタップします。
  4. 使用するアカウントをタップします。
  5. [ログイン] をタップします。

注: 同期パスフレーズを作成済みの場合は、ログインの際にそのパスフレーズを入力する必要があります。 パスフレーズを忘れた場合は、同期のリセットが必要になります。

Chromebook の場合

Chromebook で同期の設定を変更する方法をご確認ください。

注: 同期パスフレーズを作成済みの場合は、ログインの際にそのパスフレーズを入力する必要があります。 パスフレーズを忘れた場合は、同期のリセットが必要になります。

関連記事:

このページを作成した Google Chrome のエキスパートに下からフィードバックを送信し、この記事の改善にご協力ください。

この記事は役に立ちましたか?